高3関東男子、篠田玲が優勝

tennis365.net
関東大会男子優勝の篠田玲
画像提供:tennis365.net

高校3年生のテニスプレーヤーに「3年間の集大成となる大会を提供したい」との想いから実現した「全国高3テニスチャレンジトーナメント(後援:文部科学省スポーツ庁)」は21日に関東大会(千葉県長生郡/アポロコーストテニスクラブ/砂入り人工芝)が行われ、男子決勝は篠田玲(ミナミグリーンテニスクラブ)が鈴木久統(荏原SSC)に6-3で勝利し、優勝をおさめた。

決勝戦、序盤からフォア、バックの強打で試合の主導権を握って先にブレークに成功した篠田がリードを保ち勝利した。
全国大会は11月7日・8日に清水善造メモリアルテニスコート(群馬県高崎市/ハードコート)で行われ、関東大会からは男女の上位各6名が出場する。

関東大会・男子の上位6名は以下の通り。

【関東大会・男子】
優勝:篠田玲(ミナミグリーンテニスクラブ)
準優勝:鈴木久統(荏原SSC)
3位:佐藤瑛輝(TENNIS SUNRISE朝霞)
4位:小林良徳(東洋大学附属牛久高)
5位:中野龍一郎(Team YUKA)
6位:青木一晟(湘南ローンテニスクラブ)

>【関東大会】男子ドロー/結果はこちら<

>【関東大会】女子ドロー/結果はこちら<

>【動画】男子決勝(5:56:00より)<


男子準優勝の鈴木久統


(左から)準優勝の鈴木、優勝の篠田

【全国出場者のコメント】

優勝:篠田玲
「今日は久しぶりに大会に出て仲の良い選手や強い選手と試合をして、とても楽しむことができました。全国大会は地元の群馬県で開催されるので、また良い結果を残せるように頑張りたいです」

準優勝:鈴木久統
「まずこの大会を開いていただき、ありがとうございます。結果は準優勝で終わってしまいましたが、全国大会では1位を取れるように頑張ります」



3位:佐藤瑛輝
「今日は久々の試合で緊張もありましたが、強い選手がいるなかで自分のテニスを発揮して勝つことができたので嬉しいです。全国大会も、この(コロナ禍の)状況のなかで開催していただいたことに感謝しつつ、頑張りたいと思います」

4位:小林良徳
「今日は久しぶりの大会だったので、良い緊張感のなか、楽しく試合ができたと思います。全国大会でも楽しくテニスができるように頑張っていきたいと思います」

5位:中野龍一郎
「練習でやっていることがなかなか出せず課題が残る試合でしたが、5位に入れて全国を決められたのは良かったです。全国大会までに関東大会の反省点を修正して全国大会で優勝を目指します」

6位:青木一晟
「今日は久々の試合でしたが、楽しんでプレーすることができました。全国大会ではもっと良い結果が出せるように頑張りたいと思います」





各大会の日程、会場は以下の通り

■北海道大会 9月6日:手稲稲積公園
■東北大会9月12日:アリーナまつお
■関東大会 9月21日:アポロコーストテニスクラブ
■北信越大会 9月26日:大原運動公園
■東海大会10月3日:岐阜メモリアルセンター
■関西大会 9月5日:マリンテニスパーク北村
■中国大会 9月12日:福山市竹ケ端運動公園庭球場
■四国大会10月3日:愛媛県総合運動公園
■九州大会10月3日:海の中道マリーナ&テニス
■沖縄大会 9月 19日:沖縄総合運動公園
■全国大会11月7日8日:清水善造メモリアルテニスコート
 ※北海道を除く地方大会は翌日が予備日


選手の想いが綴られた横断幕


1試合終了ごとにベンチやスコアボードを除菌

各大会は、新型コロナウイルスの感染症対策として、ダイヤモンドプリンセス号の除染消毒を行った世界最高峰のコロナ除染技術をもつ「一般社団法人 日本特殊清掃隊」の監修のもと、試合会場の除染消毒および出場選手・運営スタッフへの感染対策指導を実施するほか、全会場とも保護者、選手関係者を含む無観客(報道メディア、大学スカウトは除く)にて開催される。

>最新情報:大会公式Twitter<

>大会公式サイトはこちら<


■関連ニュース

・高3テニス大会 沖縄代表が決定
・関西大会男子 川田瑞基が優勝
・関西大会女子 児山心美が優勝
■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2020年9月22日6時44分)
その他のニュース