- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル、ウィンブルドン欠場

男子テニスで世界ランク4位のR・ナダル(スペイン)が、6月27日から開幕する今季3度目のグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)を左手首の怪我を理由に欠場することが分かった。

ウィンブルドンで過去2度の優勝を飾っているナダルは、最近の検査の結果を受け主治医と相談した結果、今回の決断に至ったと自身の公式フェイスブックに綴っていた。ナダルは全仏オープンでも同じ怪我のために3回戦を戦わずして棄権を申し込んでいた。

「今年のウィンブルドンには出場出来なくなってしまった。皆さんも想像している通り、本当に辛い決断だった。全仏オープン中に痛めたこの怪我は、回復までに時間が必要なもの。」とナダルはその辛い胸の内を明かしていた。

ナダルは、来週行われるウィンブルドンへの準備大会であるAEGON選手権(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)の欠場を既に表明している。

ナダルのスポークスマン(代弁者)であるB・ペレス=バルバディヨが語ったところによると、ナダルはあと2週間は左手首に固定具を装着しなければならない。それから抗炎症治療と理学療法を受けなければならない。

ナダルは全仏オープン中に開いた会見でも、左手首に固定具を装着して現れ、3回戦を棄権する報告を行っていた。しかしその時は、ウィンブルドンには間に合うだろうと語っていた。

14度のグランドスラム優勝を持つナダルは、2008年と2010年のウィンブルドンで優勝を飾っていた。大会連覇を目指していた2009年は、膝の怪我のために欠場を余儀なくされ、2006年・2007年・2011年は準優勝だった。

しかし、2011年以降ナダルはウィンブルドンで結果を残せていない。2013年は初戦敗退を喫し、2014年は4回戦敗退。2012年と2015年は2回戦で敗れていた。

現時点で、8月に開催されるリオ・オリンピックへの出場については、はっきり分からない状況だと言う。ナダルは、開会式でスペイン選手団を率いる旗手に選ばれている。2012年のロンドン・オリンピックは怪我で出場を見送っていた。

ウィンブルドンの大会側もナダルの欠場を確認しており、ナダルに代わって同胞のA・モンタネス(スペイン)が本戦入りを果たす。

これまでに欠場を表明しているのは、T・ロブレド(スペイン)(肘の怪我)とT・コキナキス(オーストラリア)(肩の怪我)の二人で、代わってG・エリアス(ポルトガル)F・バグニス(アルゼンチン)が本戦へ繰り上がっている。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・棄権ナダル「フォア打てない」
・快勝ナダル GS200勝達成
・ナダル復活? マレーが語る
(2016年6月10日8時21分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!