- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

大波乱 ジョコ2回戦敗退が1位

男子プロテニス協会のATPは12日、公式サイトで2017年のグランドスラム番狂わせトップ5を発表した。

【第2位:全豪オープン4回戦 M・ズベレフ vs マレー】

7年間、A・マレー(イギリス)は全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で準々決勝以上の成績をおさめていた。そのうち5度は決勝進出、2012年は4強入り、2014年はベスト8進出。2016年の後半は絶好調だったマレーは、今年の全豪オープンでも優勝候補の1人だった。

全豪オープンと相性の良いマレーを7-5, 5-7, 6-2, 6-4で下したのがM・ズベレフ(ドイツ)だった。

サウスボーからのサーブ・アンド・ボレーを武器にマレーを翻弄したズベレフは、これまでグランドスラムの2週目に残ったことがなかった。

四大大会初の4回戦進出だったズベレフは、試合を通して118回ネットへ出るなど自身のプレースタイルを貫き、マレーに反撃を許さなかった。

ズベレフは2015年3月に世界ランク1,067位に後退。それから2年も経たずして、全豪オープン準々決勝の舞台に立った。


【第1位:全豪オープン2回戦 イストミン vs ジョコビッチ】

近年、ジョコビッチはキング・オブ・メルボルンと言われる活躍を見せ、直近の6年間で5度の優勝を飾った。2014年は準々決勝でS・ワウリンカ(スイス)に屈した。

そんなジョコビッチから7-6 (10-8), 5-7, 2-6, 7-6 (7-5), 6-4のフルセットで金星をあげたのは、当時世界ランク117位のD・イストミン(ウズベキスタン)だった。

ジョコビッチは全豪オープンの連勝が15でストップすると同時に、7年間でトップ100圏外の選手から2度目の敗戦となった。それ以外は、当時世界ランク145位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)に敗れた2016年のリオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)1回戦。

また、ジョコビッチにとって2008年のウィンブルドン2回戦でM・サフィン(ロシア)に敗れて以来の早期敗退となった。






■関連ニュース■

・ジョコへ ユニクロ柳井氏感謝
・大金星で「ジョコごめん」
・ジョコビッチ あわや失格処分
(2017年12月13日17時20分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!