- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコV「ベストな試合」

ノヴァーク・ジョコビッチ
優勝を果たしたジョコビッチ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は3日、シングルス決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)D・シャポバロフ(カナダ)を6-3, 6-4のストレートで下して2015年以来4年ぶり5度目の優勝を果たし、今季5勝目、キャリア通算77勝目をあげた。

決勝戦、ジョコビッチはファーストサービスが入った時に81パーセントの高い確率でポイントを獲得。ノーシードから勝ち上がってきた20歳のシャポバロフに1度もブレークを許さず、マッチポイントではフォアハンドのウィナーを決めて1時間5分で勝利した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトでジョコビッチのコメントを掲載しており「(決勝は)ベストなサービスゲームの試合だったと思う。試合はとても短かった。シャポバロフのセカンドサービスでプレッシャーをかけ、僕はコートの後ろから安定したプレーをして彼にチャンスを与えなかった」と振り返った。

「今週行った試合の中では間違いなくベストなものの1つ。週の後半は本当に素晴らしかった。テニスのレベルが日に日に向上していった」

今回の優勝でジョコビッチはATPマスターズ1000で34勝目をあげ、R・ナダル(スペイン)の35勝に迫った。

一方、敗れたシャポバロフは、今年10月のイントゥルム・ストックホルム・オープン(スウェーデン/ストックホルム、室内 ハード、ATP250)に続くキャリア2勝目とはならなかった。

「男子テニス国別対抗戦デビスカップ 決勝ラウンド」
母国の名誉と威信を懸けてしのぎを削る“テニスのワールドカップ”。新フォーマットで争われる世界最強国の称号を懸けた戦いを生中継でお届け!

【大会期間】
11月18日(月)〜25日(月)連日生中継
■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ジョコ 引退発表は「驚いた」
・ジョコ脱帽「世界のトップ」
・ジョコ 問題発言に戸惑い

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年11月4日14時19分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!