- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ガルビス 今年も快進撃なるか

テニスのグランドスラム、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は初日である24日、男子シングルス1回戦が行われ、昨年同大会で4強入りを果たした第24シードのE・ガルビス(ラトビア)が予選勝ち上がりのI・セイスリン(オランダ)を6-4, 6-4, 7-6 (7-3)のストレートで下し、2回戦進出を決めた。

この試合、ガルビスは試合を通してウィナーの数がセイスリンの22本に比べて倍以上の45本を決めるも、凡ミスも43本と多かった。

第1・第2セットはガルビスが1ブレークずつ成功して2セット連取。第3セットでは、第1・第2セットに比べてセカンドサービスのポイント獲得率を下げてしまったガルビスが、セイスリンにこの試合初めてブレークを許し、タイブレークへ。

タイブレークの7−3でものにしたガルビスが、2時間19分で勝利を決めた。

2回戦でガルビスは、主催者推薦枠のN・マウー(フランス)と対戦する。

昨年の全仏オープンでガルビスは、R・フェデラー(スイス)T・ベルディヒ(チェコ共和国)らを破る快進撃でグランドスラム初のベスト4進出を果たしており、さらに大会後に発表された世界ランキングでは、自己最高位となる10位の浮上、念願のトップ10入りとなっていた。

だが、今シーズンは12大会中10大会で初戦敗退と不調が続いている。昨年優勝を果たしたニース・コート・ダジュール・オープンでは、A・ドルゴポロフ(ウクライナ)に勝利して今季初のベスト8進出を決めるも、準々決勝でD・ティエム(オーストリア)に敗れて2連覇を阻まれている。

不調が続くガルビスだが、今年の全仏オープンでどこまで勝ち進むかに注目が集まる。


■関連ニュース■ 

・不調ガルビス 連敗脱出
・GS初4強ガルビス トップ10入り
・王者撃破のガルビス初の4強


■最新ニュース■ 

・ツォンガ 力の差見せつける
・フェデラー事件 大会に怒り
・西岡、ダニエルら日本勢登場
(2015年5月25日15時23分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!