- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

杉田祐一に独占インタビュー

杉田祐一
インタビューに応じた杉田祐一
画像提供: tennis365.net
男子テニスで世界ランク40位の杉田祐一は3日にtennis365.netの独占インタビューに応じ、大活躍した2017年を振り返った。

2006年にプロへ転向した杉田は、今シーズンに才能を開花させ躍進した。

「飛躍の年になったことは間違いないです。トップの選手たちと何度も対戦しましたし、プロになってからの12年間を凝縮させたシーズンだったと思います」


【飛躍のきっかけはリオ五輪】

4月のバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)で杉田は元世界ランク5位のT・ロブレド(スペイン)、同7位のR・ガスケ(フランス)、現在世界ランク10位のP・カレノ=ブスタ(スペイン)ら実力者を次々と破る快進撃で8強へ進出。



その後、芝のシーズンに入ると下部大会のAEGON・サービトン・トロフィー(イギリス/サービトン、芝、 ATPチャレンジャー)で優勝、ゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)ではけがから完全復活したR・フェデラー(スイス)と対戦。

そして、アンタルヤ・オープン(トルコ/アンタルヤ、芝、ATP250)で日本男子史上3人目となるツアー優勝の快挙、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)では四大大会初勝利をあげた。



この活躍のきっかけは、昨年のリオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)と杉田は話した。オリンピック初勝利をあげた杉田は、翌週のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)でA・ズベレフ(ドイツ)らを下してベスト16へ進出した。

「1つのきっかけは、昨年のオリンピックだったと思います。(2016年の)あの時期からトップの選手に勝ち始めた。それがきっかけになって、今年のバルセロナのクレーシーズンで爆発していきました」


【松岡 修造の記録超えが目標だった】

現在29歳の杉田は、2017年10月9日付の世界ランキングで松岡修造を抜き、自己最高の36位へ浮上。これは錦織圭に次ぐ日本男子史上2人目の30位台となった。

杉田は「(世界ランキング)トップ50を超えて、松岡修造さんの記録を超えるというのを目標に掲げていた1年でした。それが達成できたのは本当に嬉しく思います」と笑顔で答えた。



期待を受ける反面、プレッシャーを感じていた杉田だったが、デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)日本vsブラジル(日本/大阪、靱テニスセンター)で錦織が不在の中でシングルス2勝をあげ、エースとしての大役を果たした。楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード、ATP500)では8強へ駒を進めた。

この活躍で「周囲からの反応は変わったか?」の問いに、杉田は「注目度は以前より上がったと感じました。けがを負う選手が多い中、日本のテニスを盛り上げたいという思いもあったので、僕に期待がかかっていたのはあったと思います」と振り返った。

今後は12月30日からのエキシビション国別対抗戦 ホップマンカップ(オーストラリア/パース、ハード)、ASBクラシック(ニュージーランド/オークランド、ハード、ATP250)、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)へ出場予定。

アシックス




■関連ニュース■

・錦織 杉田を評価「30・20位」
・杉田祐一 術後の経過を報告
・杉田 驚愕プレーに脱帽で苦笑い
(2017年12月4日11時55分)

その他のニュース

11月30日

YouTube 全日本V中川直樹と対談 (20時04分)

プレーの「理想」と「現実」 (18時07分)

最終戦での名ラリーを特集 (16時33分)

錦織ら30日付の日本勢ランク (15時00分)

内田海智 CH本戦入りならず (11時27分)

錦織 世界ランク41位、11/30付 (10時50分)

11月29日

ナダルとマレーの死闘を特集 (16時17分)

ペールが17歳新星に黒星 (15時55分)

ティーム 幼少期のプレー公開 (14時02分)

大坂登場 ナイキが新動画発表 (12時15分)

内田海智 逆転でCH初戦突破 (10時41分)

ジョコ 娘の名前の由来明かす (8時38分)

11月28日

複1位ペアが取組む支援を特集 (15時52分)

大坂戦 今季ベストマッチ候補に (14時43分)

プリスコバ 新コーチにバイン氏 (13時29分)

キリオス 食糧支援は「恩返し」 (11時59分)

ITF Jr新大会 WC争いが終了 (10時21分)

日本リーグの中止が決定 (9時01分)

11月27日

ティーム 東京五輪出場を明言 (16時38分)

YONEX 第7回Jrキャンプ開催 (14時54分)

ペンギン型振動止め 終了間近 (13時58分)

YouTube 尾崎里紗にインタビュー (11時58分)

ITF Jr新大会、WCかけ熱戦 (11時42分)

西岡良仁のイベントが開催 (10時44分)

マラドーナ氏との思い出綴る (9時18分)

ハチャノフ、コロナ陽性を報告 (7時33分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!