- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル棄権「受け入れるだけ」

ラファエル・ナダル
ラファエル・ナダル
画像提供: ゲッティ イメージズ
男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は2日、第2シードのR・ナダル(スペイン)が腹筋の負傷でシングルス準決勝を棄権した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはナダルのコメントが掲載されており、2日のウォーミングアップの時に腹筋を痛めたと明かした。

「ロンドンの最終戦へ向けて準備したいと思っている。それは今の最大の目標。(腹筋の痛みが)今日起きてしまった。できることは、それを受け入れるだけ。例えそれが自分にとってタフな状況でも、前向きな気持ちでいることが必要。この大会でのプレーをとても楽しんだ。素晴らしいスタジアムで、こんな雰囲気を楽しむことがしばらくなかったけどそれを楽しめたし、いいテニスをプレーしたことも楽しかった」

ナダルは昨年の同大会でも同箇所の負傷で棄権していた。

今大会で第16シードのS・ワウリンカ(スイス)や元世界ランク5位のJW・ツォンガ(フランス)らが下して4強へ進出していたナダルは「素晴らしい3試合を戦えた。こんな形で終わらせるのはつらい。それを受け入れて、精神的にも肉体的にも今回のような経験から学ぶべき」と語った。

「できること全てをするつもりだし、計算上はその全てにおいて回復は可能。大袈裟なことではないと本当に願っている」

一方、ナダルと準決勝で対戦予定だった世界ランク28位のD・シャポバロフ(カナダ)は思わぬ形でATPマスターズ1000初の決勝進出となった。

今年10月のイントゥルム・ストックホルム・オープン(スウェーデン/ストックホルム、室内ハード、ATP250)でツアー初優勝を飾ったシャポバロフは、決勝で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。ジョコビッチは準決勝で世界ランク27位のG・ディミトロフ(ブルガリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

「男子テニス国別対抗戦デビスカップ 決勝ラウンド」
母国の名誉と威信を懸けてしのぎを削る“テニスのワールドカップ”。新フォーマットで争われる世界最強国の称号を懸けた戦いを生中継でお届け!

【大会期間】
11月18日(月)〜25日(月)連日生中継

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ナダル「錦織は疲れていた」
・「長続きしない」払拭 ナダルV
・ナダル「感情を爆発させた」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年11月3日6時16分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!