- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

大学王座 早稲田11連覇果たす

22日から25日にかけて行われる全日本大学対抗テニス王座決定試合(東京/有明テニスの森公園、ハード)は25日、大学の頂点をかけ男子決勝戦が行われ、第1シードの早稲田大学が第2シードの慶應義塾大学に7-2で勝利し、大会11連覇と23度目の優勝を果たした。

>>大学王座 対戦表<<

ダブルスで2勝1敗とリードし迎えたシングルス。早稲田大はシングルス4の坂井勇仁、シングルス6の三好健太が勝利し、優勝まであと1勝となった。

その際、すでに試合に入っていた松崎勇太郎が第1セットを先取しており、早稲田大の勝利が決まったかのように思えた。

しかし、誰一人も諦めていなかった慶應義塾大は、その後試合に入ったシングルス1の上杉海斗(日本)、シングルス2の谷本真人が大健闘。その盛り上がりを見てか、松崎と対戦していた逸崎凱人も第2セットを取り勝敗をファイナルセットに持ち込んだ。

シングルス3試合いずれも接戦を繰り広げ、応援に駆けつけた観客も息をのむ。その会場の空気を一気に変えたのが早稲田大の松崎。ファイナルセットのゲームカウント5-4で迎えた第10ゲームで勝負をかけ、一つのプレー毎に声を張り上げた。最後は逸崎のフォアハンドがネットにかかり松崎が勝利。この瞬間、早稲田大の優勝が決まった。

松崎は勝利が決まった時、ラケットを手放してコートに仰向けで寝転び、叫びながら喜びを爆発させた。

その後、シングルス3の栗林聡真(日本)とシングルス1の今井慎太郎(日本)が勝利し、早稲田大は7勝2敗で慶應義塾大に勝利した。

対戦結果は以下の通り。

===========================================

【早稲田大学 vs 慶應義塾大学】

D1 ●今井慎太郎/ 河野優平 4-6, 6-4, 3-6 高田航輝/ 上杉海斗○

D2 ○栗林聡真/ 坂井勇仁 6-7 (5-7), 6-1, 7-6 (7-4) 逸崎凱人/ 畠山成冴●

D3 ○小堀良太/ 松崎勇太郎 6-3, 5-7, 6-4 谷本真人/ 渡邊将司●

S1 ○今井慎太郎 1-6, 7-5, 6-3 上杉海斗●

S2 ○栗林聡真 4-6, 6-1, 6-4 谷本真人●

S3 ○松崎勇太郎 6-1, 4-6, 6-4 逸崎凱人●

S4 ○坂井勇仁 7-5, 6-1 渡邊将司●

S5 ●巽寛人 2-6, 2-6 高田航輝○

S6 ○三好健太 4-6, 6-1, 6-3 韓成民●


■関連ニュース■ 

・大学王座 早大負けなしで決勝
・大学王座 決勝は3年連続早慶
・大学王座 女子決勝は早慶対決
(2015年10月25日19時18分)

その他のニュース

7月13日

ジョコ大記録へ「歴史が懸かる」 (11時27分)

島袋将 第6シードに快勝し4強 (9時42分)

メド 暴言であわや準決勝失格 (8時49分)

ジョコ「ここで止まりたくない」 (6時52分)

決勝は2年連続同カード、究極の対戦に (5時37分)

ジョコ 最多タイ8度目Vに王手 (3時54分)

【1ポイント速報】ジョコビッチvsムセッティ (1時01分)

アルカラス、メド破り2連覇王手 (0時38分)

【1ポイント速報】アルカラスvsメドベージェフ (0時30分)

小田凱人 ウィンブルドン準決勝敗退 (0時17分)

7月12日

上地結衣 2年ぶり決勝ならず (22時15分)

本田尚也 ウィンブルドンJrで4強 (20時30分)

参加者全員に賞金付き大会?!テニス365大会情報 (20時02分)

ナダルと練習「特権であり名誉」 (19時02分)

昨年VシェルトンがジャパンOP出場へ (18時09分)

大坂なおみ 東レPPO2024出場表明 (12時00分)

準決勝敗退も「ポジティブな2週間」 (10時56分)

ウィンブルドンで決勝へ「想像していなかった」 (10時21分)

島袋将、快勝でチャレンジャー8強 (9時15分)

セリーナ以来の快挙でウィンブルドンV王手 (7時47分)

上地 逆転勝ちで3年連続4強 (6時47分)

本田尚也 ウィンブルドンJrで8強 (5時34分)

逆転勝ちで四大大会3年ぶりV王手 (3時46分)

【1ポイント速報】ウィンブルドン女子 準決勝 (1時00分)

大躍進 四大大会で2大会連続決勝へ (0時51分)

小田凱人 2年連続ウィンブルドン4強 (0時23分)

7月11日

柴原組 ウィンブルドン混合4強ならず (22時13分)

ディミトロフ 左脚外転筋肉離れ (20時12分)

全チーム景品付き!男女混合団体戦 (18時53分)

ジョコ4強 フェデラーに並び最多タイ (18時08分)

ウィンブルドン男子4強出揃う (12時59分)

女王バーティ、ウィンブルドンに帰還 (11時23分)

2年間コーチ→チャレンジャー制覇の“夢物語” (10時31分)

清水悠太 今季5度目のチャレンジャー8強 (9時02分)

シナー 五輪前哨戦を欠場 (8時01分)

上地結衣 ウィンブルドン初戦突破 (6時39分)

‘21年全仏女王がウィンブルドンで初4強 (5時30分)

錦織圭 パリ五輪前哨戦を欠場 (3時04分)

激闘制し初4強、次戦ジョコ (2時44分)

【1ポイント速報】フリッツvsムセッティ (0時55分)

7月10日

2022年女王が61分完勝で4強 (23時16分)

負傷で無念の棄権「大きな音が...」 (21時53分)

ジョコ 相手棄権で13度目4強 (20時41分)

【中止】ジョコビッチvsデミノー (20時35分)

小田凱人 完勝で連覇へ好発進 (19時57分)

【1ポイント速報】小田凱人 ウィンブルドン1回戦 (19時05分)

不調時の解決策 ビッグ3参考に (18時59分)

島袋 カナダチャレンジャーで初戦突破 (12時47分)

逆転勝ちで連覇まであと2勝「難しい試合だった」 (10時51分)

シナー「今朝すでに調子悪かった」 (9時27分)

メド 5連敗脱出「とてもいい試合」 (8時05分)

逆転勝ちで四大大会初の4強 (6時39分)

躍進の7位 四大大会2連続の4強 (5時23分)

アルカラス 逆転勝ちで2年連続4強 (3時05分)

世界1位シナー 死闘の末に敗退 (2時01分)

メド 死闘制し世界1位シナー撃破 (1時48分)

【動画】メドベージェフがノットアップを宣告された場面(0:38~) (0時00分)

【動画】世界4位ルバキナ撃破!クレチコバ勝利の瞬間! (0時00分)

【動画】大躍進!パオリーニ 四大大会で2大会連続の決勝進出を決めた瞬間! (0時00分)

【動画】バーティがウィンブルドンセンターコートに帰還 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!