- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ドーピング違反 出場停止処分

トマス・ベルッチ
トマス・ベルッチ
画像提供: ゲッティ イメージズ
国際テニス連盟のITFは4日に公式サイトで、反ドーピング・プログラムのルールに違反した元世界ランク21位のT・ベルッチ(ブラジル)に5カ月の出場停止処分を下すと発表した。

30歳のベルッチに科された処分は、2017年9月1日にさかのぼる。

昨年7月にベルッチはスキースター・スウェディッシュ・オープン(スウェーデン/バスタッド、レッドクレー、ATP250)へエントリーするため、2017年1月18日にドーピング検査を受けた時の尿サンプルを提出した。

そのサンプルはカナダのモントリオールにある世界反ドーピング機構(WADA)の研究所で分析された結果、ヒドロクロロチアジドとクロラミノフェナミドが検出された。ヒドロクロロチアジドは2017年にWADAが出した禁止薬物のリストに記載されている物質で、反ドーピング・プログラムでも使用を禁止されているものだった。

2017年9月18日にベルッチは、反ドーピング・プログラムのルールに違反していると訴えられていた。ベルッチはすぐにその違反を認めたが、公式戦への出場を自粛する自発的な暫定処分を拒否。そのため、ベルッチの事案に対する正式な処分が決定するまでは自由に試合へ出場することが可能だった。

ヒドロクロロチアジドがどのように体内へ入ったのか、意図的な過ちやルールを違反するような過失はないと、ベルッチからの弁明は受け入れられた。

反ドーピング・ルールを違反したケースは、ベルッチが初だった。内容は以下の通り。

(1)ベルッチは反ドーピング・プログラムのルール違反を犯した。
(2)ベルッチは5カ月の出場停止処分を遂行しなければならない。
(3)処分は2017年9月1日から、2018年1月31日までとする。規定により、スキースター・スウェディッシュ・オープンで獲得した賞金とポイントは全て没収。






■関連ニュース

・錦織破り金星ベルッチが喜び
・錦織やマレー 昨年離脱組苦しむ
・錦織 1・2月の出場予定大会

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年1月5日11時27分)

その他のニュース

10月23日

【告知】錦織vsティアフォー (7時39分)

10月22日

大坂 初戦黒星、終盤失速 (23時07分)

【1ポイント速報】大坂vsスティーブンス (20時32分)

錦織11位 日本勢世界ランク (17時34分)

カチャノフ快勝、地元で初V (12時42分)

ダニエル太郎 接戦制し本戦へ (12時01分)

錦織11位 22日付世界ランク (10時48分)

初V エドモンド「幸せ」 (10時02分)

20歳チチパス 悲願の初V (8時29分)

10月21日

斎藤恵佑 スーパーJr優勝 (23時18分)

錦織 最終戦かけウィーン出場 (18時59分)

死闘制したカサキナ2勝目 (17時21分)

錦織と最終戦争うイズナー敗退 (16時17分)

同い年の同胞対決制し決勝へ (15時50分)

チチパス「価値ある勝利」 (15時12分)

「ラッキー」モンフィス決勝へ (14時10分)

大坂らファイナルズ初戦日程 (13時20分)

上杉海斗 Jrクリニック開催 (13時09分)

土居/日比野組、快勝で複V (11時01分)

イズナー撃破「気分良い」 (10時35分)

10月20日

斎藤恵佑 第1シード破り決勝へ (23時44分)

錦織らウィーン組み合わせ発表 (20時15分)

大坂ら最終戦 賞金などの概要 (19時44分)

MPしのいだガスケ 辛勝で4強 (15時07分)

最終セットはタイブレークへ (13時11分)

最終戦争うイズナー4強へ (12時11分)

大坂、日本人初MVPならず (11時21分)

斎藤恵佑 スーパーJr4強へ (0時35分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!