国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

エース躍動でユナイテッド杯V

ユナイテッド・カップ、ドイツ、ズべレフ
ユナイテッド杯優勝を飾ったチーム・ドイツ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの国別対抗戦ユナイテッドカップ(オーストラリア/パース/シドニー、ハード)は7日、ドイツ対ポーランドの決勝が行われ、男子のA・ズベレフ(ドイツ)がシングルス・混合ダブルスで躍動しドイツが2勝1敗の逆転で優勝を飾った。

>>【動画】ドイツ ユナイテッド杯Vの瞬間、歓喜の渦に包まれる<<

>>シェルトン、ダニエル 太郎らASBクラシックの組合せ<<

ユナイテッドカップは男女共催の国別対抗戦で、2024年シーズンの開幕戦。18ヵ国がパースとシドニーの2都市6グループに分かれ、男子シングルス、女子シングルス、そして混合ダブルスの計3試合で勝負する。各グループを首位で通過した6ヵ国が準々決勝に進出し、残り2枠は2位の中で成績が良い国が選出される。

ドイツはラウンドロビンから準決勝まで全て逆転勝ちを収め決勝進出。準決勝では第1シードのオーストラリアを退けた。一方、ポーランドは男子で世界ランク9位のH・フルカチュ(ポーランド)と女子で同1位のI・シフィオンテク(ポーランド)の両エースを中心にグループAを1位で通過し、準々決勝で中国、準決勝でフランスを破り決勝に駒を進めた。

決勝戦、第1試合の女子シングルスでは準決勝で出産を経て約1年半ぶりに公式戦白星を飾った元世界ランク1位のA・ケルバー(ドイツ)とシフィオンテクが対戦。互いにブレークチャンスを握り合った第1セットは第8ゲームでブレークに成功したシフィオンテクが先取する。続く第2セット、サービスゲームが不安定なケルバーは1ゲームも取ることができず、1時間12分で敗戦。ドイツは大会を通して全試合で1試合目を落とす形となった。

そして第2試合の男子シングルス、注目の一戦は世界ランク7位のズべレフと同9位のフルカチュが激闘を演じた。第1セットはフルカチュ、第2セットはズべレフがタイブレークの末に獲得し1セットオールに。第2セットはズべレフがタイブレーク6-4の場面から2本のマッチポイントを凌いで崖っぷちから追いついた。

勝負のファイナルセット、開始からサービスキープが続くと第7ゲーム、ズべレフがこの試合の両者を通じて初のブレークに成功。最後はフルカチュのボールがネットにかかりアウトとなった。その後ズべレフはブレークバックのチャンスを与えず、サービング・フォー・ザ・マッチとなった第10ゲームをキープし、2時間59分に及ぶ激闘の末に勝利。ドイツが1勝1敗と追いつくことに成功する。

勝敗が決する第3試合の混合ダブルスではL・シゲムンド(ドイツ)/ ズべレフ組とシフィオンテク/ フルカチュ組が激突。試合は第1・第2セットを互いに取り10ポイントのマッチタイブレークにもつれ込む。先に2度のミニブレークに成功したシゲムンド/ズベレフ組は6-1と大きくリード。その後、ブレークバックを許さず1本目のマッチポイントを迎えると最後はズべレフがネット際のボレーを叩きこみ、1時間44分で勝利。ドイツが逆転で優勝を決めた。

大会の公式サイトは単複で躍動したズべレフのコメントを掲載し表彰式で「本当に素晴らしかった。このチームの一員になれたのは本当にうれしいし、皆にとって特に僕にとってはとても楽しかった。このチームの一員になれたことに本当に感謝している。君たちとこのトロフィーを分かち合えるなんて、こんな幸せなことはないよ」と語った。

「チーム・ポーランドの皆さん、おめでとう。今日数ミリ違えば、あなたたちがチャンピオンになっていたかもしれない。悔しいとは思うけど、これから素晴らしいシーズンが待っている。フビ(フルカチュ)とイガ(シフィオンテク)は特にそう思う」

続けて大会MVPを獲得したシフィオンテクに対してズべレフは「イガ、MVPおめでとう。前にもインタビューで言ったんだけど君がチームにいることはビデオゲームのチートコードを持っているようなものだと思うよ」と称賛の言葉を贈った。




■関連ニュース

・男女Wエースの活躍で決勝進出
・元世界1位 出産経て1年半ぶり白星
・ポーランド 国別対抗戦4強へ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年1月8日12時36分)

その他のニュース

6月24日

最後のウィンブルドンは予選敗退 (23時58分)

女子予選、日本勢は本玉真唯のみ (23時17分)

望月慎太郎 ウィンブルドン予選敗退 (22時15分)

【1ポイント速報】ウィンブルドン予選1回戦 (21時23分)

内山靖崇 鮮やか逆転勝ち (21時22分)

加藤未唯、芝で初準V「自信」 (19時14分)

ジョコがウィンブルドン会場入り (18時26分)

芝初Vで通算3勝目「混乱してる」 (17時59分)

世界1位でV フェデラー以来2人目 (17時27分)

ジョコ2位に アルカラス3位へ後退 (16時59分)

引退まで数ヵ月「楽しみたい」 (15時54分)

5本のマッチポイント凌ぎ復活V (13時47分)

今季2勝目 アメリカ勢初のトップへ (12時15分)

加藤/ザン組、芝ツアー準優勝 (10時57分)

大坂なおみ 世界111位へ 今週は休養 (9時50分)

ダニエル太郎、元世界9位に完敗で初戦敗退 (9時24分)

西岡良仁、予選突破し本戦入り (8時12分)

シナー 世界1位として初V、今季4勝目 (7時21分)

6月23日

モンフィスvsティーム 注目の1回戦 (18時49分)

ミスに怒り!ラケット真っ二つに破壊 (17時39分)

上位選手が続々棄権の異常事態 (16時16分)

ズベレフ下し決勝へ 世界7位に浮上 (15時06分)

西岡良仁 芝初戦白星で本戦王手 (12時36分)

カップルで同週に決勝進出、照れ笑い (11時31分)

シナー 世界1位として初の決勝へ (10時03分)

加藤未唯 失格騒動の因縁ペアに雪辱 (8時49分)

【画像】ウィンブルドン会場で調整を行うジョコビッチ (0時00分)

6月22日

大坂なおみ ウィンブルドン前哨戦欠場 (22時20分)

ダニエル太郎 初戦は元世界9位 (21時45分)

錦織圭 初戦は世界29位に決定 (20時58分)

大坂なおみ、キリオスと混合複出場 (17時30分)

芝で中国史上初の4強 (16時36分)

内島萌夏 パリ五輪出場権獲得 (15時21分)

ナダルの従弟がツアー予選出場 (13時56分)

ルード、チチパスらがウィンブルドン複出場 (12時24分)

西岡、今季芝初戦は予選から (11時06分)

3試合連続フルセット 苦しみながらも4強 (10時01分)

ルーネとフリッツ撃破し4強へ (8時18分)

マレー 背中負傷について声明 (7時19分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!