チチパス最終戦初V 死闘制す

ゲッティ イメージズ
ステファノス・チチパス
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は17日、シングルス決勝が行われ、第6シードのS・チチパス(ギリシャ)が第5シードのD・ティーム(オーストリア)を6-7 (6-8), 6-2, 7-6 (7-4)の逆転で下して大会初優勝を果たし、有終の美を飾って今シーズンに幕を下ろした。

>>ATP最終戦の組み合わせ表<<

決勝戦、チチパスはタイブレークの末に第1セットを落としたが、第2セットは今年6月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で準優勝を飾ったティームを圧倒してセットカウント1-1に追いつく。

ファイナルセットは両者1度のブレークからタイブレークへ突入。試合を通して強打を貫いたチチパスが2時間35分におよぶ死闘を制した。

21歳のチチパスは8月のロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)から5大会連続の初戦敗退を喫していたが、今大会の優勝で今季3勝目、キャリア通算4勝目をあげた。

また、今シーズンだけでR・ナダル(スペイン)N・ジョコビッチ(セルビア)R・フェデラー(スイス)のBIG3を倒す活躍を見せた。

一方のティームは、予選ラウンドロビンで第2シードのジョコビッチと第3シードのフェデラー、準決勝では昨年覇者で第7シードのA・ズベレフ(ドイツ)を破ったが、惜しくも大会初優勝とはならなかった。




■関連ニュース

・「こっち見ろ」とチチパスに怒り
・会見強制移動「理解できる」とティーム
・錦織に雪辱「みんな苦しんだ」とティーム

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年11月18日6時04分)
その他のニュース