- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ロディックが暴露、ジョコビッチとの出来事

男子テニス元世界ランク1位で2012年の全米オープンを最後に現役生活に幕を閉じたA・ロディック(アメリカ)がスポーツ番組で、N・ジョコビッチ(セルビア)と口論になった事があると暴露した。

その出来事は2008年の全米オープン準々決勝で起きた。

両者はロッカールームで実際に身体的接触を伴う口論になったとのこと。その原因は、ロディックがジョコビッチとの準々決勝を前に、ジョコビッチが当時抱えていた故障について聞かれ「背中と腰の故障かな?あとは鳥インフルエンザかSARSかな?」と、答えた。

当時ジョコビッチは、故障で試合をよく棄権する事で知られていたが、このロディックのコメントでジョコビッチは怒り心頭。準々決勝でロディックを下したジョコビッチは、試合後のコートインタビューで地元観客がブーイングする中、次のように答えた。

「コートでロディックと対戦する事が出来て、本当にハッピーだった。彼に勝つのは簡単な事ではなかった。この観客の前で僕が16の故障を抱えているけどそれを隠している、と話したりするのは好ましくない。」

「僕には何も隠し事はないよ。アンディ(ロディック)は4回戦の後に、僕が16の故障を抱えている、と言っていたけれど、今日ご覧になってわかるように、そんな故障は抱えていない。信じようと信じまいと、それが真実。観客の皆さんは僕がそれを隠していると思っているから、試合前から僕に好意的ではなかった。残念。」

後にロディックは発言には誤解があったと認めたが、今回のスポーツ番組で詳細が明らかになった。ロディックは笑いながら事件を振り返り、次のように話している。

「試合後のロッカールームで、あるテニス選手と喧嘩になった事がある。彼の名前は言わないが、ヒントを言えば『シュモヴァーク・シュモコヴィッチ』選手との喧嘩だった。これは全米オープンでの事で、僕が馬鹿げた事を言っていたら、彼がやってきてものすごく責められた。」

「その後、話を始め、そして再び食いかかってきた。僕はかっとなり、彼をロッカーに押しつけたんだ。その時、彼のトレーナーはドナバン(番組でロディックの隣に座っていた元NFLクォーターバック)という事に気付いた。僕のトレーナーは痩せ細ったトレーナーで、雨滴が当たらないほどヒョロッとした人物だった。だから、すぐに手を緩めたんだ。脇からやられるとこだった。」

ロディックとジョコビッチの対戦成績は5勝4敗とロディックが勝ち越している。2008年全米オープン準々決勝では6-2, 6-3, 3-6, 7-6 (7-5)でジョコビッチが勝利した。

現在31歳のロディックは、2003年の全米オープンでグランドスラム初優勝を飾り、同年11月には世界ランキングで1位へのぼりつめた。またツアー32大会でタイトルを獲得、キャリア通算戦績は612勝213敗。


■関連記事■

《ナダルとジョコビッチに不仲説》

《引退したロディックがフェデラーにインタビュー》

《【コラム】フェデラー最大の被害者となったロディック「自分がどう感じるかが重要」◇第1弾 2012引退シリーズ その3》

《ロディック「今は何をしているかって?」◇マイアミ・テニス・カップ》

《デル=ポトロは怒り収まらず「憤慨している」<ロジャーズ・カップ男子>》

《マレー、対戦相手に不満◇BNPパリバ・オープン男子》


■関連動画■

《連覇を懸けて錦織が楽天オープンに挑む!ATP男子ツアーマガジン Vol.189》

《芸術的なバックハンドを放つ天才ガスケを特集!ATP男子ツアーマガジン Vol.187》

《フェデラーが不調とラケットチェンジについて語る!ATP男子ツアーマガジン Vol.185》
(2013年10月6日20時14分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

9月22日

全仏OP会場で練習「長い旅」 (16時12分)

8年弱のコーチ関係終了を報告 (15時04分)

【告知】西岡vsケプファー (14時09分)

ハレプ 思わぬ形でV「気の毒」 (12時40分)

全仏OP 新たに1選手が陽性に (11時32分)

【告知】錦織vsガリン (10時00分)

ジョコ 5年ぶり5度目のローマV (8時33分)

高3関東女子、重田夢亜が優勝 (6時49分)

高3関東男子、篠田玲が優勝 (6時44分)

9月21日

日比野菜緒、元世界3位破る (21時54分)

錦織 無観客は「集中できる」 (17時22分)

2連覇へ王手、元女王対決へ (15時59分)

全仏2020の賞金額を発表 (15時58分)

内山靖崇 全仏OP会場で練習 (15時27分)

錦織「今年の目標はない」 (11時26分)

熱戦制し今季3勝目に王手 (11時00分)

高3テニス 関東大会が開幕 (10時25分)

3時間超えの死闘制し決勝へ (7時54分)

全仏会場でコロナ陽性2選手 (6時52分)

ジョコ 10度目の決勝進出 (5時46分)

9月20日

ビッグ3から初勝利「最高」 (16時29分)

「憧れ」のディミトロフ下し4強 (14時52分)

メドヴェデフが第1シードで出場 (13時27分)

敗退のナダル「期待できない」 (11時20分)

好調アザレンカを破り4強へ (10時30分)

ジョコ 苦戦も7年連続4強入り (9時09分)

シュワルツマン4強へ ナダル破る (7時23分)

9月19日

錦織 初戦は世界21位と初対戦 (23時12分)

高3テニス大会 沖縄代表が決定 (21時20分)

逆転勝ちで6年ぶりに8強へ (16時31分)

8強ナダル 次戦はシュワルツマン (14時56分)

「キュッパーマルゴーのリキラケってなに?」 (13時29分)

ハレプ快勝、上位勢が8強入り (12時02分)

全国高3テニス 沖縄大会開催 (10時58分)

ジョコ 14年連続ローマ8強へ (9時30分)

錦織撃破の18歳 8強ならず (7時55分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!