- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

セリーナ、ミス連発でV逃す

セリーナ・ウィリアムズ
(左から)セリーナとアンドレースク
画像提供: ゲッティ イメージズ
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は7日、女子シングルス決勝が行われ、第8シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)は第15シードのB・アンドレースク(カナダ)に3-6, 5-7のストレートで敗れ、2014年以来5年ぶり7度目の優勝を逃した。また、M・コート(オーストラリア)に並ぶ歴代最多タイの四大大会24勝目の偉業達成とはならなかった。

>>ナダルvsメドヴェデフ 1ポイント速報<<

決勝戦、序盤からミスを連発するセリーナは第1セットを落とすと、第2セットはゲームカウント1−5とリードを許す。そこからアンドレースクに握られたチャンピオンシップ・ポイントをしのぐ粘りを見せたが、第11・第12ゲームを連取されて1時間39分で力尽きた。

2017年の9月に第一子を出産後、セリーナはタイトルに手が届いておらず、最後に優勝したのは同年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)。この日に優勝していると、全米オープンではC・エバート(アメリカ)を抜き歴代最多102勝目だった。

表彰式のスピーチで37歳のセリーナは「この2週間は、みんなが素晴らしい応援をしてくれた。本当に感謝している」と語った。

「第2セットの後半は『もう少し長くここにいるために戦おう』と考えていた。声援がどんどん大きくなっていった。もう少しうまくプレーできたと思う」

続けて「ビアンカ(アンドレースク)、とても素晴らしいプレーだった。優勝おめでとう。すごくいいプレーだった。ともにプレーできて、とてもうれしい」と19歳のアンドレースクを称賛した。

「20年間、このレベルでプレーし続けるのは簡単ではない。けど、この瞬間をチームと何年も共有することができてうれしいし、誇りに思う」

「全米オープンテニス」
今年最後のグランドスラムの栄冠を手にするのは果たして。晩夏のニューヨークで繰り広げられる激戦の模様を連日独占生中継でお届け!

【放送予定】
8月26日(月)〜9月9日(月)連日独占生中継

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・セリーナ、ジョコ発言を批判
・大坂の元コーチ バイン氏語る
・セリーナ「なおみ素晴らしい」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年9月8日9時22分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!