- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フィリプーシスがダブルス・イベントに登場◇全豪オープン

かつて2度のグランドスラム準優勝を上げたオーストラリアの名選手、M・フィリプーシス(オーストラリア)が来年の全豪オープンで再びコートに立つ。現在32歳の彼は、引退した選手が登場する“レジェンド・ダブルス”のイベントに出場することが決まった。

1999年にランキング最高8位にまで上り詰めたフィリプーシスだが、長引く膝の怪我と度重なる手術で思うようにツアーを回れず、復帰してはまた怪我で戦線離脱を繰り返す日々が続いていた。

最後に試合に出場したのは、2007年1月のホップマン・カップだったが、膝の怪我が再発。その試合以来初の試合となるこのダブルス・イベントでは、子供の頃からの憧れの選手だったH・ルコント(フランス)とペアーを組む。

「子供の頃から彼のプレーを見るのが好きで、自分もいつかプロになりたいって思っていたんだ。彼は僕のヒーローの一人で、そんな彼と一緒にダブルスをプレーする日が待ち遠しい。おまけに対戦相手はT・ムスター(オーストリア)やG・フォルジと名選手ばかりなんだ。」と、フィリプーシスは興奮気味に語っていた。

ダブルスで一時代を気づいたT・ウッドブリッジ(オーストラリア)が2009年のトーナメント・ディレクターを務める。「彼の出場は多くの注目を集めるし、この試合が怪我からの復帰への手助けになってくれると幸いさ。彼は優秀な選手だし、彼のプレーを見るのはとても楽しみだね。」と、喜びを表していた。

全豪オープン本戦の第2週目に予定されているこの“レジェンド・ダブルス”には、80年代に6回のグランドスラム・ダブルス優勝を果たしたスーパー・マックスと呼ばれたP・マクナマラ(オーストラリア)P・マクナミー(オーストラリア)や、ウッディーズとして一世を風靡したウッドブリッジとM・ウッドフォード(オーストラリア)もコンビを復活させる。

加えて、オーストラリア・デブスカップの監督を務めるJ・フィッツジェラルド(オーストラリア)や、昨年のウィンブルドンを最後に引退した現在37歳のW・アーサーズ(オーストラリア)も出場が決まっている。

(2008年12月23日7時01分)
その他のニュース

11月30日

YouTube 全日本V中川直樹と対談 (20時04分)

プレーの「理想」と「現実」 (18時07分)

最終戦での名ラリーを特集 (16時33分)

錦織ら30日付の日本勢ランク (15時00分)

内田海智 CH本戦入りならず (11時27分)

錦織 世界ランク41位、11/30付 (10時50分)

11月29日

ナダルとマレーの死闘を特集 (16時17分)

ペールが17歳新星に黒星 (15時55分)

ティーム 幼少期のプレー公開 (14時02分)

大坂登場 ナイキが新動画発表 (12時15分)

内田海智 逆転でCH初戦突破 (10時41分)

ジョコ 娘の名前の由来明かす (8時38分)

11月28日

複1位ペアが取組む支援を特集 (15時52分)

大坂戦 今季ベストマッチ候補に (14時43分)

プリスコバ 新コーチにバイン氏 (13時29分)

キリオス 食糧支援は「恩返し」 (11時59分)

ITF Jr新大会 WC争いが終了 (10時21分)

日本リーグの中止が決定 (9時01分)

11月27日

ティーム 東京五輪出場を明言 (16時38分)

YONEX 第7回Jrキャンプ開催 (14時54分)

ペンギン型振動止め 終了間近 (13時58分)

YouTube 尾崎里紗にインタビュー (11時58分)

ITF Jr新大会、WCかけ熱戦 (11時42分)

西岡良仁のイベントが開催 (10時44分)

マラドーナ氏との思い出綴る (9時18分)

ハチャノフ、コロナ陽性を報告 (7時33分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!