- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレーとレンドル 2度目の終了

男子テニスで世界ランク16位のA・マレー(イギリス)は17日に自身の公式ホームページで、I・レンドル(アメリカ)との2度目のコーチ関係終了を発表した。2人は合意の上で終了するとしている。

>>フェデラーvsゴファン 1ポイント速報<<

>>ディミトロフvsソック 1ポイント速報<<

>>ATP最終戦 組み合わせ表<<

マレーは「イヴァン(レンドル)には感謝している。素晴らしい成功を経験し、チームとして多くのことを学んだ。今の目標はオーストラリアへ向けてチームと共に準備し、復帰すること」と声明を載せている。

またホームページには「アンディ(マレー)の幸運を願う。最高の功績と、たくさんの楽しさを共有した」と今後も全米テニス協会の選手育成プログラムの一員を務めるレンドルのコメントも載っている。

2012年にマレーはレンドルをチームへ招くと、同年のロンドン・オリンピック(イギリス/ロンドン、芝)で金メダルを獲得、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では四大大会初優勝を果たした。

そして、2013年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)でマレーは1936年のフレッド・ペリー以来77年ぶりのイギリス人チャンピオンに輝いた。

2014年に入るとコーチ関係を解消したが、2016年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)に敗れてから再びタッグを組み、ウィンブルドンで2度目の優勝。最終戦のATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)では初のタイトルを獲得すると同時に、世界ランキングで年間最終1位となった。

30歳のマレーは今年9月に臀部のけがにより休養へ入り、世界ランキングは16位へ後退している。

ホームページには2018年開幕戦のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)と全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)へ向け、現在はマイアミで肉体作りをしていると発表されている。

アシックス




■関連ニュース■ 

・錦織破ったマレーのコメント
・錦織をマレーが絶賛「上手い」
・マレー ジョコ 錦織が後退
(2017年11月18日9時24分)

その他のニュース

6月13日

大坂なおみ 54分完勝で芝6年ぶり8強 (0時13分)

6月12日

【1ポイント速報】大坂なおみ リベマOP2回戦 (23時11分)

得意の芝で元世界6位が復帰 (16時18分)

元世界3位ラオニッチ 復帰戦の芝で快勝 (14時28分)

ズベレフ 疲労の蓄積で母国大会欠場 (12時39分)

柴原瑛菜 ラドゥカヌに屈し初戦敗退 (12時16分)

マレー 今季芝初戦で黒星 (11時37分)

島袋 ノリーにフルセットで敗れる (10時59分)

6月11日

大坂なおみ「もっと上に行ける」 (21時10分)

大坂なおみ 5年ぶり芝大会で初戦突破 (20時34分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsメルテンス (19時15分)

全仏OP準Vでキャリアハイ7位浮上 (15時31分)

フェデラー 大学卒業式でスピーチ (14時31分)

アルカラス「パリ五輪で金を」 (13時33分)

日比野菜緒と柴原瑛菜が出場 (12時29分)

シナー 史上29人目の世界1位 (11時17分)

島袋将が本戦へ 初戦はノリー (10時34分)

【動画】大坂なおみ完勝!芝大会6年ぶり8強入りの瞬間! (0時00分)

6月10日

若手台頭 BIG4時代から転換期 (19時03分)

島袋将 60分完勝で本戦に王手 (14時46分)

シナー初1位 アルカラス2位に (12時31分)

日本のトゥロター 単複2冠達成 (11時44分)

錦織圭 2年ぶりトップ300復帰 (11時00分)

大坂なおみ 世界125位に浮上 (10時43分)

全仏OP3連覇の女王が記念撮影 (10時22分)

重要局面で誤審「審判も人間」 (8時53分)

アルカラス 全仏V「夢見てきた」 (7時58分)

ズベレフ 全仏OP準V「戻ってくる」 (3時49分)

アルカラス、ナダル抜く史上最年少記録 (3時17分)

アルカラス 死闘制し全仏OP初V (2時35分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!