- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー、ユニクロと契約

株式会社ユニクロは2日、男子テニスで世界ランク2位のR・フェデラー(スイス)との「グローバルブランドアンバサダー」契約の締結を発表した。フェデラーは、2018年のウィンブルドン選手権を皮切りに、今後の年間主要トーナメントを通じて、グローバルブランドアンバサダーとしてプレーする。

>>フェデラーvsラヨビッチ 1ポイント速報<<

>>錦織vsハリソン 1ポイント速報<<

>>錦織らウィンブルドン対戦表<<

>>大坂らウィンブルドン対戦表<<

株式会社ユニクロ 代表取締役会長兼社長 柳井 正のコメント:
「フェデラー選手は史上最も偉大なチャンピオンの一人であり、私はずっと敬意を抱いてきました。ユニクロと彼との新しいパートナーシップは、テニスコート上にとどまりません。私たちは世界を良い方向に変えていくという目標を共有し、可能な限り多くの人々の暮らしを上質なものにしていきたいと心から願っています。ユニクロは、テニスにおける新たな高みへの挑戦を続けるフェデラー選手をサポートすると同時に、彼と共にテクノロジーやデザインの分野においてもイノベーションを起こしてまいります」

ロジャー・フェデラー選手のコメント:
「私はテニスに深くコミットし、常にチャンピオンシップで勝つことを目指しています。一方で、ユニクロと同様、世界中の人々の暮らしや文化を慈しむ心を常に忘れないようにしています。私たちは、この世界にポジティブなインパクトをもたらしたいという強い情熱を持っており、両者の創造性あふれるたゆまぬ努力が合わさり、実を結ぶことを楽しみにしています」

ユニクロは、フェデラー選手が以前のパートナーと行ってきたさまざまな活動にインスパイアされ、この度のパートナーシップを結んだ。これまでの功績に敬意を表しつつ、新しい価値を共に生み出してまいく。ユニクロは、クラフトマンシップとテクノロジーにより常に進化を続ける、美意識ある日常着 LifeWear を、偉大なチャンピオンと共に新しいステージへと昇華させる。

ウエアのデザインについて
2018年ウィンブルドン選手権における、フェデラー選手のウエアは、当社アーティスティックディレクターのクリストフ・ルメール氏率いる、ユニクロパリ R&D センターによってデザインされた。襟は一般的なクルーネックやポロシャツなどのスタイルではなく、本人が好むスタンドカラーを採用し、オンコート・オフコート共に洗練されたフェデラー選手のスタイルを際立たせている。初めての共同開発商品を発表するにあたって、ユニクロのコーポレートカラーを印象づけるため、シャツとショーツは、深い赤のラインによってアクセントを持たせた。シャツの袖口や前立て部、ショーツの脇などに配置している。

トップアスリートに信頼される、高機能ドライ EX 素材について
ユニクロと東レ株式会社によって共同開発されたドライ EX は、特殊構造により通常のドライ機能素材よりも吸汗速乾性に優れ、発汗による蒸れやベタつきを防ぎ、試合中の快適さをキープできる。テニスの激しい動きに対応できるよう、通気性に優れたメッシュが汗をかきやすい箇所に使われ、体温上昇を妨げて試合中も選手のベストコンディションを保つサポートする。

グローバルブランドアンバサダーについて
ユニクロは、世界をリードする卓越したアスリートたちとパートナーシップを結び、ユニクロブランドと LifeWear コンセプトを広めている。その価値観を表象するグローバルブランドアンバサダーたちは、至高の偉業にチャレンジし続けている。彼らは、人間としての誠実さ、高潔さや逆境にあっても希望を失わない精神、他人を尊重する心、謙虚さなどを併せ持つ人格の持ち主として、世界の人々から尊敬と賞賛を集めている。ユニクロは、グローバルブランドアンバサダーたちのプロフェッショナルな洞察力と、私たちの先進の独自テクノロジーを繋ぐことにより、人類が挑む限界のパフォーマンスをサポートでき、また、人々の日常生活をいっそう快適に、かつ機能的にするような究極の服を共に創造している。さらに、世界各地において地域社会との結びつきを強め、現地への貢献を進めていく。ユニクロのグローバルブランドアンバサダーはロジャー・フェデラー選手に加え、現在、同じくプロテニスの錦織圭選手、プロ車いすテニスの国枝慎吾選手、G・リード(英国)選手、プロゴルフのアダム・スコット選手がいる。

いよいよ、ウィンブルドンテニス開幕!WOWOWにて連日生中継。
第1日は無料放送。外出先でもオンデマンド配信で楽しめる!

