- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

キリオス バスケ優先し大会欠場

ニック・キリオス
全米オープン練習時のキリオス
画像提供: tennis365.net
男子テニスで世界ランク14位のN・キリオス(オーストラリア)は、来年2月に行われるABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、ハード、ATP500)へ出場せず、その時に行われるNBAのスター選手とのバスケットボールイベントへ出席するために、欠場する意向を明らかにしたと、英国の「BBC news」が報じた。

ABNアムロ世界テニス・トーナメントの主催者であり元男子世界ランク4位のR・クライチェック(オランダ)は、アメリカのニューオリンズで行われるそのバスケットボールイベントへ21歳のキリオスが出席出来るように、大会への出場契約を解約する形となった。

クライチェックは「キリオスは、プロとしての活動より、自身の趣味を優先としているようだ」とコメントを発表した。

キリオスは、先週行われた上海ロレックス・マスターズ(中国/上海、ハード、ATP1000)の試合中に、明らかにやる気のないプレーをしたことに対して、男子プロテニス協会のATPから大会への出場を8週間禁止する処分が下された。

上海マスターズの前週には、楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード、ATP500)で優勝を飾る活躍をしていたキリオスだったが、上海マスターズ2回戦で予選を勝ち上がったM・ズベレフ(ドイツ)との試合では、ズベレフが返球したボールが自身のコートに到達する前にベンチへ向かって歩き出したり、観客へ暴言を吐いたりと問題になる行動をし、その試合は3-6, 1-6で敗れた。

キリオスは後に「本当に申し訳なかった」と謝罪のコメントを出すと同時に、その処分期間を利用して「コート上だけではなく、コート外での行いを改善させるつもりだ」と自身の見解を述べていた。

出場停止処分に加え25,000ドル(約260万円)の罰金も科されたキリオスは、2017年1月15日まで公式戦には出場できない。しかし、ATPはキリオスへスポーツ心理学者から専門的な治療を受ければ、11月7日にはツアーへ戻れる特別処置を設けている。

1996年にウィンブルドンを制したクライチェックは、キリオスの欠場を受けて今年の全米オープンを制したS・ワウリンカ(スイス)を大会のエントリーリストへ加えた。

「キリオスとの出場契約を続けたかった。彼が疲れていると、何を起こすか分からない。中国の時のようにね。そんなことはロッテルダムの大会で起きて欲しくはない。そのため、キリオスとの出場契約を止めることに至った。」とクライチェックはオランダのメディアへのインタビューで答えていた。

さらに「我々はトップ選手が大会へ集って欲しいと思っているし、キリオスはプロテニス選手としての活動より個人の趣味を優先させたいと思っているようだ。彼が毎週テニスに集中していたら、きっと半年もすると精神的に燃え尽きてしまうのかも知れない。彼には息抜きが必要なんだ。」と想いを語っていた。

キリオスはかつてバスケットボールをやっていて、オーストラリアのユースチームの代表でもあったと2015年6月に受けたインタビューで語っており、テニスよりバスケットボールの方が好きだとも語っていた。

もしバスケットボール選手としてのキャリアを持てたらと問われたキリオスは「そうしてたと思う」と答えていた。

「14歳の時はそうしようと思っていた。今でもたまにバスケットボールをすると、不思議な理由ではあるがまだ出来るのではと思ってしまう。もちろん実際は全く別のスポーツをしているけど。それが素直な気持ちだけど、残念ながらバスケットボール選手としてのキャリアは終わりを迎えてしまった。」とバスケットボールへの強い思いも語っていた。

ABNアムロ世界テニス・トーナメントは2017年2月13日から19日にかけて開催。バスケットボールのイベントであるNBAオールスター・ゲームは2月19日に行われる。






■関連ニュース■ 

・キリオス スポンサー契約打切
・キリオス 来季まで出場停止
・キリオス 減刑措置を否定
(2016年10月20日21時01分)

その他のニュース

10月16日

錦織 次週ウィーン大会を欠場 (1時17分)

10月15日

ペラ辛勝 熱戦制し初戦突破 (17時52分)

錦織9位 日本勢の世界ランク (16時57分)

第5シードのガリン初戦敗退 (16時17分)

ティプサレビッチが初戦突破 (15時49分)

錦織 9年間のコーチ関係解消へ (12時26分)

フェデラー 東京五輪「出たい」 (10時57分)

錦織 最終戦ランク12位へ後退 (10時23分)

杉田祐一 LLで本戦入り (10時01分)

10月14日

フェデラー、イズナーに勝利 (20時48分)

錦織とフェデラーが登場 (16時56分)

錦織 世界ランク9位へ後退 (15時00分)

スイトリナ 最終戦出場が確定 (14時50分)

マレー ヨーロピアンOP出場へ (14時26分)

杉田 ストックホルム本戦王手 (12時51分)

ズベレフ「彼は今、世界最高」 (10時54分)

大坂3位 10/14付の世界ランク (8時55分)

ガウフ初V「信じられない」 (7時23分)

10月13日

メドヴェデフ マスターズ2勝目 (23時17分)

メドヴェデフ 上海マスターズV (18時59分)

【1ポイント速報】メドヴェデフvsズベレフ (18時55分)

鉄人メドヴェデフ 次週も出場へ (15時31分)

ダルシスが引退計画を発表 (14時43分)

決勝へ「勢いを維持したい」 (13時30分)

快勝の15歳ガウフ 初Vに王手 (12時23分)

西岡良仁、初戦はアルボット (10時48分)

ズベレフ決勝へ「良い感じ」 (8時44分)

チチパス敗退「いい感触だった」 (7時04分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!