- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ヒンギス、さらにシャラポワらも欠場<東レPPO>

22日に開幕する東レ・パンパシフィック・オープン(日本/東京、ハード)に出場を予定していた世界ランク3位のM・シャラポワ(ロシア)が右肩の怪我を理由に欠場すると発表した。さらに昨年優勝者のN・ペトロワ(ロシア)は左股関節の怪我、J・ハンプトン(アメリカ)は左アキレス腱の怪我を理由に、それぞれ欠場する事となった。

シャラポワは、全仏オープンで準優勝を飾ってから現在までわずか3試合しかしておらず、相次ぐ怪我に悩まされている。

6月のウィンブルドンでは2回戦で予選勝者のM・ラルシェル・デ・ブリート(ポルトガル)にストレートで敗れた。その試合、シャラポワは芝に足を取られ何度か転倒する場面が見られ、その後に出場を予定していた大会も、腰の怪我を理由に欠場していた。

7月後半のバンク・オブ・ウエスト・クラシック、その翌週のロジャーズ・カップ女子と、出場を楽しみにしていた大会を立て続けに欠場したシャラポワは、元世界王者のJ・コナーズ(アメリカ)をコーチに招き入れるなど話題作りに事欠かさなかったが、観客のいるコートに姿を見せる事は無かった。

シャラポワが再びコートに姿を見せたのは、8月にシンシナティで行われたW&Sオープンで、1カ月半ぶりの公式戦となった。第3シードのため1回戦を免除されたシャラポワが初戦となった2回戦で対戦したのは、全豪オープンで女王S・ウィリアムズ(アメリカ)をも打ち破った若手のS・スティーブンス(アメリカ)だった。

そのスティーブンスにフルセットの末に敗れたシャラポワは、大会直後にコーチのコナーズを解任し「自分のテニス人生で、今の時期にはしっくりとこなかった。」と、明かしている。

そして、今年最後となるグランドスラムの全米オープンに向けて調整を続けていたシャラポワだったが、その大一番の大会でさえも出場を見送るほど、万全な状態に戻すことは出来ずにいた。

シャラポワは北米ハードコートシーズンで試合をほとんど行うことが出来ず、シーズン終盤を迎えた今でも怪我と戦っている。今大会の出場を見送ったシャラポワは、その翌週に行われるチャイナ・オープン女子への出場を予定している。

また、今年6月に現役復帰を果たした元女王のM・ヒンギス(スイス)が今大会のダブルスに出場を予定していたが「個人的都合」のため欠場することを発表していた。

今大会には女王セリーナを筆頭にV・アザレンカ(ベラルーシ)A・ラドワンスカ(ポーランド)S・エラーニ(イタリア)C・ウォズニアキ(デンマーク)A・ケルバー(ドイツ)といった世界トップランカーに加え、森田あゆみ(日本)クルム伊達公子(日本)といった日本女子勢の活躍にも注目が集まっている。


■関連記事■

《シャラポワ欠場<全米オープン>》

《シャラポワが元世界1位コナーズをスピード解任「最高の経験だった」》

《シャラポワが予選勝者の世界131位に敗れる、4年ぶり3度目<ウィンブルドン>》

《ヒンギス、四大大会ダブルス復帰戦は黒星<全米オープン>》

(2013年9月13日11時27分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!