国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

藤岡弘、『ドリームプラン』鑑賞で親子愛語る

ドリームプラン
(左から)舞依、真威人、弘、、愛、天音
画像提供: tennis365.net
ウィル・スミスが主演を務め、女子テニス界史上最高のテニスプレイヤー、V・ウィリアムズ(アメリカ)S・ウィリアムズ(アメリカ)を育て上げた父親リチャード・ウィリアムズの実話を描いた映画「ドリームプラン」。今月23日の全国ロードショーに先がけて、17日には公開直前イベントが開催され、俳優の藤岡弘、とその長女天翔愛、長男の藤岡真威人、次女の天翔天音、三女の藤岡舞依の5名が登壇した。

本作『ドリームプラン』は、世界最強のテニスプレーヤーであるウィリアムズ姉妹を、ゼロからテニスのワールドチャンピオンに育て上げたテニス未経験の父リチャードが独学で作成した「計画書=ドリームプラン」にまつわる実話。

姉のヴィーナスはグランドスラムを7回、妹のセリーナは23回(女性の歴代で2位)、オリンピックでは2人合わせて5つの金メダルを獲得している。

家族愛がテーマとなる本作の公開直前イベントには藤岡家の5名が登場し、映画の感想や父親の共通点などを語った。

父親である藤岡弘、は「僕は共感することが多かったね。やっぱり子を思う親の気持ち、リチャード(ウィル・スミス演じる主人公)が子を信じそして子は親を信じ。そのなかでね、親としては大したことじゃないと、しかしながら俺はお前たちを守ることだけを考えてきたというあの一言は僕と同じだなと共感しました。娘には厳しすぎるんじゃないかとかね、たしかにその通りだと。でもね、危険から子どもたちの身を守るのは親の務めなんじゃないかと言ってましたね。これが僕はね、当たり前のことなんだけどいつも常にそういうことを考えていたもんだからビビッと胸に響きました」と語った。

「親としての務めと、当たり前じゃないかということでね。昨今当たり前じゃないこともある今の世相のなかでいろいろ言いたいことも本当はあるんだけど、親としての責任、執念のごとく信念の強さがひたひたと胸に迫ってきました。親としてぜひ皆さん観てもらいたいなと。フレーズフレーズにそれぞれの方感じるものあるんじゃないかと思いましたね」

また、長女の天翔愛は「ざっくり言うと、映画の全部父そのものだなという印象でした。細かく言うと、既成概念にとらわれずに自分の信念と考えを貫き通して、結果を出していくところがすごく父と共通しているなと感じましたね。今までの方がこうだったからきっとあなたもこうなんでしょ、みたいなことってどんな業界にもあると思うんですけど、そういうのを覆してうちの娘にはこのスタンスが合っているから、これでいきたいと。結果にとらわれない、それでも結果を出していくことが本当に父そのものだなぁと思いました。心打たれましたね」と明かした。

長男の真威人は「観終わったあとに家族全員が満場一致でうちに似ていると、そういう会話をしました。それはリチャードというウィル・スミスが演じた父親が娘に対して疑いなく『この娘たちは世界を獲る』という信念と、その父親に言われたことに純粋に従って、自分たちも父親と一緒になりながら一丸になって進んでいく。結果としてテニスのなかでトップになって、と。始まりから最後までの過程に自分たちに響くものがあって、僕たちも1ファミリーとして父から教えられたりした部分がたくさんあって、通じる部分はあると思いますし、もちろん僕らだけじゃなくてこの映画を観たたくさんの人が感じるものはたくさんあると思います」とコメントした。

最後に藤岡弘、は「この映画は今の時代にこそ観るべき家族愛の姿があります。それぞれ大変な状況の時代ですけど、前向きになれる、応援してもらえるような勇気をもらって新しいきっかけを与えてくれるような映画です。ぜひ家族でご覧になって頂ければと思います」と話した。

藤岡弘、

ウィル・スミス渾身の演技はアカデミー賞最有力!彼の徹底した役作りに更なる期待が高まる!観る人すべての心を揺さぶる感動作『ドリームプラン』は、2022年2月23日(水・祝)より全国ロードショー。

<作品情報>
製作:ウィル・スミス、ティモシー・ホワイト、トレバー・ホワイト、セリーナ・
ウィリアムズ、ヴィーナス・ウィリアムズ
監督:レイナルド・マーカス・グリーン
脚本:ザック・ベイリン
撮影:ロバート・エルスウィット(『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』)
出演:ウィル・スミス、アーンジャニュー・エリス、サナイヤ・シドニー、デミ・シ
ングルトン、トニー・ゴールドウィン、ジョン・バーンサル
映倫区分:G 配給:ワーナー・ブラザース映画




