- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 完敗で脱帽「封じられた」

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は大会12日目の7日、男子シングルス準決勝が行われ、第21シードの錦織圭は第6シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に3-6, 4-6, 2-6のストレートで敗れ、2014年以来4年ぶり2度目の決勝進出を逃した。会見では「(ジョコビッチに)ことごとく封じられた」と脱帽した。

>>大坂vsセリーナ 1ポイント速報<<

>>ジョコvsデルポ 1ポイント速報<<

>>ジョコら全米OP対戦表<<

>>大坂ら全米OP対戦表<<

錦織は序盤からジョコビッチに主導権を握られた。フォアハンドのタイミングが合ず、バックハンドのリズムも狂い始めた。第3セットは完全にジョコビッチへ流れが傾き、試合を通して1度もブレークできずに2時間23分で完敗。天敵のジョコビッチに14連敗となった。

錦織は「彼(ジョコビッチ)のレベルについていけない部分もあった。彼の精度のよさに足がついていかなかった。自分のミスが早く、決まらないのが原因で自滅してしまった」と落胆した。

それでも全米オープンで2年ぶり3度目の準決勝の舞台に立ったことについて「いいテニスで2週間をやり切れたと思います」と今年1月に右手首のけがから復帰した錦織は今後へ向け手応えを得ていた。

一方、3年ぶり3度目の優勝に王手をかけたジョコビッチは、決勝で第3シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)と対戦する。2009年覇者のデル=ポトロは準決勝で第1シードのR・ナダル(スペイン)の途中棄権により9年ぶり2度目の決勝へ駒を進めている。

「全米オープンテニス」をWOWOWにて連日独占生中継!新規ご加入の方がもれなくもらえるプレゼントもあり!(応募締め切り:9月15日24時まで)

【放送予定】
8月27日(月)〜9月10日(月)

■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・錦織との不平等にジョコ不満
・錦織 酷暑「ルールあっても無理」
・錦織 フェレールの引退惜しむ

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年9月8日13時10分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!