- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

BIG4対抗馬スタン 4回戦敗退

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は25日、男子シングルス4回戦が行われ、第4シードでBIG4の対抗馬であるS・ワウリンカ(スイス)は第13シードのM・ラオニチに4-6, 3-6, 7-5, 6-4, 3-6のフルセットで敗れ、4回戦で姿を消した。

>>全豪オープン対戦表<<

この試合、2セットダウンに追い込まれたワウリンカは第3・第4セットを連取し、ファイナルセットへ。しかし、ファイナルセットの第6ゲームでネットに出るラオニチのプレッシャーに押されパッシングショットをミスし、痛恨のブレークを許す。その後はブレークバックをすることが出来ず、フルセットの惜敗を喫した。

両者は過去に4度顔を合わせており、今回ワウリンカはラオニチに初の敗戦を喫した。

世界ランク4位のワウリンカは、同1位のN・ジョコビッチ(セルビア)、同2位のA・マレー(英国)、同3位のR・フェデラー(スイス)、同5位のR・ナダル(スペイン)の男子テニス界 四天王(BIG4)の対抗馬。

2014年の全豪オープン決勝ではナダルを破って四大大会初のタイトルを獲得。昨年は準々決勝で錦織圭に勝利してベスト4へ進出するも、ジョコビッチにフルセットで敗れて2年連続の決勝進出とはならなかった。その後の全仏オープンでは決勝でジョコビッチを破り、グランドスラム2勝目をあげた。

今大会は1回戦でD・ツルスノフ(ロシア)、2回戦で予選勝者のR・シュティエパネック(チェコ共和国)、3回戦でL・ロソル(チェコ共和国)を下しての勝ち上がりだった。

今シーズンの開幕戦であるチェンナイ・オープンでは3連覇を達成して今大会へ弾みをつけていたが、2013年以来3年ぶりの4回戦敗退となった。

一方、勝利したラオニチは準々決勝で第23シードのG・モンフィス(フランス)と対戦する。モンフィスは、同日の4回戦でA・クズネツォフ(ロシア)を下しての勝ち上がり。

ラオニチは昨シーズンまで自身のコーチを務めていたI・リュビチッチ(クロアチア)とのコーチ関係に終止符を打ち、全豪オープンから元世界ランク1位のC・モヤ(スペイン)を新コーチに招いている。この試合にも、モヤを含めたコーチ陣の姿が見られた。

今季開幕戦のブリスベン国際男子では決勝でフェデラーを破って優勝し、勢いに乗った状態で今大会へ臨んでいる。

>>WOWOWで全豪オープン実況中!吉崎仁康氏による現地レポート<<






■関連ニュース■ 

・修造、錦織に太鼓判「一番いい」
・錦織vsジョコの準々決勝実現
・ジョコ 錦織は「過去最高」
(2016年1月25日16時49分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!