国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

今季の記憶に残る名勝負 ATP厳選

ノヴァーク・ジョコビッチ
W&Sオープンでのジョコビッチ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子プロテニス協会のATPは9日に公式サイトを更新し、2023年シーズンでファンの記憶に最も長く残る試合として厳選したツアー大会5試合を紹介した。

>>【動画】約4時間の死闘 ジョコビッチが優勝した瞬間<<

年間世界ランキングのトップ4、N・ジョコビッチ(セルビア)C・アルカラス(スペイン)D・メドベージェフJ・シナー(イタリア)は今年もいくつかの名勝負で活躍した。

5)メドベージェフ 6-7 (5-7), 7-6 (7-5), 7-5 A・ズベレフ(ドイツ)、BNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)4回戦

2021年のNitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)決勝戦以来 約15カ月ぶりに対戦した両選手。3週連続優勝を果たすなど絶好調のメドベージェフが怪我から復帰して徐々に調子を上げているズベレフを3時間16分に及ぶ激闘の末に下し、シーズン序盤の連勝を17に伸ばしてベスト8進出を果たした。

この試合、メドベージェフは第2セットで右足首を捻り転倒するアクシデントに見舞われており、試合後には「(足首を)捻った時は、すぐ立ち上がれると思ったんだけどね。でもその後、痛みがどんどん増していったので『これはまずい』と思った。骨折はしていないけど靭帯を少し傷めた気がしたので、プレーは無理かなと思ったんだ」と明かしていた。

4)ジョコビッチ 6-7 (8-10), 7-6 (7-3), 6-4 S・コルダ(アメリカ)、アデレード国際1(オーストラリア/アデレード、ハード、ATP250)決勝

2023年の幕開けを飾るアデレード国際1。決勝は3時間9分に及ぶ熱戦となるもジョコビッチがコルダを逆転で退け今季初優勝を飾ると共に92度目のシングルスタイトルを掲げた。

試合後、ジョコビッチは「この1週間は素晴らしいものだったけど、(観客の)皆のおかげでさらに特別なものになった。僕が今ここに立てていることは、間違いなくギフトだ。トロフィーを手にするために今日、そして今週は全てを出し切った」と語った。

そして激戦を繰り広げたコルダに対しては「素晴らしい大会、素晴らしい今日の戦い。今日は僕よりも君の方が勝利に近かったと言えるかもしれない。ショット1本か2本、1ポイントか2ポイントの差で決まってしまう。今日は残念だったけど、君の未来は明るいからこのまま突き進んでほしい。君は素晴らしいプレーヤーなんだ、素晴らしかったよ」とコメントした。

3)シナー 6-7 (4-7), 6-4, 6-2 アルカラス、マイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)準決勝

2週間前のBNPパリバ・オープン準決勝での雪辱を晴らす機会を得たシナーはアルカラスを世界NO.1の座から引き下ろす最高の試合をした。3時間2分の末に逆転で制したシナーが昨年王者を下して決勝進出を決めた。

シナーは試合後「(勝利は)とても意味のあること。僕たち2人は、今回もとても高いレベルのテニスをした。僕はただ、ベストを尽くしただけだよ。第3セットでは、彼(アルカラス)が2ゲームほど苦戦しているのが見えたので、そこで畳みかけた。互いにアグレッシブなテニスをしようとしたけど、今日は僕の思い通りになったから、とてもうれしいよ」と述べた。

2)シナー 7-5, 6-7 (5-7), 7-6 (7-2) ジョコビッチ、最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)のラウンドロビン

ジョコビッチに匹敵するサービスゲームを展開し3時間9分の試合を通してベースラインからトレードマークのパワーでボールを打ち砕いたシナーは「僕にとって、とても意味のあることなんだ」とコメント。「グランドスラムで24勝している王者に勝てたことは明らかに僕のキャリアの中でも上位に入るね。本当にタクティカルな試合だったと思うし、勝つことができたから、とてもうれしいよ」と続けて語った。

ホームの大観衆の前でジョコビッチを下したシナーの記念すべき勝利は簡単なものではなかった。両者合わせて35本のエースを奪い合った試合はファイナルセット、タイブレークに突入するも4-0とリードしたシナーがジョコビッチの追随を許さずに勝利を挙げた。

1)ジョコビッチ 5-7, 7-6 (9-7), 7-6 (7-4) アルカラス、W&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)決勝

この一戦は2023年最高の2選手によって繰り広げられた長く記憶に残る試合となった。3時間49分の大熱戦を制したジョコビッチは「これまでの人生で最もタフな試合の1つ」と語った。

シンシナティの暑さに苦しんだジョコビッチは序盤、アルカラスにリードを許し、そのまま勝利に突っ走るかと思われた。しかし、36歳のセルビア人は肉体的な回復力と精神的な強さを見せつけ、第2セットのタイブレークで5-6となったポイントを死守。大逆転で記録更新となる39度目のマスターズ1000のトロフィーを掲げた。

ジョコビッチは試合後、「信じられないよ。最初から最後まで、僕たちは多くのことを経験してきた。浮き沈み、高揚、低迷、信じられないようなポイント、劣勢、暑さ、復活。全体的に僕がこれまでプレーした試合でもタフでエキサイティングな試合の1つでだった。このような瞬間や試合のために僕は日々努力を続けているんだ」とコメント。

敗れたアルカラスは「あなた(ジョコビッチ)と対戦し、あなたとコートを共にし、あなたから学ぶことができたのは素晴らしいこと。この試合は本当に接戦だったけど僕は君のようなチャンピオンから多くのことを学んだよ。だから、君と君のチームにおめでとうと伝えたい」と笑顔で言葉を残した。

[PR]第59回島津全日本室内テニス選手権大会開催!

