握手拒否に理解、世界2位ベラルーシ選手

ゲッティイメージズ
サバレンカ
画像提供:ゲッティイメージズ

28日に開幕する全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)女子シングルスに第2シードとして出場するベラルーシ出身のA・サバレンカが大会を前に記者会見に臨み、ウクライナ人選手の握手拒否について見解を述べた。

>>サバレンカ、日比野ら全仏オープン組合わせ<<

>>アルカラス、西岡ら全仏OP組み合わせ<<

25歳で世界ランク2位のサバレンカは今季、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で四大大会初優勝を果たすと、今月行われたムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、WTA1000)決勝で同1位のI・シフィオンテク(ポーランド)を破り優勝を飾っている。

サバレンカは今大会の1回戦で同39位のM・コスチュク(ウクライナ)と対戦する。ウクライナ出身のコスチュクはロシアとベラルーシ国籍の選手との握手をこれまで一貫して拒否しており、会見でサバレンカはこのことについて見解を述べた。

「もし彼女(コスチュク)が私を嫌いでも問題はない。これについては私は何もできない」

「私のことを好きな人もいれば、嫌いな人もいる。もし彼女に嫌われたとしても、私は彼女に対してそのようなことは感じない」

「握手をしないことについては理解できる。ロシア人やベラルーシ人と握手をすると、母国からたくさんのメッセージが届くんだろうと想像ができる」

「だから彼女たちが握手をしない理由は多少なりとも理解できる。同時に、スポーツは政治に関わるべきでないとも感じている。私たちはただのアスリートなのだから」

「握手をしないことで彼女たちが気持ちよく過ごせるのであれば、私はそれでいいと思うわ」

[PR]5/28(日)~6/11(日)全仏オープンテニス WOWOWで連日生放送!
WOWOWオンデマンドでは大会第1日~第3日を無料配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>





■関連ニュース

・元世界10位 鬱病から涙の本戦進出
・BIG4以外で20年ぶりの第1シード
・1年の産休から復帰後2ヵ月で4強

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2023年5月27日16時28分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadoraポロアイコン   【4】NEWERA長袖TEE


次へ 次へ

【5】diadoraトルネオ2   【6】diadoraパワースカート


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース