- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】ナダルが史上最多8度目の優勝、2度目の4連覇達成<全仏オープン>

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は9日、男子シングルス決勝が行われ、第3シードのR・ナダル(スペイン)が第4シードのD・フェレール(スペイン)を6-3, 6-2, 6-3のストレートで下し、史上最多8度目の優勝と同時に、2度目の大会4連覇を達成した。また、ナダルはグランドスラムでのタイトル獲得数を12とした。

今回の勝利で全仏オープンでの戦績を59勝1敗と驚異的な数字を記録したナダルは、2005-2008年、そして2010-2013年で優勝。ナダルが唯一敗戦を喫したのは、2009年4回戦のR・ソデルリング(スウェーデン)のみである。

昨年のウィンブルドン2回戦でナダルはL・ロソル(チェコ共和国)にまさかの敗戦を喫し、その後は膝の怪我により7カ月間にも及ぶツアー離脱を余儀なくされた。そして、今年2月に復帰したナダルは、全仏オープンを含め今季出場した9大会全てで決勝進出、そのうち7大会で優勝を飾る活躍をみせている。ナダルは復帰後の戦績を43勝2敗とした。

ナダルとフェレールは今回が24度目となり、20勝4敗とナダルはリードを広げた。

今大会でナダルは1回戦でD・ブランズ(ドイツ)、2回戦でM・クリザン(スロバキア)の2試合で第1セットを落とす苦しい展開から逆転勝利。その後、3回戦で第27シードのF・フォニュイーニ(イタリア)、4回戦で第13シードの錦織圭(日本)、準々決勝で第9シードのS・ワウリンカ(スイス)にはストレートで勝利した。

そして、準決勝で第1シードで世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)を4時間37分の大激闘の末に下し、ジョコビッチのキャリア・グランドスラム達成を阻止した。

一方、ナダルに20度目の敗戦を喫した31歳のフェレールは、決勝まで1セットも落とさずにグランドスラム初の決勝進出を果たしていた。1回戦でM・マトセビッチ(オーストラリア)、2回戦でA・モンタネス(スペイン)、3回戦でF・ロペス(スペイン)、4回戦で第23シードのK・アンダーソン(南アフリカ)、準々決勝で第32シードのT・ロブレド(スペイン)、準決勝は第6シードの地元JW・ツォンガ(フランス)にストレートで勝利するも、決勝ではナダルに完敗を喫した。

今年の全仏オープンはベスト8進出を果たした男子選手のうち4選手が30代で、31歳のフェレール、31歳のR・フェデラー(スイス)、35歳のT・ハース(ドイツ)、31歳のロブレドとなっている。

また、4回戦でナダルに敗れた錦織は、試合後に「やはりナダルは強かった。彼(ナダル)の重いボールをバックに集められると想像以上にきついものがありました。」と、コメントしていた。

それに対し、ナダルは錦織について「才能に溢れた素晴らしい選手だよ。優れた選手に必要な条件を全て満たしているから、トップ10入りはすぐに叶うだろうね。」と、称賛した。

【ラファエル・ナダル 全仏オープン決勝の戦歴】

<2013年>
R・ナダル 6-3, 6-2, 6-3 D・フェレール

<2012年>
R・ナダル 6-4, 6-3, 2-6, 7-5 N・ジョコビッチ

<2011年>
R・ナダル 7-5, 7-6 (7-3), 5-7, 6-1 R・フェデラー

<2010年>
R・ナダル 6-4, 6-2, 6-4 R・ソデルリング

<2008年>
R・ナダル 6-1, 6-3, 6-0 R・フェデラー

<2007年>
R・ナダル 6-3, 4-6, 6-3, 6-4 R・フェデラー

<2006年>
R・ナダル 1-6, 6-1, 6-4, 7-6 (7-4) R・フェデラー

<2005年>
R・ナダル 6-7 (6-8), 6-3, 6-1, 7-5 M・プエルタ(アルゼンチン)

