- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 今季3度目ツアー決勝へ

男子テニスのエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、室内ハード、ATP500)は27日、シングルス準決勝が行われ、第5シードの錦織圭が世界ランク71位のM・ククシュキン(カザフスタン)を6-4, 6-3のストレートで下して今季3度目のツアー決勝進出を果たし、約2年8カ月ぶりの優勝へ王手をかけた。

>>錦織らウィーン対戦表<<

>>錦織 決勝1ポイント速報<<

錦織は予選から勝ち上がってきたククシュキンの強打に苦しむも、左右に揺さ振るストローク戦を展開。サービスキープが続く緊張感の中、第10ゲームでは2本目のセットポイントでフォアハンドのウィナーを決めてブレークし、第1セットを先取。

第2セットは第1ゲームでククシュキンにブレークポイントを握られたが、バックハンドのスライスでミスを誘い出してピンチを切り抜ける。続く第2ゲームではリターンエースを決めてブレークに成功。

その後も攻撃の手を緩めない錦織はリードを守り、試合を通してファーストサービスが入った時に70パーセント以上の確率でポイントを獲得。1度もブレークを許さずにストレート勝ちした。

決勝では、第2シードのK・アンダーソン(南アフリカ)と世界ランク30位のF・ベルダスコ(スペイン)の勝者と対戦する。

錦織が最後にツアー優勝を飾ったのは2016年2月のメンフィス・オープン(アメリカ/ニューヨーク、室内ハード、ATP250)。今年はモンテカルロ・ロレックス・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)と楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス 2018(日本/東京、室内ハード、ATP500)で決勝へ進出している。






■関連ニュース

・錦織 最終戦10位 イズナー9位
・フェデラー「圭はギア上げた」
・ティーム「錦織に呼吸させなかった」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年10月27日22時41分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!