- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

V6坂本 錦織特番ナレーターに

坂本昌行
ナレーションを務める坂本昌行
画像提供: WOWOW
12月15日(土)18時から放送するWOWOWテニスドキュメンタリー「錦織圭 復活〜世界の頂を目指して〜」のナレーションをアイドルグループV6の坂本昌行が務めることが決定した。

2018年、大きな注目を集めた日本テニス界。この番組は、激動の2018年シーズンを戦い抜いた日本のエース錦織圭の活躍とその素顔に迫るドキュメンタリー番組となっている。

坂本は2017年12月に放送した「錦織圭・大坂なおみ それぞれの世界挑戦2018」でもナレーションを務め、今回で2年連続となる。テニスをよく観戦するという坂本が錦織を中心に、来シーズンへの期待、そして、自らと照らし合わせてのエピソードまで、ここでしか聞けない貴重な話を語った。

テニスを観るようになったきっかけは「かなり昔ですが、もともと、遊び程度でテニスをやっていました。ある時、テレビでテニスを観ていたら、そのままずっと観てしまったというのが始まりです。(惹かれた部分は)やるのと観るとの違いですね。時速200kmのサーブを受けて、さらにそれをリターンで狙うという、もうすごすぎて意味がわからない」と話す。

なかなか生でテニスを観る機会はなかったが、昨年、伊達公子の引退した試合と楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス 2017(日本/東京、室内ハード、ATP500)を観に行き、その凄さに圧倒された。

今回の番組で楽しみにしていることとして、「試合での錦織選手しか知らないので、そこに至るまでや試合後の錦織選手を観られるのが非常に楽しみ、というか興味があります」とコメント。その上で「今回務めるナレーションという役割には、錦織選手の思いを視聴者に伝える大切な、大事な責任があると思っています」と語った。

今回の番組のテーマは「復活」。それに関して坂本は「復活を目指して戦っていたツアー下部大会の錦織選手を観ていて、観客もいないし、会場も狭いといった、大きい大会と異なる環境でプレーするメンタリティの強さを感じた」と語る。そして、「彼はまだ20代ですが、見習いたいところがいっぱいありますね」とも話した。

けがを克服して世界ランキングトップ10に返り咲いたことについては「僕らもV6のライブでアクロバットをやっていたので、ケガはつきものでした。ただ、けがをしても次の曲でアクロバットがあれば、やらなければいけない。テニスとライブ、違いはありますが、けがを克服する力はものすごい精神力だと思います」

今年、自信を表すかのように試合でガッツポーズを頻繁にしていた錦織。坂本に自信をどう表現するのか聞くと「僕は心配性で、事前に準備していないと落ち着かない。もしかすると、今まで自信を前面に出したことはないかもしれない」と話す。「ただ、準備は徹底的にやって、その準備を自信にしてあとは開き直って楽しむようにしています」

そして、「僕らは事前に準備をしっかりして、お客様に楽しんでいただくという世界ですが、テニスは事前にどんなに準備しても白黒がはっきりつくシビアな世界。試合中は常に自分をコントロールしなければいけない中で生まれたガッツポーズだと思います。自分をコントロールして、さらに相手をコントロールしないと勝つことができない世界なのでしょう」とコメントした。

また、今季の錦織は全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)の前に一度調子を落としているが、全米でベスト4に進出すると、それ以降の大会は全てベスト8以上の好成績。調子が上がった理由は「楽しむことを意識したら良くなった」と錦織は言う。さらに「楽しもうと思い込んでいる」とも話している。

それについて坂本は「僕も同じ思いを持っていて、ただ、楽しもうと入口が変わるだけで、自分にプレッシャーをかけて入るより、リラックスできて、視野が広がると思う」と賛同した。

しかし、以前は楽しむことが全然できなかったという。「デビューしたての頃、ライブの構成を1人で頑張って作っていた時期、自分の中に演出家の部分があって、メンバーの動きや次の曲のことなど、いろいろと事前に準備してきたことを考えてしまい、全然楽しめていなかった」しかし、その考えが変わったのは、1通のファンレターだった。

そこには『坂本君はライブであまり手を振ってくれない』と書かれていた。「はっと気付かされました。お客様は楽しみに、僕らを見に来てくれているのに、その自分が楽しそうに振る舞っていなかったら最悪だなと」。それからは「ここまで準備してきたのだから、あとは楽しもうと思って入ることで、自然と手が振れて、笑顔を見せられるようになって、よりライブを楽しめるようになった」

