- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

デルポ「限界でプレーした」

フアン・マルティン・デル=ポトロ
4回戦で敗退したデル=ポトロ
画像提供: ゲッティ イメージズ
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は3日、男子シングルス4回戦が行われ、第8シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)は第10シードのK・ハチャノフ(ロシア)に5-7, 3-6, 6-3, 3-6で敗れ、2年連続4度目のベスト8進出とはならなかった。

>>錦織vsナダル 1ポイント速報<<

>>錦織ら全仏OP対戦表<<

膝の治療でツアーから離れていたデル=ポトロは、今年5月のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)で復帰。今大会では苦戦する中で16強入りしたが、この日は3時間9分の熱戦の末に力尽きた。

試合後の会見では「握ったチャンスを活かすことができなかった。彼(ハチャノフ)は唯一握ったブレークポイントを取って第1セットを先取した。第2セットは、あっという間だった」と振り返った。

「第4セットはブレークポイントを握っていたけど、フォアハンドが少しアウトになってしまった。自分の限界でプレーしていたから、ミスをしてしまった。そこから奮起しようとしたけど、できなかった」

敗戦を喫したデル=ポトロだが「最後まで必死に戦ったと思う。肉体的、精神的な理由から諦めたりはしなかった。戦えたことが何より大切なことだった。とてもいい気分。今日の負け以外は」と手応えを得ている。

「明日や、ロンドン、ウィンブルドンなど今後について話し合う。今週の戦いからのリハビリや休養は考えないと思う。とても緊張した大会だったのは確か。可能性があったし、カレン(ハチャノフ)とは拮抗した状況だった。体の状態や今日の状況などを考えても、素晴らしい大会だったと思う」

一方、四大大会初のベスト8進出を果たしたハチャノフは、準々決勝で第4シードのD・ティーム(オーストリア)と対戦する。昨年のファイナリストであるティームは4回戦で第14シードのG・モンフィス(フランス)をストレートで下しての勝ち上がり。

「全仏オープンテニス」
5/26(日)〜6/9(日)、WOWOWにて連日生中継![第1日無料放送]

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、未放送の試合をお楽しみいただけるピックアップコートも連日ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織 デルポと激しく打ち合う
・修造 ナダルに勝てるのは錦織
・錦織「昔ひどい経験してる」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年6月4日21時02分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!