- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレーの初戦敗退が5位に

アンディ・マレー
(左から)マレーとポスピシル
画像提供: ゲッティイメージズ
男子プロテニス協会のATPは11日、公式サイトで2017年シーズンの番狂わせ トップ5を発表。BNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000) 2回戦のA・マレー(英国)V・ポスピシル(カナダ)が5位にランクインした。

【5位:BNPパリバ・オープン2回戦 ヴァセク・ポスピシルvsアンディ・マレー】

当時世界ランク129位のポスピシルだったが、2014年1月には自己最高の25位を記録し、翌年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)ではベスト8入りを果たすなど、実力の高さはすでに証明済みだった。

いくつかのけがによりランキングを下げてしまいながらも復活を目指し、元男子ダブルス世界1位のM・ウッドフォード(オーストラリア)をコーチに招いてツアー復帰。3月のBNPパリバ・オープンの2回戦で当時世界ランク1位のマレーを6-4, 7-6 (7-5)のストレートで下す金星を飾った。

一方のマレーは、この大会では未だ優勝がなく、これまでも2006・2011・2012年と初戦の2回戦で敗退。BNPパリバ・オープンと相性が悪く、これで4度目の初戦敗退となってしまった。

【4位:ドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権1回戦 ダミール・ズムルvsスタン・ワウリンカ】

1月に行われた全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)準決勝でR・フェデラー(スイス)と接戦を演じるも惜しくも決勝進出を逃していたS・ワウリンカ(スイス)は、好調のまま2月のドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)に前年度チャンピオンとして臨んでいた。

ワウリンカを7-6 (7-4), 6-3のストレートで下したこの試合がD・ズムル(ボスニア)にとってキャリア最高の勝利となったが、この勝利はその後の活躍を示すものとなった。175センチと小柄なズムルは、9月に行われたサンクトペテルブルク・オープン(ロシア/サンクトペテルブルク、インドアハード、ATP250)でツアー初優勝を飾ると同時に、ボスニアヘルツェゴビナ出身選手として初めてATPツアー・タイトルを獲得。

そして10月にはVBTクレムリン・カップ(ロシア/モスクワ、室内ハード、ATP250)で2度目の優勝を飾ると、シーズン開始時は82位だったランキングを自己最高位の30位まであげてシーズンを終えた。

【3位:Nitto ATPファイナルズ準決勝 デヴィド・ゴファンvsロジャー・フェデラー】

26歳のD・ゴファン(ベルギー)は、Nitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)のわずか3週間前に出場したスイス・インドア(スイス/バーゼル、インドアハード、ATP500)の準決勝で、フェデラーに1-6, 2-6の完敗を喫するなど、過去6度の対戦で1度も勝利を飾れずにいた。

初出場となったNitto ATPファイナルズでのゴファンは、アップダウンの激しいプレーだった。予選ラウンドロビンでは、世界ランク1位で第1シードのR・ナダル(スペイン)を下す金星をあげたかと思うと、次のG・ディミトロフ(ブルガリア)戦で敗退。しかし、準決勝進出をかけたD・ティーム(オーストリア)との試合をストレートでものにして4強入りを果たした。

一方、第2シードで36歳のフェデラーは今大会でも好調だった。予選ラウンドロビンを全勝で突破し、自身が持つ史上最多優勝回数の6度を塗り替える7度目の優勝が見えていた。

この試合、ゴファンは第1セットをあっさり失い、フェデラー戦7連敗かと思われた。しかし徐々にリラックスし、自信を取り戻したゴファンは第2セットを取り返して、ファイナルセットへ。

今季ここまでゴファンは、フルセットの試合で21勝5敗と大きく勝ち越しており、その数字通り最初のマッチポイントを決めると、フェデラーから初勝利をもぎ取った。

この大会で上位2シード選手から勝利を飾ったゴファンは、2009年に優勝したN・ダビデンコ(ロシア)以来となり、同一大会でナダルとフェデラーを下した6人目の選手となった。






■関連ニュース■ 

・錦織をマレーが絶賛「上手い」
・錦織破ったマレーのコメント
・錦織 マレーは「僕の中で1番」
(2017年12月12日16時25分)

その他のニュース

7月16日

日比野菜緒 ホノルルでV (19時35分)

錦織20位 日本勢世界ランク (17時02分)

ジョコ TOP10返り咲き (15時32分)

Vジョコ「長い道のりだった」 (14時03分)

錦織 世界ランク20位へ浮上 (12時01分)

ルール改定の話し合い求む (11時08分)

ペヤ/メリチャー組が初優勝 (10時28分)

上地 ウィンブルドン複5連覇 (9時52分)

ジョコ 3年ぶりに芝食べる (7時22分)

ジョコ 苦しい時期乗り越えV (2時10分)

ジョコ 3年ぶり4度目V (0時30分)

【1ポイント速報】ジョコvsアンダーソン (0時29分)

7月15日

ナダル ジョコ称賛「史上最高」 (16時49分)

産後10カ月で準Vに手応え (16時02分)

添田豪 CH決勝進出ならず (15時46分)

ペア2大会目でグランドスラムV (13時59分)

錦織「充電」後はワシントンへ (11時04分)

涙ケルバー、セリーナを称賛 (10時27分)

ジョコ ナダルは「ファイター」 (7時27分)

田島組「悔しい」 決勝ならず (4時36分)

ケルバー、セリーナ破り初V (1時21分)

【1ポイント速報】セリーナvsケルバー (1時19分)

7月14日

ジョコ 死闘制し決勝進出 (23時34分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (23時28分)

97年ぶり快挙「意味がある」 (17時00分)

ワウリンカ WCで出場へ (16時41分)

上地 シングルス決勝進出ならず (13時59分)

6時間半制すも長時間に苦言 (11時02分)

史上2番目 6時間36分の死闘 (10時16分)

歴代最多タイ王手のセリーナ (10時01分)

ジョコ ナダルにリードで順延 (7時28分)

田島組4強「緊張しました」 (6時48分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (6時47分)

97年ぶり快挙 死闘制し決勝へ (3時51分)

7月13日

フェデラーのユニクロ予約販売 (20時31分)

錦織「リベンジしたい」と綴る (17時00分)

「悔しい」と内藤/ 佐藤組 (15時00分)

劇的勝利 3時間激闘制し決勝へ (14時00分)

HEAD 新SPEED世界先行発売 (12時49分)

錦織8強当たり前と満足せず (11時00分)

王者 国枝まさかの初戦敗退 (10時00分)

ナダル、フェデラー気遣う (6時19分)

田島尚輝、複第1シード破る (2時35分)

セリーナ 決勝進出でV王手 (0時09分)

【1ポイント速報】女子準決勝 (0時07分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!