>>映画『ドリームプラン』本編映像はこちら<<




■関連ニュース

・ドリームプラン 伊達 公子が字幕監修
・伊達 公子と工藤阿須加が対談
・蒙古タンメン中本×テニス、コラボラーメン発売

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年2月17日15時47分)

その他のニュース

5月26日

大坂なおみ 四大大会全制覇「目標」 (16時17分)

ナダルコーチ「ラファは死ぬまでプレーする」 (14時59分)

【告知】ダニエル太郎、望月慎太郎 全仏OP1回戦 (13時07分)

20歳新星がツアー初V「大きな自信」 (11時21分)

ダブルヘッダー制し12勝目、勢いつけ全仏へ (10時23分)

ナダル「最後の全仏になる可能性は高い」 (8時45分)

西岡、五輪「もちろん出たい」 (7時29分)

【告知】大坂なおみ 全仏OP1回戦 (6時19分)

5月25日

【告知】錦織圭vsディアロ 全仏OP (23時13分)

錦織圭 6月芝大会に出場へ (23時11分)

阿部宏美/永田杏里ペア 2週連続V (22時29分)

大坂なおみ 全仏OPへ「準備は順調」 (20時22分)

18連勝の内島萌夏 全仏OPへ「楽しむ」 (19時12分)

望月慎太郎 全仏OPで世界8位と激突 (18時11分)

1ゲームで6回アンダーサーブ!結果は? (17時10分)

フェデラー「素晴らしい経験」 (15時54分)

錦織圭 全仏OPへ「1回戦突破目指す」 (15時41分)

「錦織圭は天才的」とダニエル太郎 (14時20分)

腰負傷のシナー「良い感じ」 (12時03分)

「ラファと戦いたかったけど...」 (11時04分)

ジョコ「僕は全仏V候補ではない」 (10時02分)

アルカラス「フォア打つのは怖い」 (8時58分)

錦織圭「不安は正直かなりある」 (7時56分)

初戦でナダル回避「よかった」 (6時55分)

錦織圭 全仏OP初戦は世界166位に決定 (1時46分)

5月24日

ジョコ 世界44位に屈し準決勝敗退 (23時56分)

【1ポイント速報】ジョコビッチvsマハーチ (21時34分)

山﨑郁美ら日本勢が4強独占 (20時07分)

猛烈ラケット破壊→観客にプレゼント (19時02分)

錦織圭&大坂なおみ 全仏OP初日に登場 (17時39分)

14ペアで唯一 マレーとエヴァンスにWC (13時28分)

世界5位 回復間に合わず全仏OP欠場 (12時04分)

ルード4強 全仏OP前に弾み (10時34分)

マレーvsワウリンカ 全仏OP1回戦で実現 (8時44分)

ジョコ「素晴らしい勝利」全仏に向け復調? (7時21分)

齋藤咲良 全仏OP予選決勝で敗退 (0時09分)

5月23日

ナダル 全仏OP初戦はズベレフに (23時42分)

【1ポイント速報中】全仏オープン予選決勝 (23時08分)

内島萌夏 全仏OP初の本戦入り (23時02分)

錦織圭 全仏OP初戦は予選勝者 (21時41分)

大坂なおみ 全仏OP初戦は世界48位 (21時15分)

第3シードの秋田史帆らが8強 (20時27分)

元世界6位 3年連続で全仏OP欠場 (19時48分)

望月慎太郎 全仏OP初の本戦へ (19時15分)

1100勝ジョコ 歴代3番目の記録 (17時02分)

シュワルツマン「特別な場所。一生忘れない」 (15時35分)

“本当に今季で引退?”勢い止まらず8強へ (14時17分)

17歳の齋藤咲良、全仏OP本戦に王手 (12時06分)

ティーム「とても素晴らしい別れ」 (10時45分)

前週Vの17歳 西村佳世ら初戦突破 (9時54分)

ジョコビッチ 37歳を1100勝で祝う (7時59分)

大坂なおみ ウィンブルドンは予選からか (6時48分)

最後の全仏OP 死闘の末敗退 (2時34分)

内山靖崇 全仏OP予選敗退 (1時23分)

【動画】ブブリクが1ゲームで6回アンダーサーブ披露! (0時00分)

【動画】ジョコビッチ撃破!マハーチ勝利の瞬間 (0時00分)

【動画】ブブリクがラケット破壊!→観客にプレゼント (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!