- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

セリーナとの対戦「不運だった」

バルバラ・ストリツォワ
準決勝で敗れたストリツォワ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は11日、女子シングルス準決勝が行われ、世界ランク54位のB・ストリツォワ(チェコ)は第11シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)に1-6, 2-6のストレートで敗れ、四大大会初の決勝進出とはならなかった。

>>フェデラーvsナダル 1ポイント速報<<

>>ウィンブルドン対戦表<<

この試合、セリーナのファーストサービスが入ったときに89パーセントの確率でポイントを獲得されるなど、主導権を握れなかったストリツォワは、1度もブレークできずにわずか59分で力尽きた。

試合後の会見で記者から「セリーナと決勝で対戦するハレプに会ったらどのようなアドバイスをするか」と問われたストリツォワは「実際、試合直後に彼女(ハレプ)に会った。今日はセリーナが本当に良いプレーをしていたと思った。ここまでの1番の試合だったと思う。信じられないサービスを打っていた。とても深いボールばかりで、自分のやりたいプレーをさせてもらえなかった。もし決勝戦でもセリーナがこんなプレーをしたら、ハレプにとってもとても難しい試合になるはず。でもハレプにも彼女の武器がある。その日その日で違う。彼女も素晴らしいテニスをしていた」と話した。

続けて「正直なところ、(準々決勝で)コンタとセンターコートで対戦できてとても嬉しかった。なぜならそれがとても自分のためになったから。あのコートは自分にとってとても特別なものだから、コンタとそこで戦ったときはとても緊張していた。そこで準決勝を戦うにあたって、もちろん緊張もしたが、準々決勝ほどではなかった。セリーナのような選手との対戦はちょっと不運だったかも知れない。でも、今日はベストを尽くした。もし100%フィットしていたとしても、チャンスがあったかどうかわからない」と語った。

一方、勝利したセリーナは2016年以来3年ぶり8度目のウィンブルドンタイトルをかけて、決勝で第7シードのS・ハレプ(ルーマニア)と対戦する。大会初優勝を狙うハレプは準決勝で、第8シードのE・スイトリナ(ウクライナ)をストレートで下しての勝ち上がり。

「ウィンブルドンテニス」
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。錦織圭の試合も連日生中継!

【放送予定】
7月1日(月)〜14日(日)WOWOWにて連日生中継※7月7日(日)除く[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・「本当にタフ」四大大会初4強へ
・錦織撃破でフェデラー100勝
・大坂27時間53分27秒で1位

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年7月12日14時58分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!