- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

引退ヒューイット、太郎ら登場

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は大会2日目の19日、シングルス1回戦で、BIG4から第2シードのA・マレー(英国)や第5シードのR・ナダル(スペイン)、さらに今大会で引退のL・ヒューイット(オーストラリア)らが登場。また、日本勢からはダニエル太郎(日本)や予選勝ち上がりの伊藤竜馬(日本)杉田祐一(日本)らが四大大会の初戦に挑む。

>>全豪オープン対戦表<<

昨年準優勝のマレーは、1回戦で18歳のA・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。両者は今回が初の顔合わせ。マレーは過去の同大会で4度決勝へ駒を進めているが、いずれも敗れて準優勝に終わっている。両者の試合は、マーガレット・コートアリーナの第2試合に組まれた。

同コートの第5試合には2014年覇者で第4シードのS・ワウリンカ(スイス)が登場し、D・ツルスノフ(ロシア)と対戦する。昨年の同大会でワウリンカは、準々決勝で錦織圭(日本)をストレートで下し、準決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)に敗れるもベスト4へ進出。

センターコートであるロッド・レバーアリーナの第3試合は、2009年に優勝を飾っているナダルとF・ベルダスコ(スペイン)の同胞対決が行われる。両者は過去に16度対戦しており、対戦成績はナダルから14勝2敗。直近は昨年のベット・アット・ホーム・オープンで、その時はナダルが勝利している。

同コートの第4試合には、元世界ランク1位のヒューイットとJ・ダックワース(オーストラリア)が対戦する。ヒューイットにとって今大会は、20年連続の出場であると同時に、現役最後の大会。プロとしての有終の美を飾る場を地元にしたヒューイットの渾身のプレーに期待したい。

また、日本勢からは男子からダニエル太郎、予選勝ち上がりの伊藤と杉田が登場する。

ダニエル太郎とL・ロソル(チェコ共和国)の対戦は、コート8の4試合目に組まれた。ダニエル太郎は2014年の全米オープンで予選を勝ち抜き、グランドスラム初の本戦入りを果たした。今回は3度目の四大大会本戦で、ストレートインは初。

大会初の本戦出場を果たした杉田は、1回戦で第23シードのG・モンフィス(フランス)とコート6の第3試合で対戦する。また、2年連続の本戦入りとなった伊藤は、同じく予選勝者のR・シュティエパネック(チェコ共和国)と顔を合わせる。

さらに、日本勢の女子からは土居美咲(日本)と予選勝者の大坂なおみ(日本)が登場する。






■関連ニュース■ 

・ヒューイット 現役最後は全豪
・スタンの山に日本勢3選手
・錦織「最高」 タフな初戦を突破
(2016年1月18日22時23分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!