西岡良仁 失ゲーム1の圧勝で初戦突破

ゲッティイメージズ
西岡良仁(全豪OP)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのミフェル・テニス・オープン by テルセル・オッポ(メキシコ/ロスカボス、ハード、ATP250)は20日にシングルス1回戦が行われ、世界ランク84位の西岡良仁が予選勝者で同69位のF・コボリ(イタリア)に6-1, 6-0のストレートで圧勝し、初戦突破を果たした。 

>>ダニエル 太郎、西岡 良仁らミフェル・テニスOP組合せ<<

>>ダニエル 太郎vsギロン 1ポイント速報<<

28歳の西岡が同大会に出場するのは2018年以来6年ぶり2度目。2018年大会ではベスト8に進出している。

前週のデルレイビーチ・オープン(アメリカ/デルレイビーチ、ハード、ATP250)では初戦敗退を喫していた西岡だったが、この日の試合では相手を圧倒。

ファーストサービス時に75パーセントの確率でポイントを獲得した西岡は相手に一度もブレークポイントを与えず、リターンゲームでは6度のブレークに成功。わずか49分で圧勝し2回戦に駒を進めた。

勝利した西岡は2回戦で第1シードで同6位のA・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。今大会は上位4シードが1回戦免除のため、ズベレフはこの試合が初戦となる。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 限定発売>




■関連ニュース

・苦労人が引退、31歳で初の四大大会
・超絶バックスピンに観客興奮
・判定に不服、ボール跡をSNSで公開

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年2月21日10時43分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)