- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

元1位ヒューイット 全豪複出場

レイトン・ヒューイット、サム・グロス
(手前から)グロスとヒューイット
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスの国別対抗戦デビスカップは14日に公式ツイッターで、シングルス元世界ランク1位のL・ヒューイット(オーストラリア)が世界ランク248位のS・グロス(オーストラリア)とペアを組んで全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)に出場することを明かした。

ヒューイットは1998年にプロ転向後、ツアー30大会でタイトルを獲得し、2001年11月に当時20歳の若さで世界ランク1位へ上り詰めた。四大大会は2度の優勝を飾った。

ダブルスでも2000年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)などキャリア通算3勝をあげ、同年に世界ランク18位を記録した。

2016年の全豪オープンを最後に現役を退き、引退後は故郷オーストラリアの国別対抗戦デビスカップ監督に就任。同年3月のワールド グループ1回戦 オーストラリア対アメリカ(オーストラリア/ クーヨン、芝)では、N・キリオス(オーストラリア)に代わって選手兼監督としてメンバー入りし、ダブルスに出場していた。

一方、ヒューイットとペアを組む30歳のグロスは、2015年にシングルスの世界ランキングで自己最高の53位を記録。今シーズンは下部大会をメインに転戦しており、チャレンジャー3大会で4強入りを果たした。

全豪オープンの予選は2018年1月10日、本戦は15日に開幕する。






■関連ニュース■ 

・全豪OP 男子エントリー一覧
・ヒューイット 最後は観客総立ち
・元1位 Vフェデラーを祝福
(2017年12月15日21時21分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!