- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

全米OPでの活躍に期待

テニスのグランドスラム、全米オープン(アメリカ/フラッシングメドウズ、ハード)は25日から開幕するにあたり、USTA(全米テニス協会)が13日、B・トミック(オーストラリア)や、M・ロドラ(フランス)など男子シングルスにワイルドカード(主催者推薦)として出場する8選手を発表した。

追加出場者は以下の通り。
※順番は上位ランク順

B・トミック(世界ランク70位)

T・スミチェク(アメリカ)(同ランク92位)

R・ハリソン(アメリカ)(同ランク164位)

W・オディスニク(アメリカ)(同ランク184位)

M・ロドラ(同ランク196位)

J・ドナルドソン(アメリカ)(同ランク308位)

M・ギロン(アメリカ)(同ランク432位)

N・ルービン(アメリカ)(同ランク585位)

トミックは全米テニス協会と協定を結んでいるオーストラリア・テニス協会、ロドラは同じく協定を結んでいるフランス・テニス協会からの推薦により本戦出場となる。

トミックは2012年に記録した世界ランキング27位が最高としていたが、その後は不調が続き今年の7月には124位までランキングを落としていた。7月に行われたクラロ・オープンでは主催者推薦で出場してI・カルロビッチ(クロアチア)を下し、キャリア2勝目を果たした。大会後に発表された世界ランキングでは、70位まで上げ、今後の活躍に期待がかかる。

《トミック クラロ・オープン優勝の記事はこちら》

地元アメリカからはスミチェク、ハリソン、オディスニク、NCAA(全米大学体育協会)優勝者のギロン、10代のドナルドソンとルービンらが出場する。

オディスニクは2010年に禁止薬物所持のため約1年の出場停止を受けた。全米オープンは2009年以降本戦出場しておらず、5年ぶりの本戦出場となる。


■関連記事■ 

・フェデラー 4強の壁はマレー
・マレー 逆転勝利で8強入り
・ジョコビッチ 元5位に敗れる
・全米OP 優勝賞金が史上最高額
・全米OP 期待の8選手出場


■関連動画■ 

・才能を開花させた26歳が連続優勝!
・膝の故障を克服し初のツアータイトル
(2014年8月15日13時11分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!