国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

島袋将 敗因は緊張と経験不足

島袋将
島袋将
画像提供: tennis365.net
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は28日、シングルス1回戦が行われ、予選から出場した世界ランク158位の島袋将は同じく予選から出場している同99位のH・ガストン(フランス)に2-6, 1-6, 6-7 (4-7)のストレートで敗れ、四大大会初勝利とはならなかった。試合後に島袋は緊張と経験不足が影響したと語った。

>>西岡vsワウリンカ 1ポイント速報<<

>>西岡、アルカラス、ジョコビッチら全米OP組み合わせ<<

7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)では予選3試合を勝ち抜き初の四大大会本戦入りを果たしていた島袋。今大会も予選からとなったが、ここでも3試合を突破しグランドスラム2大会連続で本戦入りを決めた。

1回戦では同じく予選から出場したガストンと激突。序盤はベースラインからのストローク戦となるが、徐々にガストンはバックハンドのハイボレーを決めるなど徐々に試合のペースを掴んでいく。それに対し島袋はストロークを中心にポイントを重ねていくなか第4ゲームで先にブレークを許すと、2-5で迎えた第8ゲームで2度目のブレークを奪われ第1セットを落とした。

第2セット、回り込みのフォアハンドを放つなど攻勢を強めるガストンに苦しんだ島袋は第2ゲームでラリー戦の末にブレークを許す苦しい立ち上がりに。第4ゲームでもブレークされた島袋はその後も流れを掴むことができずセットカウント0-2と崖っぷちに追い込まれた。

第3セットでも序盤第1ゲームでブレークされた島袋だが、第8ゲームではフォアハンドクロスのウィナーを決め、この試合5度目のブレークチャンスで初めてブレークに成功する。直後の第9ゲームで0-40とピンチを招くと、1ポイントは凌いだものの最後はフォアハンドがネットにかかりブレークされるも、ガストンのサービング・フォー・ザ・マッチとなった第11ゲームではラブゲームでブレークバックし崖っぷちからイーブンへ。

タイブレークでは一時4-2とリードしていたものの逆転されると、最後は2本連続のサービスエースで締められ力尽きた。試合時間は1時間55分。

試合後の会見で島袋は緊張と経験の少ないナイトセッションの環境が主な敗因だと語った。

「予選3試合と違ったのは雰囲気と、ナイトセッションもあまり経験がなくて、緊張と会場の雰囲気に飲まれた状態が2セット目まで続いてしまいました」

「たくさんの人がいて、プラス(ナイトセッションで)ボールが最初見にくくてフラストレーションと、緊張と、何もかもがうまくいかない感覚でマイナスの方にずっと流れていってしまったことがすごく悔やまれることです」

「自分自身ではあまり緊張するタイプではないと思っていて、一年通して緊張する試合って1,2試合で。あまり緊張するタイプではないので、そういった試合が来た時にどう対応できるかが今後大事になると思います。ウィンブルドンで1回戦で負けて今回どうしても1回戦を突破したという強い気持ちが前面に出てしまって、それが力みに変わったりしてしまいました」

この経験を次回に活かしたいとも語った島袋は、今後控えるアジアシーズンに向けて「テニス自体は悪くないので、この調子でレベルアップした姿を日本の皆さんにもお見せできるように頑張りたいと思います」と前を向いた。

勝利したガストンは2回戦で第32シードのL・ジェレ(セルビア)と対戦する。ジェレは1回戦で世界ランク68位のB・ナカシマ(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

[PR]8/28(月)~9/11(月) 全米オープンテニス WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定


■WOWOWオンデマンドはこちら>




■関連ニュース

・西岡 良仁 全米OP初戦ワウリンカ
・錦織「まだ辞めるのは想像できない」
・錦織 現状を詳しく説明【会見全文】

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年8月29日12時27分)

その他のニュース

2月27日

2度のMP凌ぎ3度のタイブレーク制して初戦突破 (9時56分)

2年ぶり出場へ ナダルがIWで練習開始 (8時13分)

マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」 (7時18分)

2月26日

【告知】ダニエル太郎vsデミノー (22時17分)

【告知】西岡良仁vsボルジェス (22時16分)

ジョコらテニス界から5名ノミネート (22時13分)

日本勢トップ日比野菜緒 順位9上げる (19時38分)

準V全豪OP以来の出場 ポイント防衛へ (18時22分)

ダニエル64位 西岡は82位へ (14時38分)

西岡良仁 アカプルコ本戦入りならず (13時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsモウ (11時17分)

本玉真唯 予選勝ち抜き「WTA500」本戦へ (10時02分)

ツアー5勝目で「ATP500」初制覇 (8時28分)

1日3試合 5時間戦いツアー単複2冠達成 (7時32分)

2月25日

復帰迫るナダル 練習動画公開 (19時05分)

錦織圭の新コーチ”ヨハンソン”とは (18時21分)

29歳でツアー初V「奇跡だと思う」 (16時07分)

ダニエル太郎 初戦でデミノーと激突 (15時31分)

予選勝者が第2シード撃破し決勝へ (14時57分)

マレー 南米テニスに「MSやるべき」 (14時09分)

西岡良仁 完勝でアカプルコ本戦に王手 (12時54分)

望月慎太郎 ヒジカタと熱戦も予選敗退 (12時38分)

【1ポイント速報】西岡良仁、望月慎太郎 予選1回戦 (9時51分)

逆転勝ちでキャリア最大タイトル獲得 (9時19分)

激闘の第1セット制しツアー6勝目 (8時34分)

錦織 新コーチは元全豪王者に (7時31分)

2月24日

フェデラーをフォア史上3位に (22時59分)

汚職防止規則違反で15カ月出場停止 (21時56分)

ナダルとアルカラスに次ぐ4強 (19時24分)

ラケット叩きつけに「滅多にない」 (18時37分)

3時間半超え死闘の末ズベレフ撃破 (17時25分)

イタリア人女子5人目の決勝進出 (16時09分)

昨年Vチチパス撃破 ルード決勝へ (14時58分)

17歳の躍進止める、予選勝者が4強へ (14時42分)

予選から出場し世界1位撃破、初の決勝へ (13時36分)

ジョコとナダルまさかの同乗!? 写真公開 (11時31分)

西岡良仁&望月慎太郎 初戦の相手決定 (10時38分)

18歳が快進撃で決勝進出「言葉ない」 (9時15分)

女王敗退 3年半ぶりに予選勝者に屈す (7時42分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!