- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

大波乱 ジョコ2回戦敗退が1位

男子プロテニス協会のATPは12日、公式サイトで2017年のグランドスラム番狂わせトップ5を発表した。

【第2位:全豪オープン4回戦 M・ズベレフ vs マレー】

7年間、A・マレー(イギリス)は全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で準々決勝以上の成績をおさめていた。そのうち5度は決勝進出、2012年は4強入り、2014年はベスト8進出。2016年の後半は絶好調だったマレーは、今年の全豪オープンでも優勝候補の1人だった。

全豪オープンと相性の良いマレーを7-5, 5-7, 6-2, 6-4で下したのがM・ズベレフ(ドイツ)だった。

サウスボーからのサーブ・アンド・ボレーを武器にマレーを翻弄したズベレフは、これまでグランドスラムの2週目に残ったことがなかった。

四大大会初の4回戦進出だったズベレフは、試合を通して118回ネットへ出るなど自身のプレースタイルを貫き、マレーに反撃を許さなかった。

ズベレフは2015年3月に世界ランク1,067位に後退。それから2年も経たずして、全豪オープン準々決勝の舞台に立った。


【第1位:全豪オープン2回戦 イストミン vs ジョコビッチ】

近年、ジョコビッチはキング・オブ・メルボルンと言われる活躍を見せ、直近の6年間で5度の優勝を飾った。2014年は準々決勝でS・ワウリンカ(スイス)に屈した。

そんなジョコビッチから7-6 (10-8), 5-7, 2-6, 7-6 (7-5), 6-4のフルセットで金星をあげたのは、当時世界ランク117位のD・イストミン(ウズベキスタン)だった。

ジョコビッチは全豪オープンの連勝が15でストップすると同時に、7年間でトップ100圏外の選手から2度目の敗戦となった。それ以外は、当時世界ランク145位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)に敗れた2016年のリオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)1回戦。

また、ジョコビッチにとって2008年のウィンブルドン2回戦でM・サフィン(ロシア)に敗れて以来の早期敗退となった。






■関連ニュース■

・ジョコへ ユニクロ柳井氏感謝
・大金星で「ジョコごめん」
・ジョコビッチ あわや失格処分
(2017年12月13日17時20分)

その他のニュース

11月29日

YouTube 全日本V中川直樹と対談 (21時02分)

ナダルとマレーの死闘を特集 (16時17分)

ペールが17歳新星に黒星 (15時55分)

ティーム 幼少期のプレー公開 (14時02分)

大坂登場 ナイキが新動画発表 (12時15分)

内田海智 逆転でCH初戦突破 (10時41分)

ジョコ 娘の名前の由来明かす (8時38分)

11月28日

複1位ペアが取組む支援を特集 (15時52分)

大坂戦 今季ベストマッチ候補に (14時43分)

プリスコバ 新コーチにバイン氏 (13時29分)

キリオス 食糧支援は「恩返し」 (11時59分)

ITF Jr新大会 WC争いが終了 (10時21分)

日本リーグの中止が決定 (9時01分)

11月27日

ティーム 東京五輪出場を明言 (16時38分)

YONEX 第7回Jrキャンプ開催 (14時54分)

ペンギン型振動止め 終了間近 (13時58分)

YouTube 尾崎里紗にインタビュー (11時58分)

ITF Jr新大会、WCかけ熱戦 (11時42分)

西岡良仁のイベントが開催 (10時44分)

マラドーナ氏との思い出綴る (9時18分)

ハチャノフ、コロナ陽性を報告 (7時33分)

11月26日

ビッグ3の年間最終ランクに注目 (16時00分)

マレーら 各分野最高の選手選出 (12時32分)

手術後のリハビリ動画を公開 (11時26分)

マドリッドOP 開催期間2週間に (10時13分)

マラドーナ氏急逝、選手ら追悼 (8時03分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!