国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

引退イズナー涙 激闘敗れ幕

イズナー
イズナー
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は31日に男子シングルス2回戦が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場し今大会での引退を発表している元世界ランク8位のJ・イズナー(アメリカ)は同じくワイルドカードで出場しているM・モー(アメリカ)に6-3, 6-4, 6-7 (3-7), 4-6, 6-7 (7-10)のフルセットの激闘で敗れ、現役生活最後のシングルスの試合を終えた。試合後にイズナーは涙を流した。

>>【動画】引退のイズナー、インタビューで声震わせる<<

38歳のイズナーは208cmの長身をいかしたビッグサーブを武器に長年活躍。男子プロテニス協会のATPが記録しているエース本数で歴代最多となっている。

これまで16度のシングルスタイトルを獲得。2018年にはマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)を制覇するなどし自己最高となる世界ランク8位を記録したイズナーは、23日にSNSを更新し今大会での引退を表明していた。

迎えた今大会、1回戦では世界ランク94位のF・アコスタ(アルゼンチン)をストレートで下し2回戦進出を果たした。

迎えた2回戦の第1セット、第7ゲームで2度のブレークポイントをしのいだイズナーは直後の第8ゲームでブレークを果たし先行する。第2セットでも1度のブレークを奪いリードを守ったイズナーは2セットアップとし、勝利まであと1セットとする。

しかし第3セットと第4セットでイズナーはモーから一度もブレークポイントを握ることが出来ず2セットを奪われ2セットオールに追いつかれる。

勝負のファイナルセット、両者隙のないプレーを披露しサービスキープが続く展開となるも、第10ゲームでイズナーがマッチポイントとなるこのセット初のブレークポイントを握る。しかしこれをモーにしのがれると、試合はファイナルセットの10ポイントタイブレークにもつれ込んだ。タイブレークでは一進一退の攻防が続くも、7-8で迎えた場面でイズナーがミニブレークを許しマッチポイントを握られると最後はボレーがネットにかかり、現役最後のシングルスの試合が終了した。

試合後、涙を抑え顔を覆いベンチに座り込んだイズナーはオンコートインタビューで声を震わせながら「つらいね、できる限り頑張ったと思いたいよ」と語った。

また観客に「この観衆の中でプレーして応援してもらえたことはとても特別なことだよ、ありがとう」と感謝の言葉を述べた。

イズナーは2010年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)1回戦でN・マウー(フランス)と対戦。当時同大会ではファイナルセットのタイブレークがなく、11時間5分という歴代最長試合という記録を打ち立てた。(試合は6-4, 3-6, 6-7 (7-9), 7-6 (7-3), 70-68でイズナーが勝利)

この試合は功績として称えられるとともに、四大大会において選手の身体面を考慮する必要があると考えられるようになる大きなきっかけにもなった試合だった。その後、最終セットのタイブレーク制度が導入されていなかった、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)・全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)・ウィンブルドンにファイナルセットのタイブレーク制度が導入されていき、現在では全てのグランドスラムでファイナルセットにタイブレーク制度が導入されている。

四大大会のルールすら変えてしまった男の最後のシングルスマッチが幕を閉じた。

なおイズナーは今大会、同じく引退を表明しているJ・ソック(アメリカ)とのペアでダブルスにもエントリーしている。

[PR]8/28(月)~9/11(月) 全米オープンテニス WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定


■WOWOWオンデマンドはこちら>




■関連ニュース

・綿貫 陽介 5セットマッチに課題
・錦織「まだ辞めるのは想像できない」
・錦織 現状を詳しく説明【会見全文】

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年9月1日5時03分)

その他のニュース

2月29日

激闘制し30年前の父に並ぶ8強 (22時48分)

ナダル 練習で強烈フォア披露 (21時52分)

19歳フィス 完勝で今季3度目8強 (21時00分)

昨年Vデ ミノー8強 “天敵”と激突 (19時27分)

「マレーが今年引退すると思わない」 (18時30分)

【告知】デミノーvsチチパス (17時59分)

西岡「身体の状態あまり良くない」 (17時32分)

清水悠太 第1シード撃破で8強 (16時34分)

チチパス、ツアー70度目の8強 (14時54分)

ATP サウジ政府系ファンドと提携 (14時32分)

負傷に苦しむ元世界6位 半年ぶり復帰へ (13時16分)

幾多のピンチ乗り越え逆転勝ち (12時24分)

43分圧勝劇で父の記録に並ぶ コルダが8強へ (11時24分)

西岡良仁 世界50位に完敗で8強逃す (10時27分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsドレイパー (9時04分)

珍記録?9セット連続タイブレーク (9時00分)

メド逆転勝ち「緊張しすぎ」も8強 (8時09分)

元世界1位マレー 今夏での引退を示唆 (6時47分)

2月28日

島袋将 今季初CH8強ならず (21時51分)

ディアドラ 春夏アイテム第1弾が勢揃い (20時55分)

トップ10復帰へ チチパス初戦突破 (19時50分)

元1位を逆転で撃破「クレイジー」 (19時02分)

再タッグ後初戦で白星「いい感じ」 (18時05分)

3時間超え死闘制し2回戦へ (17時07分)

波乱 ズベレフが初戦敗退 (16時14分)

干物プレゼント!初中級~中級 混合ダブルス大会開催 (15時44分)

干物プレゼント!初級 混合ダブルス大会開催 (15時31分)

西岡良仁、深夜終了に見解 (15時00分)

ポルトガルテニスのパイオニアが引退 (13時42分)

イレギュラーに不満「プレー不可能」 (12時39分)

派手な雄叫びに激怒「黙ってろクソ野郎」 (11時14分)

躍進の18歳 6試合で4人トップ50撃破 (10時06分)

本玉真唯 予選突破も世界43位に完敗 (8時40分)

メド初戦突破、元世界6位新コーチ帯同 (7時45分)

【1ポイント速報】本玉真唯vsシニアコバ (6時55分)

2月27日

モンフィスにリベンジ成功、次戦マレー (22時56分)

予選勝者コボリがオジェ撃破 (22時04分)

ダニエル太郎「ベストは尽くした」 (19時00分)

通算2度目 トップ10撃破の金星 (18時03分)

西岡良仁「なんとか乗り切った」 (17時06分)

3時間死闘制し6連敗阻止 (16時37分)

30年前の父の記録目指し2回戦へ (15時25分)

西岡良仁 逆転勝ちで初戦突破 (14時36分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsボルジェス (14時05分)

ダニエル太郎 デミノーに完敗で初戦敗退 (13時48分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsデミノー (12時09分)

エース1本で15万円の寄付を表明 (11時03分)

2度のMP凌ぎ3度のタイブレーク制して初戦突破 (9時56分)

2年ぶり出場へ ナダルがIWで練習開始 (8時13分)

マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」 (7時18分)

2月26日

ジョコらテニス界から5名ノミネート (22時13分)

日本勢トップ日比野菜緒 順位9上げる (19時38分)

準V全豪OP以来の出場 ポイント防衛へ (18時22分)

ダニエル64位 西岡は82位へ (14時38分)

西岡良仁 アカプルコ本戦入りならず (13時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsモウ (11時17分)

本玉真唯 予選勝ち抜き「WTA500」本戦へ (10時02分)

ツアー5勝目で「ATP500」初制覇 (8時28分)

1日3試合 5時間戦いツアー単複2冠達成 (7時32分)

【動画】チリOPのイレギュラーバウンド (0時00分)

【動画】相手のガッツポーズに激怒「黙ってろクソ野郎」 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!