チチパス敗退「いい感触だった」

ゲッティ イメージズ
(左から)メドヴェデフとチチパス
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのロレックス・上海マスターズ(中国/上海、ハード、ATP1000)は12日、シングルス準決勝が行われ、第6シードのS・チチパス(ギリシャ)は第3シードのD・メドヴェデフ(ロシア)に6-7 (5-7), 5-7のストレートで敗れ、大会初の決勝進出とはならなかった。

>>メドヴェデフvsズベレフ 1ポイント速報<<

この日、チチパスは第1セットをタイブレークの末に落とし、第2セットは第3ゲームで先にブレークを許す。メドヴェデフのサービング・フォー・ザ・マッチである第10ゲームではブレークバックに成功したが、第11・第12ゲームを連取され、1時間36分で敗れた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはチチパスのコメントが掲載されている。

メドヴェデフとの対戦成績が0勝5敗となったチチパスは「今日はいい感触だったし、この試合に勝てると感じていた。彼と対戦した他の試合でも最も気持ちよく感じていた」と振り返った。

「彼を倒すことができるかどうかは分からない。それでも彼を倒すチャンスがある時が、きっといつかくると思っている。それがいつかは分からない。でも、きっといつかその時がくるはず」

一方、勝利したメドヴェデフは決勝で第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)と優勝を争う。ズベレフは準決勝で第11シードのM・ベレッティーニ(イタリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

「生中継!ロジャー・フェデラー来日チャリティマッチ LifeWear Day Tokyo」
史上最高のテニス選手フェデラーが13年ぶりに有明に登場!華麗なプレーを日本のファンに披露する。ファン垂涎のスペシャルマッチをWOWOWは生中継でお届けする。

【放送予定】
10/14(月・祝)午後4:00

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・「こっち見ろ」とチチパスに怒り
・「自信ゼロ以下」とズベレフ
・錦織 最終戦ランク11位へ後退

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年10月13日7時04分)
その他のニュース