「錦織選手の『楽しもうと思い込んでいる』につながると思いますが、ちょっとしたきっかけで、プレーやパフォーマンスはものすごく変わってくると思います」

最後に来シーズンの錦織に期待することを聞くと「すごく楽しみ。ただトップ10に入ったことで注目度や期待度が大きくなったことは、錦織選手本人が痛いほどわかっていると思いますし、これからはベテランの域に入っていくと思うので、次の日本人選手にとって大きな道標、日本人選手でもあそこまで行けるんだという勇気を与える存在になってほしいですね」

錦織圭に対して、熱い想いを語ってくれた坂本昌行がナレーションを務める、「錦織圭 復活〜世界の頂を目指して〜」は、12月15日(土)18時から、WOWOWプライムで放送される。

「錦織圭 復活〜世界の頂を目指して〜」
【放送日】12/15(土)夜6時[WOWOWプライム]
右手首の故障からの復活、そしてトップ10へ返り咲いた日本のエース錦織圭。2019年、まだ見ぬ頂を目指す彼の強さ、そして想いを描き出す。
出演/錦織圭
ナレーション/坂本昌行

【放送予定】
12月15日(土)よる6:00
■詳細・配信スケジュールはこちら>


■関連ニュース

・錦織 ハワイ期待「待てない!」
・錦織の張り 3つの流儀とは
・錦織は「大きな子ども」と大坂

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年12月3日11時36分)

その他のニュース

7月16日

MPしのぎ逆転で激闘制す (20時01分)

20歳対決制し初戦突破 (18時49分)

内田海智 快勝でCH初戦突破 (17時30分)

チェッキナート 初戦で完敗 (16時30分)

ジョコ 獲得総数フェデラーに並ぶ (15時13分)

19本エース決めるも敗退 (13時26分)

錦織6位浮上、15日付最終戦ランク (11時02分)

錦織7位 15日付の日本勢ランク (9時09分)

メドヴェデフ 自己最高10位へ (8時05分)

7月15日

望月慎太郎 ジュニア世界1位 (22時02分)

錦織7位 7/15付の世界ランク (17時00分)

大坂2位 7/15付の世界ランク (16時00分)

グランドスラム2大会連続V (15時30分)

初優勝で世界1位へ (15時00分)

望月 錦織は「素晴らしい人」 (11時00分)

ジョコ「喜び超える感情」 (9時52分)

錦織圭 快挙の望月慎太郎を祝福 (8時49分)

フェデラー「これが現実」 (7時08分)

望月慎太郎「快挙の実感ない」 (6時19分)

フェデラー惜敗「忘れない」 (4時31分)

ジョコV5「誇りに思う」 (4時02分)

ジョコビッチ 死闘制しV5 (3時08分)

国枝 ウィンブルドン初V逃す (3時06分)

【1ポイント速報】フェデラーvsジョコ (3時05分)

7月14日

日本男子初の快挙 望月が頂点に (22時35分)

望月慎太郎V 日本男子初の快挙 (22時09分)

デル=ポトロ 松葉杖なしに (16時58分)

ハレプ 腹痛乗り越え快挙達成 (15時00分)

約5時間の死闘制し初優勝 (13時59分)

セリーナ 産後初Vと偉業逃す (7時53分)

ハレプV「人生で最高の試合」 (5時56分)

セリーナ わずか56分で敗れる (0時00分)

7月13日

ハレプ初V「一生忘れない」 (23時36分)

ハレプ初V セリーナに完勝 (23時06分)

【1ポイント速報】ハレプvsセリーナ (23時05分)

土居美咲 スウェーデンOP優勝 (20時33分)

フェデラー 決勝ジョコを警戒 (18時51分)

ナダル「ロジャーが勝者に値する」 (17時57分)

望月慎太郎、死闘制し快挙 (16時55分)

バウティスタ=アグ「満足」 (15時51分)

ジョコ、フェデラーは「速い」 (13時30分)

フェデラー、ナダルを称賛 (11時00分)

望月決勝へ「よく分からない」 (10時02分)

ナダル落胆 フェデラーに脱帽 (9時06分)

フェデラー「作戦貫いた」 (6時37分)

国枝 ウィンブルドン初の決勝へ (6時14分)

フェデラー決勝へ ナダル撃破 (3時42分)

【1ポイント速報】フェデラーvsナダル (0時29分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!