- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織「意外は意外でした」

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は大会6日目の1日、男子シングルス3回戦が行われ、第21シードの錦織圭が第13シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-4, 6-4, 5-7, 6-1で破り、2016年以来2年ぶり4度目のベスト16進出を果たした。

>>錦織vsコールシュライバー 1ポイント速報<<

>>錦織ら全米OP対戦表<<

>>大坂ら全米OP対戦表<<

この日、世界ランク19位の錦織は同13位のシュワルツマンに苦戦するも3時間18分で退けた。

前哨戦の北米ハードコート・シーズンで満足のいく結果を残せていなかった錦織は「自信は戻ってきています。今日も内容はよかったので、この調子で乗り切りたいです」と意気込んだ。

4回戦では、世界ランク34位のP・コールシュライバー(ドイツ)と対戦する。34歳のコールシュライバーは3回戦で第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)を逆転で下しての勝ち上がり。

錦織は「(ズベレフは)今年強いですし、I・レンドル(アメリカ)もついているみたいなので、(コールシュライバーが勝ったのは)意外は意外でした」とコメント。

続けて「(コールシュライバーは)強い選手です。早いタイミングでプレーできたらいいと思います」と気を引き締めた。

錦織はコールシュライバーに過去2連勝で、今回が3度目の対戦。今年のBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)3回戦では錦織がストレート勝ちしている。

「全米オープンテニス」をWOWOWにて連日独占生中継!新規ご加入の方がもれなくもらえるプレゼントもあり!(応募締め切り:9月15日24時まで)

【放送予定】
8月27日(月)〜9月10日(月)

■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・錦織 酷暑「ルールあっても無理」
・錦織 フェレールの引退惜しむ
・ルール違反に怒りのマレー

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年9月2日21時06分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!