- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ワウリンカ、錦織らが出場

スタン・ワウリンカ
2015年大会の覇者ワウリンカ
画像提供: ゲッティ イメージズ
2019年2月9日から開催するABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、ハード、 ATP500)は5日、元世界ランク3位のS・ワウリンカ(スイス)が出場することを発表した。

ワウリンカは同大会に過去3度出場し、2015年に決勝でT・ベルディヒ(チェコ)を下して大会初優勝を飾っている。今年は初戦でT・グリークスプア(オランダ)に敗れており、4年ぶり2度目のタイトル獲得を狙う。

日本勢では同9位の錦織圭が初出場することが決まっており、同4位のA・ズベレフ(ドイツ)、同7位のM・チリッチ(クロアチア)、同15位のS・チチパス(ギリシャ)、同19位のG・ディミトロフ(ブルガリア)、同25位のチョン・ヒョン(韓国)、同35位のN・キリオス(オーストラリア)らが出場予定であることがすでに発表されている。

1996年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)男子シングルス覇者であり、今大会のトーナメントディレクターを務めるR・クライチェック(オランダ)はワウリンカについて、「我々は常にチャンピオン達を歓迎する。スタンは(今年)厳しい1年を過ごしたが、故障から回復した。彼がロッテルダムに戻りたいことを明らかにしたとき、われわれはこの機会を歓迎した。彼はおそらくATPツアーの中で、最も美しいバックハンドを持つプレーヤー。そして(優勝した)2015年には彼がロッテルダムでどれほどうまくプレーするかを示した」とコメントをしている。

また2018年大会では、第1シードのR・フェデラー(スイス)が決勝で第2シードのG・ディミトロフを6-2, 6-2のストレートで下して2012年以来6年ぶり3度目の優勝を果たし、翌週に発表された世界ランクでは5年4か月ぶり、そして史上最年長となる1位に返り咲いた。

大坂なおみ 開花〜完璧主義者が描く未来〜」
日本人男女で初となるグランドスラムシングルス優勝を成し遂げた大坂なおみ。突出した才能が開花した2018年を豊富な独自取材を元に振り返る。

【放送予定】
12月8日(土)よる6:00
■詳細・配信スケジュールはこちら>





■関連ニュース

・錦織ら 全豪OP本戦出場一覧
・錦織CM数3位 1位は出川哲朗
・錦織らの地下鉄写真に反響

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年12月6日20時32分)

その他のニュース

3月19日

錦織7位 18日付最終戦ランク (17時46分)

錦織らマイアミOP見どころ (16時06分)

土居、日比野 マイアミ予選決勝へ (14時32分)

チョン、マイアミOP棄権へ (12時04分)

ツォンガら マイアミ予選決勝へ (10時52分)

フェデラー 2年ぶり4度目V狙う (10時11分)

錦織らマイアミ組み合わせ発表 (6時57分)

3月18日

錦織6位、西岡は64位へ (20時39分)

フェデラー 2年連続で苦杯 (19時29分)

大坂なおみ1位 TOP10変動 (18時17分)

大坂に続きノーシードから初V (17時02分)

錦織6位へ Vティームは4位 (14時15分)

フェデラー撃破で悲願の初V (11時44分)

大坂らマイアミ組み合わせ発表 (10時55分)

ティームがマスターズ初V (10時20分)

【1ポイント速報】フェデラーvsティーム (10時15分)

3月17日

フェデラー戦「特別」とティーム (18時57分)

錦織 世界ランク6位浮上が確定 (15時40分)

フェデラー「去年は辛い敗戦」 (15時04分)

フェデラー「落ち込んでいた」 (11時58分)

ナダル、マイアミOP欠場へ (11時22分)

ティーム決勝へ ラオニッチ撃破 (5時56分)

ナダル、フェデラー戦を棄権 (4時45分)

【中止】フェデラーvsナダル (4時15分)

3月16日

ゴファン CH準々決勝で敗退 (20時18分)

難敵ベンチッチを圧倒 決勝へ (15時14分)

18歳新星 スイトリナ破り決勝へ (13時23分)

ナダル フェデラー戦「特別」 (11時58分)

敗退も「良いレッスンだった」 (10時18分)

4強フェデラー「良い状態」 (8時36分)

ナダル4強 フェデラー戦へ (7時58分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!