- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織らトップ10が勢揃い

ATPカップ
ATPカップ出場19カ国が発表
画像提供: ゲッティイメージズ
男子プロテニス協会のATPは13日に公式サイトで、2020年に初開催するATPカップ(オーストラリア/パース、ブリスベン、シドニー)に出場する全24カ国のうち、上位18カ国と開催国枠のオーストラリアの計19カ国を発表し、トップ10プレイヤー全員がメンバーに選出された。

各国の出場予定メンバー(3名から5名のチーム編成)のうち上位2名が発表され、N・ジョコビッチ(セルビア)R・ナダル(スペイン)R・フェデラー(スイス)のBIG3を含むトップ10プレイヤー全員が入っているほか、A・マレー(イギリス)もプロテクトランキングにより、イギリス代表に選出されている。

また日本代表として錦織圭西岡良仁が選出されており、西岡は自身のツイッターで「来年初めから始まるATP CUPメンバーになりました。新しいものなので色んなことがあると思いますがとても楽しみです。どこで行われるのかも楽しみですね!オーストラリアの3つの都市に分かれるらしいので。とりあえずワクワクです」と綴っている。

今回発表された19カ国とその予定メンバーは以下の通り。

【19カ国:メンバー】
1.セルビア:ジョコビッチ、D・ラヨビッチ(セルビア)
2.スペイン:ナダル、R・バウティスタ=アグ(スペイン)
3.スイス:フェデラー、H ・ラクソネン(スイス)
4.ロシア:D・メドヴェデフ(ロシア)K・ハチャノフ(ロシア)
5.オーストリア:D・ティーム(オーストリア)、D・ノヴァク(オーストリア)
6.ドイツ:A・ズベレフ(ドイツ)J・シュトルフ(ドイツ)
7.ギリシャ:S・チチパス(ギリシャ)、M・ペルヴォララキス(ギリシャ)
8.日本:錦織圭、西岡良仁
9.イタリア:F・フォニーニ(イタリア)M・ベレッティーニ(イタリア)
10.フランス:G・モンフィス(フランス)B・ペール(フランス)
11.ベルギー:D・ゴファン(ベルギー)S・ダルシス(ベルギー)
12.クロアチア:B・チョリッチ(クロアチア)M・チリッチ(クロアチア)
13.アルゼンチン:D・シュワルツマン(アルゼンチン)G・ペラ(アルゼンチン)
14.ジョージア:N・バシラシヴィリ(ジョージア)、A・メトレヴェリ(ジョージア)
15.南アフリカ:K・アンダーソン(南アフリカ)L・ハリス(南アフリカ)
16.アメリカ:J・イズナー(アメリカ)T・フリッツ(アメリカ)
17.カナダ:F・オジェ アリアシム(カナダ)M・ラオニッチ(カナダ)
18.イギリス:マレー、K・エドモンド(イギリス)
19.オーストラリア:N・キリオス(オーストラリア)A・デ ミノー(オーストラリア)

残る5カ国の発表は11月13日に予定されており、その時点で各国3名から5名の全出場メンバーが最終決定する。

ATPカップの開催概要は以下の通り。

■日程
2020年1月3日から12日までの10日間

■開催場所
パース、ブリスベン、シドニー

■賞金総額
1,500万米ドル(約16億5,000万円)

■獲得ポイント
シングルス:最大750ポイント
ダブルス:最大250ポイント

■大会形式
24カ国が、4カ国ずつの6つのグループステージに分かれ、ラウンドロビン形式で競う。各グループ1位の6カ国と、その6カ国を除いたグループステージ1・2位の成績を残した2カ国の計8カ国が決勝トーナメントへ進出する。

■試合形式
シングルス2試合とダブルス1試合を行い、先に2勝した国が勝利。コーチングは監督のみ可能。

■出場条件
各国最低3選手、最大5選手のATPランキング保持者が必要。5選手でエントリーの場合、そのうち3選手がATPシングルス・ランキング保持者でなければいけない。4選手以下でエントリーの場合はシングルス・ランキング保持者は2選手以上が必須。

「東レ パン パシフィック オープンテニス」
アジア初の国際女子テニス公式戦としてスタートした国内最高峰のWTAプレミア大会。出場表明した大坂なおみを筆頭に、世界を舞台に戦うトップ女子選手が日本で魅せる。

【放送予定】
9月16日(月・祝)〜22日(日)連日生中継[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織vsフェデラー 先行販売
・大坂 コーチ関係解消を発表
・22年ぶり 決勝で日本人対決

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年9月14日20時45分)

その他のニュース

10月21日

元王者マレー復帰後ツアー初V (1時49分)

【1ポイント速報】マレーvsワウリンカ (1時41分)

10月20日

内山靖崇 寧波チャレンジャーV (17時56分)

杉田祐一 敗退も4強に手応え (17時39分)

10代ペアが今季2勝目 (14時52分)

ワウリンカ「自信ついた」 (14時52分)

杉田を撃破「大変だった」 (11時47分)

マレー ワウリンカとの決勝へ (11時42分)

WTA最終戦 最後の1人確定 (11時39分)

ルブレフ「とてつもなく幸せ」 (11時34分)

マレー決勝へ 復帰後初V王手 (2時37分)

杉田祐一 決勝進出ならず (2時01分)

【1ポイント速報】杉田vsシャポバロフ (1時58分)

10月19日

内山 決勝進出でTOP100確定 (20時34分)

4度目の4強 ハチャノフ撃破 (17時00分)

「残念」プイユが今季終了へ (13時57分)

昨年Vゲルゲス 逆転で4強 (13時55分)

杉田祐一4強「感動的な試合」 (11時50分)

チリッチ 熱戦制し4強へ進出 (11時36分)

ワウリンカ4強 シモン撃破 (11時33分)

マレー 復帰後初の4強進出 (9時38分)

杉田祐一 死闘制し4強入り (7時40分)

10月18日

西岡良仁、今季初の4強ならず (22時26分)

【1ポイント速報】西岡vsクライノビッチ (20時56分)

大坂のイベントが開催決定 (19時50分)

第1シードスイトリナ 初戦敗退 (18時17分)

チリッチ 通算500勝達成 (17時23分)

マレー8強「気分良い」 (14時28分)

杉田祐一8強「戻ってきた」 (11時35分)

シード勢の敗退が相次ぐ (8時02分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!