綿貫陽介 チャレンジャー4強入り

ゲッティイメージズ
綿貫陽介
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのプエルトバジャルタオープン(プエルトバジャルタ/メキシコ、ハードコート、ATPチャレンジャー)は27日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク278位の綿貫陽介が第1シードのP・クエバス(ウルグアイ)の途中棄権によりベスト4進出となった。スコアは綿貫からみて4-6,6-4,2-0。

>>デビスカップの組み合わせ<<

>>【YouTube】苦手な片手バックハンド高い打点を克服、利き腕と逆側がコツ??<<

この試合の第1セット、綿貫はファーストサービスが入ったときに78パーセントの確率でポイントを獲得するも5度のブレークチャンスを与えると第7ゲームでブレークを許し追いかける展開に。第2セットでも先にブレークされるがその後2度のブレークを奪いセットカウント1-1に追いつく。

ファイナルセット、第2ゲームで綿貫がブレークに成功した時点でクエバスが棄権を申請し2時間7分で勝利となった。

綿貫は準決勝で第3シードのA・タビロ(チリ)と対戦する。タビロは準々決勝で第8シードの伊藤竜馬を6-2, 6-2のストレートで下しての勝ち上がり。

その他の日本勢では世界ランク329位の内田海智が出場しており、同日行われた準々決勝に登場したが、第5シードのM・モウ(アメリカ)に6-7 (7-9),3-6のストレートで敗れ姿を消した。

WOWOWテニスフェスティバル2021
12/12(日)午後4:00
日本の誇る国枝 慎吾・上地 結衣らがトークやエキシビションマッチなどを行なうスペシャルイベントを生中継!

WOWOWで無料放送&WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織「またコイツに負けた」
・錦織、腰痛で今季終了を発表
・大坂 なおみ 日本人初の受賞

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年11月28日8時53分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)