《全仏オープン2013 男女対戦表》

《全仏オープン2012 男女対戦表》

《全仏オープン2011 男女対戦表》


■関連記事■

《ナダル「覚悟は出来ていた」、4時間37分で王者下す<全仏オープン>》

《【映像付】ナダルが錦織を称賛「トップ10入りはすぐに叶うだろう」<全仏オープン>》

《錦織「やはりナダルは強かった」、そして「8への壁を早く破りたい」》

《【映像付】錦織「跳ね返された」、ナダルの誕生日に完敗<全仏オープン>》

《フェレールがナダル戦に期待「すべてのポイントで攻撃的」<全仏オープン>》

《フェデラーに快勝のツォンガ、初ベスト4へ「人生最高の勝利」<全仏オープン>》

《今季無冠のフェデラー、大会4度目の大逆転ならず<全仏オープン>》


■関連動画■

《ナダルとフェデラーが30回目の対決!ATP男子ツアーマガジン Vol.172》

《錦織圭がフェデラーから大金星!ATP男子ツアーマガジン Vol.171》

《ワウリンカとフェレールの決勝ハイライト!テレビ中継の裏側を公開!ATP男子ツアーマガジン Vol.170》

《錦織がナダル、フェレールらと豪華ミニラリー!さらにナダル大会8度目の優勝なるか!?ATP男子ツアーマガジン Vol.169》

(2013年6月10日0時29分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

2月27日

2年ぶり出場へ ナダルがIWで練習開始 (8時13分)

マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」 (7時18分)

2月26日

【告知】ダニエル太郎vsデミノー (22時17分)

【告知】西岡良仁vsボルジェス (22時16分)

ジョコらテニス界から5名ノミネート (22時13分)

日本勢トップ日比野菜緒 順位9上げる (19時38分)

準V全豪OP以来の出場 ポイント防衛へ (18時22分)

ダニエル64位 西岡は82位へ (14時38分)

西岡良仁 アカプルコ本戦入りならず (13時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsモウ (11時17分)

本玉真唯 予選勝ち抜き「WTA500」本戦へ (10時02分)

ツアー5勝目で「ATP500」初制覇 (8時28分)

1日3試合 5時間戦いツアー単複2冠達成 (7時32分)

2月25日

復帰迫るナダル 練習動画公開 (19時05分)

錦織圭の新コーチ”ヨハンソン”とは (18時21分)

29歳でツアー初V「奇跡だと思う」 (16時07分)

ダニエル太郎 初戦でデミノーと激突 (15時31分)

予選勝者が第2シード撃破し決勝へ (14時57分)

マレー 南米テニスに「MSやるべき」 (14時09分)

西岡良仁 完勝でアカプルコ本戦に王手 (12時54分)

望月慎太郎 ヒジカタと熱戦も予選敗退 (12時38分)

【1ポイント速報】西岡良仁、望月慎太郎 予選1回戦 (9時51分)

逆転勝ちでキャリア最大タイトル獲得 (9時19分)

激闘の第1セット制しツアー6勝目 (8時34分)

錦織 新コーチは元全豪王者に (7時31分)

2月24日

フェデラーをフォア史上3位に (22時59分)

汚職防止規則違反で15カ月出場停止 (21時56分)

ナダルとアルカラスに次ぐ4強 (19時24分)

ラケット叩きつけに「滅多にない」 (18時37分)

3時間半超え死闘の末ズベレフ撃破 (17時25分)

イタリア人女子5人目の決勝進出 (16時09分)

昨年Vチチパス撃破 ルード決勝へ (14時58分)

17歳の躍進止める、予選勝者が4強へ (14時42分)

予選から出場し世界1位撃破、初の決勝へ (13時36分)

ジョコとナダルまさかの同乗!? 写真公開 (11時31分)

西岡良仁&望月慎太郎 初戦の相手決定 (10時38分)

18歳が快進撃で決勝進出「言葉ない」 (9時15分)

女王敗退 3年半ぶりに予選勝者に屈す (7時42分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!