- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

1位はフェデラーvsキリオス

フェデラー、キリオス
(左から)キリオスとフェデラー
画像提供: ゲッティイメージズ
男子プロテニス協会のATPは5日に公式サイトで2017年のベストマッチ トップ5を発表し、第1位はR・フェデラー(スイス)N・キリオス(オーストラリア)のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)準決勝となった。

【2位:ドミニク・ティーム vs グリゴール・ディミトロフ】

第2位は、5月に行われたムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)3回戦で、D・ティーム(オーストリア)G・ディミトロフ(ブルガリア)を4-6, 6-4, 7-6 (9-7)の逆転で下した試合。

クレーコートを得意としているティームは、ディミトロフに握られた3本のマッチポイントを全てしのぐと、2時間34分で勝利をものにした。

この試合でティームは第1セットをディミトロフに奪われ、第2セットはゲームカウント1−3、ファイナルセットもゲームカウント2−4といずれも劣勢からの逆転勝利だった。

ファイナルセットのタイブレークでは3-6から3ポイント、そして6-7、8-9と5度のマッチポイントをしのぐと、自身が掴んだ2度目のマッチポイントをものにした。

この勝利でティームは、1月のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)のリベンジを果たし、ムチュア・マドリッド・オープンで自身初となるマスターズの決勝進出を果たした。決勝戦ではR・ナダル(スペイン)に敗れた。


【1位:ロジャー・フェデラー vs ニック・キリオス】

3月のマイアミ・オープン準決勝でフェデラーがキリオスを7-6 (9-7), 6-7 (7-9), 7-6 (7-5)のフルセットで破った。

この試合、フェデラーはキリオスに握られたセットポイントをしのぎ、キリオスはフェデラーに握られたマッチポイントをしのぐ激しい展開となった。

両者は、この大会直前のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)準々決勝でも対戦するはずだった。しかし、キリオスは体調不良から試合開始前に棄権していた。

2人の激闘は第1セットからタイブレークへ突入すると、いずれもセットポイントを手にしながら、なかなかものにできなかった。その接戦を制したフェデラーが第1セットを先取したが、第2セットも21歳のキリオスの勢いが衰えることはなかった。

第2セットのタイブレークでフェデラーは6-5、8-7と2度のマッチポイントを握るが、いずれも自身のミスで取りきれなかった。

キリオスは10-9で握ったセットポイントで見事なサービスエースを叩き込み、セットカウント1−1に追いつく。

その後、ファイナルセットだけで1時間を要する接戦となり、これまでの両者の対戦の流れを引き継いでいるようだった。

以前にフェデラーがキリオスと対戦したのは2015年のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)2回戦。試合は6-7 (2-7), 7-6 (7-5), 7-6 (12-10)と接戦の末にキリオスが勝利した。

しかし、今回はその時のリベンジを果たすべく、フェデラーがファイナルセットのタイブレークを制して決勝進出を決めた。フェデラーは決勝戦でナダルをストレートで下し、優勝を飾った。






■関連ニュース■

・錦織vsモンフィスが3位に
・フェデラーの目の前で破壊
・ディミトロフ「本当に光栄」
(2017年12月5日20時58分)

その他のニュース

12月18日

猿とテニス 会場大盛り上がり (21時09分)

セリーナ 全豪中は米イベント? (19時40分)

3度の手術乗り越え復帰宣言 (18時33分)

ATP 杉田ら初Vを特集 (16時58分)

セリーナ 愛娘の歯ぐずり相談 (11時34分)

錦織ら18日付 日本勢世界ランク (10時45分)

元複1位 膝の故障で全豪欠場 (8時58分)

12月17日

高橋悠介に独占インタビュー (22時19分)

マクラクラン勉 国籍変更の理由 (19時15分)

全豪OPワイルドカード獲得 (17時28分)

錦織 新ストリングをテスト (11時27分)

ムグルサ 来季前半の予定発表 (10時32分)

徳田廉大 2週連続Vならず (8時58分)

フェデラー 老舗と契約更新 (7時45分)

12月16日

1位ハレプ 史上4人目の受賞 (23時40分)

フェデラー 最多「ググり名」 (20時40分)

全豪WCかけて複ペアで決勝 (19時40分)

フェデラー 10年ぶり4度目受賞 (16時58分)

ペール 来季はインドで始動 (15時20分)

世界91位 ジョコと練習に満足 (13時25分)

錦織 15歳のジュニア1位を祝福 (11時23分)

デ杯と五輪見据え国籍を変更 (10時29分)

ティームら3選手が出場表明 (9時07分)

プリスコバ「誇りに思う」 (7時10分)

12月15日

元1位ヒューイット 全豪複出場 (21時21分)

ディミトロフが5年ぶりに出場 (20時10分)

キリオスら使用の新デザイン (19時13分)

錦織に大逆転勝利が2位に (16時50分)

<訂正>Jr世界チャンピオンに選出 (14時20分)

ジョコ 大逆転5位、MP5本しのぐ (12時15分)

全米女王 大学卒業で学位取得 (10時37分)

1月 WTAツアーと全豪の日程 (8時21分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!