錦織圭 全仏OP2回戦は世界15位

ゲッティイメージズ
初戦突破を果たしたシェルトン
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は27日、男子シングルス1回戦が行われ、第15シードで世界ランク15位のB・シェルトン(アメリカ)が同88位のH・ガストン(フランス)を3-6, 6-3, 6-4, 6-4の逆転で破り、大会初白星を挙げて初戦突破を果たした。これにより、同350位の錦織圭は2回戦でシェルトンと対戦することが決まった。

>>錦織圭vsシェルトン 全仏OP2回戦 1ポイント速報<<

>>ナダルvsズベレフ 1ポイント速報<<

>>錦織 圭、西岡 良仁ら全仏OP組合せ<<

21歳のシェルトンは今季、4月のフェイズ・サロフィム&Co.米男子クレーコート選手権(アメリカ/ヒューストン、クレー、ATP250)でツアー2度目の優勝。大会後の世界ランキングではキャリアハイとなる14位を記録した。

全仏オープンに出場するのは2年連続2度目であり、初出場となった昨年大会では初戦敗退となっている。

1回戦、開始からミスが目立ったシェルトンは第1セットを先取されるも第2セット、18本のウィナーを決めるなど持ち前の攻撃的なテニスを披露し2度のブレークを奪って1セットオールに追いつく。

そして第3セット、第3ゲームでブレークを許したシェルトンだが、第6ゲームでブレークバックに成功すると終盤となる第10ゲームで2度目のブレークを奪い、セットカウント2-1と逆転し勝利に王手をかける。

勝負を決めたいシェルトンは第4セット、第1ゲームでブレークを許すも直後の第2ゲームでブレークバックに成功。その後サービスキープが続くと第9ゲームで1度のブレークポイントを凌いだシェルトンが第10ゲームで2度目のブレーク。最後は強烈なショットをガストンが返球できず、2時間29分で勝利した。

勝利したシェルトンは2回戦で錦織と対戦する。錦織は1回戦、予選勝者で同166位のG・ディアロ(カナダ)を7-5, 7-6 (7-3), 3-6, 1-6, 7-5のフルセットで下しての勝ち上がり。

なお、両者が顔を合わせるのは今回が初となる。

[PR]大会第2日はナダルvsズベレフなどお届け!
全仏オープンテニス 5/26(日)~6/9(日)WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定!


■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】2024最新ウエア・シューズ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・錦織 4時間超え死闘「紙一重」で勝利
・錦織「様子見て決める」棄権の可能性も示唆
・錦織 圭 3年ぶり全仏OPで初戦突破

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年5月27日23時36分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadoraポロアイコン   【4】NEWERA長袖TEE


次へ 次へ

【5】diadoraトルネオ2   【6】diadoraパワースカート


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース
もっと見る(+5件)