- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー惜敗、逆転勝利ならず

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は13日、シングルス1回戦が行われ、元世界ランク1位のA・マレー(イギリス)は第16シードのL・プイユ(フランス)に1-6, 6-1, 4-6のフルセットで敗れ、初戦で姿を消した。

>>錦織W&Sオープン対戦表<<

>>錦織2回戦 1ポイント速報<<

この日、マレーはミスを連発して第1セットを落としたが、第2セットに入ると息を吹き返し第1ゲームでブレークに成功。その後もプイユを圧倒し、セットカウント1−1に追いつく。

ファイナルセットは先にブレークを許すと、最後はプイユにウィナーを決められて1時間53分で力尽きた。

2008・2011年のW&Sオープンを制し、四大大会3勝を誇る元王者のマレーは今年6月にけがから復帰。シティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)ではベスト8へ進出したが、準々決勝は疲労により棄権。前週のロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)は欠場していた。

一方、マレーから初勝利をあげたプイユは2回戦で、L・メイヤー(アルゼンチン)と予選勝者のM ・モウのどちらかと対戦する。

同日の1回戦では世界ランク23位の錦織圭が同37位のA・ルブレフ(ロシア)をストレートで退け、2回戦進出を決めた。

前週のロジャーズ・カップを制したR・ナダル(スペイン)は第1シードで出場予定だったが疲労により棄権。第2シードはR・フェデラー(スイス)、第3シードはA・ズベレフ(ドイツ)、第4シードはJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)、第5シードは昨年優勝のG・ディミトロフ(ブルガリア)、第6シードはK・アンダーソン(南アフリカ)、第7シードはM・チリッチ(クロアチア)、第8シードはD・ティーム(オーストリア)。上位8シードは1回戦免除のため、2回戦からの登場。

現在開催中の男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000「シンシナティ」をWOWOWメンバーズオンデマンドにて全日程配信!

【配信予定】
8月12日(日)〜8月19日(日)

■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・838位マレー、ランク気にせず
・錦織23位 日本勢世界ランク
・「圭は素晴らしい」とズベレフ

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年8月14日4時11分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!