- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー、7度目の優勝へ王手◇ATPワールド・ツアー・ファイナル

男子テニスツアーの最終戦であるATPワールド・ツアー・ファイナル(イギリス/ロンドン、賞金総額550万ドル、インドアハード)は日曜日に決勝トーナメント準決勝を行い、第2シードのR・フェデラー(スイス)が第3シードのA・マレー(英国)と対戦、マレーを7-6(7-5), 6-2のストレートで下し、決勝へ駒を進めた。

フェデラーは第1セットの第1ゲームでいきなりブレークされてしまうが、ゲームカウント3-4の第8ゲーム、マレーのサービスゲームをブレークし、ゲームカウント4-4のタイに戻すと、試合は結局タイブレークへ。タイブレークも1-3とリードされていたフェデラーだったが、強靭な精神力をもって挽回、タイブレークを7-5で奪うと、このセットを先取する。

第2セットでも勢いを持続したフェデラーは、ゲームカウント4-2の第7ゲーム、この試合3度目のブレークに成功し、第8ゲームでサービング・フォー・ザ・マッチをキープ、1時間33分の試合に終止符を打った。

フェデラーは試合を通じて20本のウィナーを放ち、またネットに出た15ポイントのうち13ポイントを獲得した。

敗れたマレーは今大会で3度目の準決勝進出だったが、今回も壁を破れずにベスト4止まりの結果に終わった。

試合後、マレーは「試合開始当初は好調だった。攻撃的だった。リターンでも積極的に攻めたよ。でもその後、彼(フェデラー)のサービスが少しずつよくなっていった一方で、僕はリターンミスが少し増えてしまった。」と、分析していた。

「彼はいいプレーをしていた。ラリーが続いた時間からすると、それほどハイレベルな試合ではなかったと思う。すぐ終わってしまったポイントがたくさんあった。試合の序盤はいいテニスができていたけど、彼が次第に調子を取り戻し、タイブレークに入ってしまった。波に乗っている彼を止めるのは本当に難しい。一度波に乗ると、どんどんプレーがよくなるんだ。第2セットの最初でそのきっかけを彼に与えてしまったように思う。」と、マレー。

フェデラー対マレー戦は今季3度目のことで、ウィンブルドン決勝ではフェデラーが勝利し同大会7度目の優勝を飾ったが、続くロンドンオリンピックの決勝ではマレーが勝利し金メダルを獲得していた。

フェデラーは今大会7度目の優勝へ向け、決勝で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。

同日にはダブルス準決勝も行われ、第5シードのM・ブパティ(インド)/R・ボパンナ(インド)組が格上で第3シードのL・パエス(インド)/R・シュティエパネック(チェコ共和国)組を4-6, 6-1 [12-10]のスーパータイブレークの末に下し、決勝に駒を進めた。

両ペアは上海マスターズの決勝でも対戦、その時はパエス/シュティエパネック組が勝利し優勝しており、ブパティ/ボパンナ組は今回リベンジを果たした。

ブパティ/ボパンナ組は決勝で、第6シードのM・グラノジェルス(スペイン)/M・ロペス(スペイン)組と対戦する。同チームは準決勝で第8シードのJ・マレイ(英国)/F・ニールセン(デンマーク)を6-4, 6-3で下しての勝ち上がり。

(翻訳/森田系太郎)

(2012年11月12日10時35分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

8月18日

コルダ 米対決制し16強 (19時05分)

敗退ナダル「練習しないと」 (15時58分)

全米OP ティームらにWC (15時34分)

19歳大学生 ルード撃破で16強 (14時59分)

ラドゥカヌ 完勝で16強 (14時01分)

ナダル 熱戦落とし初戦敗退 (13時08分)

シナー 相手棄権で大会初16強 (11時09分)

オジェ 2年連続の16強 (10時53分)

元1位ハレプ 史上3人目の記録 (10時10分)

クヴィトバ 6度目の16強 (9時28分)

ジョコ、バスケ親善試合を観戦 (8時57分)

チチパス 完勝で3年連続の16強 (8時28分)

ダニエル太郎 全米OP本戦入り (7時58分)

錦織、全米OPのWCに含まれず (7時30分)

マレー撃破「簡単ではない」 (7時01分)

フリッツ 50分でキリオス撃破 (6時30分)

マレー 逆転負けで16強逃す (6時00分)

8月17日

土居「気持ちを切り替え」 (23時35分)

モンフィス 全米OP欠場 (21時33分)

「プレッシャーに負けない」 (19時53分)

元70位 尾﨑里紗が今季引退 (18時40分)

ナダルと初対戦は「夢の中」 (18時12分)

全米大学王者がソネゴ撃破 (17時05分)

フリッツ 2年ぶりの初戦突破 (14時54分)

第1シードの西岡が途中棄権 (13時35分)

メド「初戦はトリッキー」 (12時24分)

セリーナと対戦「光栄な事」 (11時30分)

ヴィーナス撃破で初戦突破 (11時00分)

わずか55分の完勝で初戦突破 (10時21分)

引退意向のセリーナ 初戦敗退 (9時40分)

大坂、敗退後にセリーナを観戦 (9時15分)

デ ミノー 初戦突破、次戦オジェ (8時55分)

ポール 米国対決制し初戦突破 (8時31分)

シナー 3時間超えの激闘制す (8時00分)

キリオス初戦突破「満足」 (7時26分)

ナダル 初戦は元12位チョリッチ (6時38分)

元世界3位ワウリンカ「光栄」 (6時00分)

大坂なおみ 2週連続の初戦敗退 (1時22分)

【1ポイント速報】大坂vsザン (0時07分)

8月16日

元世界3位 3年ぶり初戦突破 (22時39分)

カレノ=ブスタ浮上、最終戦ランク (19時19分)

土居美咲 17歳新鋭に敗れる (18時31分)

21歳で世界1位「長期的に考える」 (15時48分)

31本エース 辛くも初戦突破 (14時45分)

デ杯GS ジョコら出場 (13時51分)

ベレッティーニ下し初戦突破 (12時13分)

フェルナンデスが初戦敗退 (10時10分)

マレー激闘制す「疲れ感じる」 (9時00分)

キリオス 2年半ぶり20位台へ (8時49分)

アルカラス「自分への挑戦」 (8時29分)

ナダル「最後まで戦えるよう」 (7時55分)

ワウリンカ 4大会連続の初戦敗退 (6時59分)

マレー初戦突破 ワウリンカ撃破 (6時14分)

【1ポイント速報】マレーvsワウリンカ (3時00分)

8月15日

大坂39位、土居は95位に (19時02分)

西岡TOP50目前の51位に (18時02分)

メド全米へ「自信つけたい」 (15時51分)

18歳ガウフ 複1位に到達 (15時01分)

大坂39位 15日付世界ランク (13時38分)

錦織 12年ぶり300位台へ (12時43分)

錦織「手術して良かった」 (11時00分)

ナダル 今は「健康維持」が1番 (8時51分)

ハレプ 4年ぶり3度目V (8時11分)

カレノ=ブスタ MS初優勝 (7時30分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!