【配信予定】
2018年7月2日(月)〜7月15日(日)
 
■詳細・放送スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・フェデラー 錦織は「欠かせない」
・ジョコへ ユニクロ柳井氏感謝
・錦織 フェデラーとナダル語る

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年7月2日21時31分)

その他のニュース

8月17日

羽澤慎治や小林雅哉が敗退 (23時11分)

佐藤南帆ら単8強出揃う (23時10分)

全日本Jr 17日女子結果一覧 (21時08分)

全日本Jr男子 17日結果一覧 (20時42分)

メドヴェデフ 7位以上が確定 (18時02分)

大坂から世界1位奪取王手 (15時16分)

西岡棄権「点滴2リットル」 (11時56分)

ジョコビッチ 7度目4強入り (11時41分)

大坂なおみ「全米OP心配」 (8時52分)

けがから復活 ガスケ4強へ (8時26分)

大坂なおみ途中棄権 4強逃す (6時27分)

【1ポイント速報】大坂vsケニン (6時25分)

西岡良仁、体調不良で棄権 (4時30分)

【中止】西岡vsゴファン (4時29分)

8月16日

東レ 大坂ら出場選手決定 (20時33分)

全日本Jr女子 16日結果一覧 (19時28分)

全日本Jr 16日男子結果一覧 (19時15分)

フェデラー脱帽「完璧だった」 (18時18分)

大坂8強「うまくできた」 (13時39分)

西岡「最高のプレー出来た」 (13時20分)

ジョコビッチ 9度目の8強へ (12時59分)

大坂なおみ 熱戦制し8強進出 (7時29分)

フェデラー 3回戦敗退の波乱 (6時57分)

【1ポイント速報】大坂vsシュウェイ (6時56分)

西岡良仁 マスターズ初8強 (1時36分)

【1ポイント速報】西岡vsデ ミノー (1時27分)

8月15日

インカレ 15日結果一覧 (20時26分)

大坂 次戦シュウェイを警戒 (19時33分)

錦織らシード勢が初戦敗退 (13時02分)

西岡「錦織は日本のヒーロー」 (11時43分)

錦織圭 勝者の西岡良仁を称賛 (11時16分)

錦織破った西岡「緊張した」 (9時50分)

ズべレフ 5年連続の初戦敗退 (9時28分)

チチパス 死闘の末に初戦敗退 (9時17分)

ワウリンカ破りフェデラー戦へ (9時04分)

シャラポワ破り初戦突破 (9時04分)

錦織、体調不良「息苦しい」 (7時18分)

大坂なおみ 苦戦も初戦突破 (7時00分)

【1ポイント速報】大坂vsサスノビッチ (6時59分)

錦織 西岡にストレート負け (1時54分)

【1ポイント速報】錦織vs西岡 (1時53分)

8月14日

全日本Jr台風影響 15日は中止に (21時07分)

全日本Jr 14日女子結果一覧 (20時46分)

全日本Jr 14日男子結果一覧 (19時09分)

クヴィトバ 接戦の末に敗退 (16時39分)

シャポバロフ 逆転で初戦突破 (15時19分)

マレー組 逆転で初戦突破 (15時16分)

世界1位ペアに2連敗 (15時13分)

セリーナ 背中の負傷で棄権 (14時08分)

フェデラー 中断挟むも快勝 (10時46分)

ナダルらに続きティームも棄権 (10時15分)

昨年準Vデルポ 全米OP欠場 (9時12分)

ジョコ初戦突破、連覇へ前進 (8時39分)

ワウリンカ 死闘制し初戦突破 (8時20分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!