- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

第2シードのクエリーが接戦を制し決勝へ◇ファーマーズ・クラシック

男子テニスツアーのファーマーズ・クラシック(アメリカ/ロス・アンゼルス、賞金総額61万9500ドル、ハード)はUCLA内のロサンゼルス・テニスセンターで土曜日に準決勝を行い、昨年覇者で第2シードのS・クエリー(アメリカ)が第6シードのJ・ティプサレビッチ(セルビア)を6-7 (3-7), 7-6 (7-5), 6-4の大接戦の末に下し、2年連続で決勝に駒を進めた。試合時間は2時間47分に及んだ。

会場からそれ程遠くないサウザンド・オークスを故郷とするクエリーは、試合後「すばらしい試合だった。とても楽しかったし、ドラマも多かった。」と振り返った。

試合は一進一退のシーソーゲームとなった。クエリーは第1セットの第12ゲームで5本のセットポイントがありながらも、同ゲームを落とすと、タイブレークも同様に落としてしまう。

一方、ティプサレビッチは第2セットの第10ゲームで1本のマッチポイントを握るが、それをチャンスを逃してしまう。そしてタイブレークでも5−1リードと優位な状況を作り出したものの、大きなチャンスを逃してしまった。

試合後、ティプサレビッチは「自分のプレーには満足している。でも負けるべき試合ではなかった。チャンスを生かせなかった。簡単なボールを何度もミスしてしまった。すぐにエースを狙おうとしてしまった。」と肩を落とした。

「彼は負けそうな試合をくぐり抜けるのがうまい。大事な場面で、すばらしいプレーをしてくる。」

クエリーは第2セットのタイブレークで1−5の窮地から、得意のサービスの力を借りつつ6ポイントを連取し、タイブレークを7−5で奪うと、試合はファイナルセットへ。

第1、2セットではサービスブレークはなかったが、ファイナルセットでは第1ゲームでいきなりティプサレビッチがブレークに成功。しかしクエリーもすぐにブレークバックする。

そしてクエリーが第9ゲームでキープに成功し、5−4とした第10ゲーム。ティプサレビッチのサービスでクエリーが見事、ブレークに成功すると、そのまま試合に終止符が打たれた。最後はティプサレビッチのバックハンドがベースラインを割った。

試合が終わると、胸を露わにしたクエリーの男友達が大歓声をあげた。

A・アガシ(アメリカ)が2001年と2002年に連覇して以来の2年連続をねらうクエリーは、それについて「達成してみたいね。」と話している。クエリーはオールラウンドなプレーが特徴で、今季は異なるサーフェスの3大会で優勝を飾っている。

そのクエリーは決勝で第1シードのA・マレー(英国)と対戦する。マレーは第4シードのF・ロペス(スペイン)を6-0, 1-6, 6-4で振り切り、決勝進出を決めている。

ダブルスでは、世界トップペアで第1シードのB・ブライアン(アメリカ)M・ブライアン(アメリカ)組がR・ボパンナ(インド)A・クレシ(パキスタン)組を6-2, 6-4で下し、ATPツアー通算100度目の決勝進出を決めた。

同ペアは優勝すれば62勝目となり、T・ウッドブリッジ(オーストラリア)M・ウッドフォード(オーストラリア)組が保持する61勝を超えることになる。

また同ペアは今大会で5勝しており、6勝目もねらう。現在は今大会で15連勝中、と破竹の勢い。

今大会の優勝賞金は11万1950ドル。

(2010年8月1日15時16分)
その他のニュース

10月31日

ダニエル太郎 9カ月ぶり決勝へ (16時36分)

ジョコ 最終戦へ「最善の準備」 (15時37分)

メドヴェデフ撃破で4強入り (15時00分)

約3時間の死闘制し4強 (14時17分)

元世界17位が引退を発表 (13時19分)

ジョコ撃破の大金星「最高」 (12時01分)

ルブレフ 昨年覇者ティーム撃破 (11時37分)

ジョコビッチ LLに完敗の波乱 (10時37分)

10月30日

全日本選手権 男女4強出揃う (16時18分)

第1シードのペール撃破で8強 (12時19分)

メドヴェデフ8強「うれしい」 (11時51分)

ロックダウンでパリは無観客 (10時54分)

ズベレフが父親に DVは否定 (7時55分)

ディミトロフ、チチパス撃破 (7時06分)

10月29日

杉田祐一 完敗で8強ならず (18時35分)

【1ポイント速報】杉田vsマナリノ (18時31分)

元王者ヒューイットが殿堂入りへ (16時58分)

14本エースでアンダーソン8強 (14時30分)

ベルダスコ 今季終了を発表 (13時40分)

ダニエル太郎 熱戦制し8強入り (12時04分)

チチパス 苦戦も逆転で勝利 (12時04分)

ジョコ8強 4本のSPしのぐ (7時44分)

錦織、今季終了を発表 (0時28分)

10月28日

約9カ月ぶりに大会8強入り (22時49分)

日比野 全日本選手権で初戦突破 (20時50分)

第2シードに快勝で8強入り (19時04分)

ジョコ「子どもは夢持つべき」 (19時03分)

ハチャノフ/ルブレフが勝利 (17時37分)

ワウリンカ 熱戦も初戦敗退 (15時00分)

ハチャノフ撃破で初戦を突破 (12時51分)

シード破り2回戦へ「タフ」 (12時05分)

今季終了と全豪OP欠場を発表 (10時53分)

「圭との戦いに準備していた」 (8時51分)

ジョコ 同胞に苦戦も初戦突破 (8時04分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!