- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

1位はフェデラーvsキリオス

フェデラー、キリオス
(左から)キリオスとフェデラー
画像提供: ゲッティイメージズ
男子プロテニス協会のATPは5日に公式サイトで2017年のベストマッチ トップ5を発表し、第1位はR・フェデラー(スイス)N・キリオス(オーストラリア)のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)準決勝となった。

【2位:ドミニク・ティーム vs グリゴール・ディミトロフ】

第2位は、5月に行われたムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)3回戦で、D・ティーム(オーストリア)G・ディミトロフ(ブルガリア)を4-6, 6-4, 7-6 (9-7)の逆転で下した試合。

クレーコートを得意としているティームは、ディミトロフに握られた3本のマッチポイントを全てしのぐと、2時間34分で勝利をものにした。

この試合でティームは第1セットをディミトロフに奪われ、第2セットはゲームカウント1−3、ファイナルセットもゲームカウント2−4といずれも劣勢からの逆転勝利だった。

ファイナルセットのタイブレークでは3-6から3ポイント、そして6-7、8-9と5度のマッチポイントをしのぐと、自身が掴んだ2度目のマッチポイントをものにした。

この勝利でティームは、1月のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)のリベンジを果たし、ムチュア・マドリッド・オープンで自身初となるマスターズの決勝進出を果たした。決勝戦ではR・ナダル(スペイン)に敗れた。


【1位:ロジャー・フェデラー vs ニック・キリオス】

3月のマイアミ・オープン準決勝でフェデラーがキリオスを7-6 (9-7), 6-7 (7-9), 7-6 (7-5)のフルセットで破った。

この試合、フェデラーはキリオスに握られたセットポイントをしのぎ、キリオスはフェデラーに握られたマッチポイントをしのぐ激しい展開となった。

両者は、この大会直前のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)準々決勝でも対戦するはずだった。しかし、キリオスは体調不良から試合開始前に棄権していた。

2人の激闘は第1セットからタイブレークへ突入すると、いずれもセットポイントを手にしながら、なかなかものにできなかった。その接戦を制したフェデラーが第1セットを先取したが、第2セットも21歳のキリオスの勢いが衰えることはなかった。

第2セットのタイブレークでフェデラーは6-5、8-7と2度のマッチポイントを握るが、いずれも自身のミスで取りきれなかった。

キリオスは10-9で握ったセットポイントで見事なサービスエースを叩き込み、セットカウント1−1に追いつく。

その後、ファイナルセットだけで1時間を要する接戦となり、これまでの両者の対戦の流れを引き継いでいるようだった。

以前にフェデラーがキリオスと対戦したのは2015年のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)2回戦。試合は6-7 (2-7), 7-6 (7-5), 7-6 (12-10)と接戦の末にキリオスが勝利した。

しかし、今回はその時のリベンジを果たすべく、フェデラーがファイナルセットのタイブレークを制して決勝進出を決めた。フェデラーは決勝戦でナダルをストレートで下し、優勝を飾った。






■関連ニュース■

・錦織vsモンフィスが3位に
・フェデラーの目の前で破壊
・ディミトロフ「本当に光栄」
(2017年12月5日20時58分)

その他のニュース

10月23日

【告知】錦織vsティアフォー (7時39分)

10月22日

大坂 初戦黒星、終盤失速 (23時07分)

【1ポイント速報】大坂vsスティーブンス (20時32分)

錦織11位 日本勢世界ランク (17時34分)

カチャノフ快勝、地元で初V (12時42分)

ダニエル太郎 接戦制し本戦へ (12時01分)

錦織11位 22日付世界ランク (10時48分)

初V エドモンド「幸せ」 (10時02分)

20歳チチパス 悲願の初V (8時29分)

10月21日

斎藤恵佑 スーパーJr優勝 (23時18分)

錦織 最終戦かけウィーン出場 (18時59分)

死闘制したカサキナ2勝目 (17時21分)

錦織と最終戦争うイズナー敗退 (16時17分)

同い年の同胞対決制し決勝へ (15時50分)

チチパス「価値ある勝利」 (15時12分)

「ラッキー」モンフィス決勝へ (14時10分)

大坂らファイナルズ初戦日程 (13時20分)

上杉海斗 Jrクリニック開催 (13時09分)

土居/日比野組、快勝で複V (11時01分)

イズナー撃破「気分良い」 (10時35分)

10月20日

斎藤恵佑 第1シード破り決勝へ (23時44分)

錦織らウィーン組み合わせ発表 (20時15分)

大坂ら最終戦 賞金などの概要 (19時44分)

MPしのいだガスケ 辛勝で4強 (15時07分)

最終セットはタイブレークへ (13時11分)

最終戦争うイズナー4強へ (12時11分)

大坂、日本人初MVPならず (11時21分)

斎藤恵佑 スーパーJr4強へ (0時35分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!