国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

17歳 石井さやかとDeNA契約

石井さやか石井琢朗DeNA
DeNAスポーツ事業本部 對⾺本部⻑、⽯井さやか、父・琢朗
画像提供: DeNA
女子テニスで世界ランク701位、今月21日にプロ転向を果たした17歳の石井さやか(所属:株式会社ユニバレオ)と株式会社ディー・エヌ・エー(以下DeNA)がスポンサー契約を締結したことを28日に発表した。

石井の父親は現役時代に2432安打を放った元プロ野球選手の石井琢朗。現在、横浜DeNAベイスターズのチーフ打撃コーチを務めている。

DeNA SPORTS GROUP(DeNA スポーツ事業をまとめた呼称)は、神奈川県下でプロスポーツ3チーム(横浜 DeNA ベイスターズ、川崎ブレイブサンダース、SC相模原)の運営および陸上選⼿のサポート(DeNA Athletics Elite)を行っており、今回新たにプロテニスプレーヤーへのサポートを開始する。

石井は5歳からテニスを始めると小学生の頃から海外遠征を重ねて全国小学生テニス選手権(東京/第一生命相娯園テニスコート、レッドクレー)や全日本ジュニアテニス選手権(大阪/大阪市、ITC靱テニスセンター、江坂テニスセンター)など、あらゆる国内タイトルで上位進出を果たす。

2019年の全国選抜ジュニアテニス選手権大会(千葉県・吉田記念テニス研修センター/ハードコート)では14歳以下で優勝を飾り、2021年には16歳以下の国別対抗戦のU16ジュニア・ビリー・ジーン・キング・カップby BNP Paribas(トルコ/アンタルヤ、クレー)で日本代表として準優勝。

2021年9月から拠点をアメリカに移し、昨年6月にはツアー下部大会のITF W15モナスティル(チュニジア/モナスティル、ハード、ITF)で準優勝をおさめ、11月には国別対抗戦のビリー・ジーン・キング・カップ by BNPパリバのプレーオフ「日本対ウクライナ」戦で代表に初選出された。

また今年1月の全豪オープン・ジュニア(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)では、単複でベスト4進出を果たしている。


石井さやか[画像:DeNA]

今回のスポンサー契約締結にあたり、DeNA、石井、父・琢朗氏がコメントを発表している。

【DeNA スポーツ事業本部 本部⻑ 對⾺誠英】
「まずは⽯井さやか選⼿のプロ転向に⼼よりお祝い申し上げます。この度、⽯井選⼿のサポートをすることができることをとても光栄に感じています。DeNA SPORTS GROUP として常に様々な競技への参画や⽀援について検討していますが、かねてより⽯井選⼿のプレーに魅了され関⼼を持って将来の動向について注⽬しておりました。そんな中、期せずして横浜DeNA ベイスターズにお⽗様の⽯井琢朗コーチが⼊団され、強い縁を感じこの度のプロ転向を機にスポンサー契約締結に⾄った次第です」

「世界の頂きを狙える将来有望な選⼿の⽀援を通じて、私たち DeNA SPORTS GROUP 全体への新たな学びや新しい取り組みを⽣み出していけるよう⽯井選⼿とともに歩んでまいりたいと思います」


石井さやか・石井琢朗[画像:DeNA]

【⽯井さやか】
「最初に DeNAがスポンサーに就任すると聞いた時、DeNAといえば横浜DeNA ベイスターズ、プロ野球のイメージが強かったので正直とてもびっくりしました。⽗を通じての縁も感じましたが、それ以上に DeNA が⼀⼈の選⼿として⾒てくれたことをとても嬉しく思います」

「最終的な⽬標はグランドスラム、世界⼤会で優勝することを⽬指しています。そこに向けて、多くの⽅に応援していただける、そして⾃分のプレーで沢⼭の⽅を元気づけられるような選⼿になりたいです。DeNAのロゴを付けて世界のトーナメントを回ることがとても楽しみです。テニスを通して DeNAのことを世界の⽅々に知ってもらえるよう頑張ります」

【⽯井琢朗】
「プロ転向が決まり、これから活動していくにあたってスポンサードしていただけることはさやか⾃⾝にとって⼤変⼼強いことです。DeNAのロゴを付けて世界の⼤会で戦う姿を早く⾒たいですし、そこで活躍することが⽀援いただく皆さまへの恩返しになると思いますので⼤きく⽻ばたいてもらいたいなと思っています」

「最初にDeNA から申し出をいただいた時にも僕を⾒てということではなく、さやか⾃⾝のことを⾒て決めてくれたというお話でしたので感銘を受け、それならばぜひとお返事しました。さやかには周りの⼈たちに勇気や元気を与え、楽しませる、笑顔にさせるような選⼿になってもらいたいと思います」

石井は今週開催されている甲府国際オープンテニス(日本/山梨、ハード、ITF25)に出場中。予選3試合を勝ち抜き、本戦1回戦を突破している。


■関連ニュース

・17歳 石井さやかプロ転向を発表
・石井さやか 全豪ジュニア4強
・日本代表発表、石井が初選出

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年3月29日17時32分)

その他のニュース

6月23日

シナー 世界1位として初の決勝へ (10時03分)

加藤未唯 失格騒動の因縁ペアに雪辱 (8時49分)

6月22日

大坂なおみ ウィンブルドン前哨戦欠場 (22時20分)

ダニエル太郎 初戦は元世界9位 (21時45分)

錦織圭 初戦は世界29位に決定 (20時58分)

大坂なおみ、キリオスと混合複出場 (17時30分)

芝で中国史上初の4強 (16時36分)

内島萌夏 パリ五輪出場権獲得 (15時21分)

ナダルの従弟がツアー予選出場 (13時56分)

ルード、チチパスらがウィンブルドン複出場 (12時24分)

西岡、今季芝初戦は予選から (11時06分)

3試合連続フルセット 苦しみながらも4強 (10時01分)

ルーネとフリッツ撃破し4強へ (8時18分)

マレー 背中負傷について声明 (7時19分)

6月21日

世界4位ルバキナ 腹痛で途中棄権 (22時03分)

錦織圭 芝コートで調整開始 (21時11分)

複世界9位が五輪出場できず不満 (18時15分)

シナー 世界1位維持へ視界良好 (16時02分)

ジョコ 手術から2週間でコートへ (15時02分)

チチパス下し8強「最高の気分」 (13時25分)

世界1位のまま引退した28歳がプレーへ (12時20分)

新王者 また異次元ショット「非現実的」 (11時02分)

世界2位撃破「大変な試合だった」 (9時03分)

アルカラス 痛恨の2回戦敗退 (8時18分)

加藤未唯 失格騒動の因縁ペアと再戦 (7時05分)

6月20日

加藤未唯ペア 相手棄権で4強 (22時05分)

ウィンブルドン女王が芝で転倒し棄権 (20時56分)

元世界8位 10か月ぶり実戦復帰へ (19時03分)

ジョコ パリ五輪出場権を獲得 (16時03分)

ズベレフ8強「より良いプレーを」 (15時09分)

シナー/フルカチュの豪華ペア 8強へ (13時30分)

接戦制しディミ撃破 コルダ8強 (11時58分)

「僕の夢」4年に一度の舞台立てず (10時52分)

エース9本と“不発”ラオニッチ敗退 (10時00分)

メド撃破 ジャンが熱戦制し8強 (8時19分)

マレー 背中負傷で途中棄権 (7時26分)

【動画】シナー 異次元のショット披露 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!