- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 ダラスCH決勝進出

男子テニスで下部大会のRBCテニスチャンピオンシップス・ オブ・ダラス(アメリカ/ダラス、室内ハード、ATPチャレンジャー)は2日、シングルス準決勝が行われ、第1シードの錦織圭が世界ランク234位のユング・ジェイソン(台湾)を6-4, 6-4のストレートで下して決勝進出を果たし、復帰後初優勝に王手をかけた。

>>錦織 決勝 1ポイント速報<<

>>錦織らダラスCH対戦表<<

第1セット、第2ゲームで先にブレークされた錦織だが、第3ゲームでブレークバック。その後も互いにブレークし合う中、バックハンドのパッシングショットを決めるなどで第9ゲームで3度目のブレークに成功し、第1セットを先取する。

第2セット序盤は両者サービスキープが続いたが、錦織が第7ゲームで先にブレーク。粘り強くポイントを重ねてリードを守り、ストレート勝ちをおさめた。

2010年11月のノックスビル・チャレンジャー(アメリカ/ノックスビル、室内ハード、ATPチャレンジャー)以来 約7年ぶりのATPチャレンジャー優勝に王手をかけた錦織は決勝で、世界ランク158位のM・マクドナルド(アメリカ)と同167位のD・クドラ(アメリカ)の勝者と対戦する。

今大会は、錦織にとって右手首のけがからの復帰第2戦目。1回戦でD・ノビコフ(アメリカ)にストレート勝ち。2回戦では同162位のM・バッヒンガー(ドイツ)、準々決勝では同295位のD・コプファー(ドイツ)に苦戦しながらも勝利し、ベスト4進出を決めていた。

その他の日本勢では伊藤竜馬も出場していたが、1回戦でマクドナルドにストレートで敗れた。






■関連ニュース

・錦織「着実にレベルアップ」
・「圭を追った」チョンが快挙
・フェデラー 錦織は「欠かせない」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年2月3日7時34分)

オススメ記事
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!