国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

大坂なおみ 史上2番目の記録で8強

大坂なおみ
大坂なおみ
画像提供: ゲッティイメージズ
女子テニスのカタール・トータルエナジー・オープン(カタール/ドーハ、ハード、WTA1000)は14日にシングルス3回戦が組まれ、世界ランク747位の大坂なおみは同37位のL・ツレンコ(ウクライナ)と対戦予定であったが、ツレンコの試合前棄権により大坂は不戦勝となり、WTA1000で史上2番目に低い世界ランキングでのベスト8進出を記録した。4強入りをかけた準々決勝は、日本時間15日の21時半(現地15時半)に第1試合が開始したセンターコートの第4試合に組まれている。

>>大坂 なおみvsプリスコバ 1ポイント速報<<

>>大坂 なおみ、シフィオンテクらカタールOP組合せ<<

>>【動画】大坂 なおみ 2回戦のハイライト!<<

26歳の大坂は昨年7月に出産し、今シーズンの開幕とともにツアーに復帰。開幕戦となった1月のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、WTA500)では初戦を突破し2回戦で敗退。その後の2大会はいずれも初戦で姿を消している。

復帰後4大会目となった今大会には、スペシャルランキング(出産や負傷などによる長期離脱選手の救済制度)46位を利用して出場し、1回戦で第15シードのC・ガルシア(フランス)、2回戦で世界ランク67位のP・マルティッチ(クロアチア)を下し、復帰後初の2回戦突破を決めた。

14日の3回戦で大坂は同37位のツレンコと対戦予定であったが、ツレンコが試合前に肘の負傷により棄権を表明。大坂は不戦勝となり思わぬ形で、準優勝を飾った2022年4月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、WTA1000)以来、約1年10ヵ月ぶりのツアー準々決勝に進んだ。

現在世界ランク747位の大坂は、史上2番目に低いランキングでWTA1000のカテゴリーの準々決勝に進出した選手となった。なお、同記録で最も低いランキングを記録しているのは、2017年のロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、WTA1000)で当時世界ランク934位で準決勝まで進んだS・スティーブンス(アメリカ)となっている。

女子テニス協会のWTAは公式サイトに3回戦で不戦勝となった大坂のコメントを掲載している。

「正直なところ(初戦敗退となった前週の)アブダビを終えて、少し不思議なことだけど、今は自分により自信が持てています」

「私にとって(前週の初戦敗退)は起こり得る最悪の出来事でした。最悪の事態を経験したことで、それ以外はすべてプラスだと感じています」

「(先月の)オーストラリアでは、(来週の)ドバイにしか出場しないつもりだったので、これらのトーナメントは特別な功績として受け止めなければならないと感じています」

先月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)後の会見では、2月は18日開幕のドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、 ハード、WTA1000)から出場すると話していた大坂。

当初は出場を予定していなかった前週のムバダラ・アブダビ・オープン(アラブ首長国連邦/アブダビ、ハード、WTA500)と今大会に出場したことがプラスに働いているようだ。

4強入りがかかる準々決勝で大坂は、同59位のKa・プリスコバ(チェコ)と対戦する。この試合は日本時間15日の21時半(現地15時半)に第1試合が開始したセンターコートの第4試合に組まれている。

>>大坂 なおみvsプリスコバ 1ポイント速報<<

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
公式ストア限定で最新ウエア&シューズを発売中。





■関連ニュース

・苦労人が引退、31歳で初の四大大会
・超絶バックスピンに観客興奮
・判定に不服、ボール跡をSNSで公開

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年2月16日0時33分)

その他のニュース

5月31日

錦織圭 肩負傷で途中棄権「痛み増した」 (3時46分)

錦織圭 肩負傷で全仏OP2回戦を途中棄権 (3時15分)

【1ポイント速報】錦織圭vsシェルトン (1時00分)

5月30日

内島萌夏「すごく差があった」 (23時48分)

大坂なおみを世界2位が賞賛 (22時08分)

メド 相手棄権で全仏OP3回戦進出 (20時57分)

内島萌夏 世界2位に屈し全仏OP2回戦敗退 (20時11分)

【1ポイント速報】内島萌夏vsサバレンカ (19時04分)

2回戦敗退も少女にラケット贈る (19時00分)

ボールボーイ勘違いでやり直しの珍事 (12時07分)

大坂なおみ「多くのことを達成できる」 (10時45分)

アルカラス 苦戦も全仏OP3回戦へ (9時38分)

異例の忠告、女王が観客に苦言 (8時26分)

女王辛勝、大坂なおみに「驚いた」 (6時38分)

大坂なおみ 惜敗に涙も「最悪ではない」 (5時20分)

大坂なおみ 女王に屈し全仏OP2回戦敗退 (3時34分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsシフィオンテク (0時22分)

錦織圭 全仏OP2回戦は雨天順延 (0時21分)

5月29日

チチパス「あまり機会がない」 (22時31分)

錦織圭 全仏OP2回戦は雨天中断 (19時57分)

カップルで混合出場「私はあまり走らなくていい」 (13時55分)

坂本怜 ジュニア世界ランク1位に浮上 (12時51分)

ジョコ、ナダル戦に言及「負けはしたけど…」 (11時40分)

連覇かかるジョコ 初戦突破「まだ始まったばかり」 (10時06分)

フルセット死闘制したゴファン、ズベレフ戦へ (8時31分)

19歳の松岡隼 プロツアーで初の準V (7時24分)

ジョコビッチ 20年連続で全仏OP初戦突破 (6時24分)

内島萌夏、四大大会シングルス初勝利 (5時55分)

全豪OP女王サバレンカ 盤石の初戦突破 (5時30分)

5月28日

ジョコ Vなしで全仏OPは4度目 (23時23分)

歴代最多69大会連続出場で引退 (21時58分)

ビッグカップルが復縁、破局から一転 (20時54分)

世界2位シナー「錦織と対戦したい」 (19時43分)

加藤未唯 全仏OP連覇へ 混合複出場 (18時13分)

観客にボール直撃「混乱していた」 (17時21分)

喜び爆発!ツアー初勝利が全仏OPに (13時45分)

復活の元女王 10ヵ月白星で初戦突破 (12時59分)

【YouTube】杉村太蔵が元デ杯代表と激突!得意のサーブ&ボレーで攻略なるか?!毎トー優勝へ向け3セットマッチ (11時52分)

メド 全仏OP2年ぶり初戦突破 (11時19分)

モンフィス、ツォンガ抜き仏男子歴代最多に (10時37分)

ナダル 今後は?「自分の気持ちを確認する」 (9時13分)

日比野菜緒 全仏OP初戦敗退 (8時05分)

西岡 オジェのサーブ「どうしても崩せない」 (6時54分)

ズベレフ「最も特別な試合の1つ」 (5時53分)

大坂なおみ戦へ「準備必要」 (5時04分)

ナダル「感謝してもしきれない」 (2時57分)

引退示唆ナダル 全仏初の初戦敗退 (1時51分)

ズベレフ 全仏OPでナダル撃破 (1時30分)

【1ポイント速報】ナダルvsズベレフ (0時15分)

【動画】シナーvsガスケ 全仏OP2回戦のハイライト! (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!