国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー V要因を語る

男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は31日、シングルス決勝が行われ、第4シードのR・フェデラー(スイス)が2017年以来2年ぶり4度目の優勝を果たし、キャリア通算101勝目をあげた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはフェデラーのコメントが掲載されており「こうしてトロフィーを手にし、ここに座っていられることは幸運。感謝する瞬間。なぜなら、全く違う結果になっていたかもしれないから」と語った。

フェデラーは2月のドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)で男子テニス史上2人目のツアー通算100勝目を達成。その後、BNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)では決勝へ進出したが、2年連続の準優勝となった。

「インディアンウェルズの決勝で負けてから、去年より前向きでいられたのは鍵だった。去年は失望したと言いたくはないけど、自分自身に落胆していたと思う。それが自信という面で影響があった」

「マスターズ1000の優勝は、とても難しい。特にキャリア終盤では自分にとって本当に試練。今回の優勝は多くの意味で本当に最高だと感じられる」

またフェデラーは、これまでのマイアミ・オープンについても振り返った。

「(2005年のナダルとの決勝で)挽回して勝つ方法を見つけられたことは、最終的に自分が信じられないテニスをしていた。それは自分にとって大きな瞬間だったと感じる。(2006年の)I・リュビチッチ(クロアチア)との決勝は自分がテニス界を支配していた時で、何回連続で彼を倒すのだろうと考えていた」

「男子テニスATPツアー マスターズ1000 モンテカルロ」

【配信予定】
4/14(日)〜4/21(日) WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定ライブ配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織らモンテカルロ出場一覧
・フェデラーのクレー出場理由
・「ウイルスに感染したみたい」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
(2019年4月2日21時29分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!