- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

内山靖崇 伊藤竜馬破り慶應V

内山靖崇
優勝を飾った内山靖崇
画像提供: tennis365.net
男子テニスツアーの下部大会である慶應チャレンジャー国際テニストーナメント2018(日本/神奈川県、ハード、ATPチャレンジャー)は4日、シングルス決勝が行われ、世界ランク290位の内山靖崇が第7シードの伊藤竜馬を2-6, 6-3, 6-4の逆転で下し、大会初優勝を飾った。

この試合、第1セットを落とした内山は、第2セットも第1ゲームで先にブレークを許す苦しい展開となるも、第4ゲームでブレークバックに成功。果敢にネットプレーを仕掛ける伊藤からパッシングショットなどでポイントを奪い、第8ゲームで再び相手のサービスゲームを破ってセットカウント1−1に。

迎えたファイナルセット、互いに激しいストローク戦となるなか、ミスが増えた伊藤の一瞬の隙をついた内山が第3ゲームでブレーク。その後も安定したプレーでリードを守り切り、2時間の接戦を制した。








今大会、内山は1回戦でH・フルカチ(ポーランド)、2回戦で18歳の羽澤慎治、準々決勝で第4シードの添田豪、準決勝で第1シードのJ・トンプソン(オーストラリア)を破って決勝まで勝ち上がっていた。

一方、惜しくも準優勝に終わった伊藤は、1回戦で上杉海斗、2回戦でJ・クブラー(オーストラリア)、準々決勝で守屋宏紀に勝利。準決勝では対戦予定だったC・イルケル(トルコ)が棄権したため、思わぬ形で決勝に駒を進めていた。






■関連ニュース

・内山靖崇 2017年の「転機」
・内山靖崇「今までで一番」
・伊藤竜馬が入籍 交際「10年」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年3月4日16時35分)

その他のニュース

8月7日

序盤苦戦も マルティッチ8強 (16時00分)

デルポの北米での活躍を特集 (13時43分)

「集中できた」快勝で8強入り (11時41分)

マレーら 全米OP出場が決定 (10時29分)

8月6日

全米はジョコ有利? ATPが掲載 (18時41分)

19歳新鋭8強へ「とても興奮」 (16時46分)

35歳シモン 今は「事情が異なる」 (15時00分)

テニスの王子様が高3大会とコラボ (13時06分)

「良いプレーできた」再開戦8強へ (11時15分)

全米OP 賞金総額は約56億円に (10時24分)

8月5日

大坂なおみ 全米OP出場へ (18時16分)

フェデラー 米雑誌の表紙飾る (17時00分)

全国選抜の中止「苦渋の結論」 (16時04分)

杉田祐一やガスケが予選出場 (15時04分)

城田優が全国高3大会を応援 (13時37分)

ツアー再開の初戦は白星 (12時25分)

錦織 全米OPにエントリー (11時00分)

ナダル 全米OP欠場を発表 (8時44分)

マドリッドOP 中止を発表 (1時06分)

8月4日

フェイクショット集5選を掲載 (18時47分)

大坂 女子スポーツ促進を支援 (17時37分)

【ヨネックス】「ラクラケ、アストレル3モデルで手強いベテランプレーヤーになろう」 (15時43分)

再開初戦は午前2時「厳しい」 (12時59分)

女子ツアーが再開「うれしい」 (11時21分)

マレーら 再開初戦に出場決定 (10時27分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!