男子
本戦 12/13(水)~12/17(日)

女子
本戦 12/20(水)~12/24(日)

全日本選手権ファイナリストの白石 光や加治 遥らがエントリー
24日(日)はデ杯日本代表監督の添田 豪さんとバモスわたなべさんによるテニスクリニック開催


■大会・チケット詳細はこちら>




■関連ニュース

・ジョコ喜び爆発 ウエア“ビリビリ”に
・ジョコ 4時間死闘、アルカラス撃破でV
・強すぎジョコ「ほぼ完璧」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年12月11日18時49分)

その他のニュース

7月13日

必ず5試合できる!混合ダブルス大会開催 (13時04分)

お酒好き必見!日本酒貰える大会開催 (12時55分)

ジョコ大記録へ「歴史が懸かる」 (11時27分)

島袋将 第6シードに快勝し4強 (9時42分)

メド 暴言であわや準決勝失格 (8時49分)

ジョコ「ここで止まりたくない」 (6時52分)

決勝は2年連続同カード、究極の対戦に (5時37分)

ジョコ 最多タイ8度目Vに王手 (3時54分)

【1ポイント速報】ジョコビッチvsムセッティ (1時01分)

アルカラス、メド破り2連覇王手 (0時38分)

【1ポイント速報】アルカラスvsメドベージェフ (0時30分)

小田凱人 ウィンブルドン準決勝敗退 (0時17分)

7月12日

上地結衣 2年ぶり決勝ならず (22時15分)

本田尚也 ウィンブルドンJrで4強 (20時30分)

参加者全員に賞金付き大会?!テニス365大会情報 (20時02分)

ナダルと練習「特権であり名誉」 (19時02分)

昨年VシェルトンがジャパンOP出場へ (18時09分)

大坂なおみ 東レPPO2024出場表明 (12時00分)

準決勝敗退も「ポジティブな2週間」 (10時56分)

ウィンブルドンで決勝へ「想像していなかった」 (10時21分)

島袋将、快勝でチャレンジャー8強 (9時15分)

セリーナ以来の快挙でウィンブルドンV王手 (7時47分)

上地 逆転勝ちで3年連続4強 (6時47分)

本田尚也 ウィンブルドンJrで8強 (5時34分)

逆転勝ちで四大大会3年ぶりV王手 (3時46分)

【1ポイント速報】ウィンブルドン女子 準決勝 (1時00分)

大躍進 四大大会で2大会連続決勝へ (0時51分)

小田凱人 2年連続ウィンブルドン4強 (0時23分)

7月11日

柴原組 ウィンブルドン混合4強ならず (22時13分)

ディミトロフ 左脚外転筋肉離れ (20時12分)

全チーム景品付き!男女混合団体戦 (18時53分)

ジョコ4強 フェデラーに並び最多タイ (18時08分)

ウィンブルドン男子4強出揃う (12時59分)

女王バーティ、ウィンブルドンに帰還 (11時23分)

2年間コーチ→チャレンジャー制覇の“夢物語” (10時31分)

清水悠太 今季5度目のチャレンジャー8強 (9時02分)

シナー 五輪前哨戦を欠場 (8時01分)

上地結衣 ウィンブルドン初戦突破 (6時39分)

‘21年全仏女王がウィンブルドンで初4強 (5時30分)

錦織圭 パリ五輪前哨戦を欠場 (3時04分)

激闘制し初4強、次戦ジョコ (2時44分)

【1ポイント速報】フリッツvsムセッティ (0時55分)

7月10日

2022年女王が61分完勝で4強 (23時16分)

負傷で無念の棄権「大きな音が...」 (21時53分)

ジョコ 相手棄権で13度目4強 (20時41分)

【中止】ジョコビッチvsデミノー (20時35分)

小田凱人 完勝で連覇へ好発進 (19時57分)

【1ポイント速報】小田凱人 ウィンブルドン1回戦 (19時05分)

不調時の解決策 ビッグ3参考に (18時59分)

島袋 カナダチャレンジャーで初戦突破 (12時47分)

逆転勝ちで連覇まであと2勝「難しい試合だった」 (10時51分)

シナー「今朝すでに調子悪かった」 (9時27分)

メド 5連敗脱出「とてもいい試合」 (8時05分)

逆転勝ちで四大大会初の4強 (6時39分)

躍進の7位 四大大会2連続の4強 (5時23分)

アルカラス 逆転勝ちで2年連続4強 (3時05分)

世界1位シナー 死闘の末に敗退 (2時01分)

メド 死闘制し世界1位シナー撃破 (1時48分)

【動画】メドベージェフがノットアップを宣告された場面(0:38~) (0時00分)

【動画】世界4位ルバキナ撃破!クレチコバ勝利の瞬間! (0時00分)

【動画】大躍進!パオリーニ 四大大会で2大会連続の決勝進出を決めた瞬間! (0時00分)

【動画】バーティがウィンブルドンセンターコートに帰還 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!